1. Home
  2. WalkMe Desktop (デスクトップ)
  3. WalkMeデスクトップの概要
  4. デスクトップ・ワークステーション・ウィジェットについて

デスクトップ・ワークステーション・ウィジェットについて

更新日 5月 19, 2020 Download PDFDownload as PDF
image_pdf

概要

デスクトップ・ワークステーション・ウィジェットはマルチアクセスツールであり、ユーザーはすべてのデスクトップ・プラットフォームを通してWalkMe機能を再生および統合できます。 WalkMeウェブのプレーヤーメニューと呼ばれるこのツールを使用すると、WalkMeデスクトップ・コンテンツを複数のシステムの同じメニューで表示できます。

デスクトップ・ワークステーション・ウィジェットでは、ガイダンスをいつでも利用できます。 これにより、従業員は検索​​を使用したり、特に必要なものを含むセグメント化されたメニュー内を移動することで、必要なプロセスを開始できます。

ユースケース

デスクトップ・ワークステーション・ウィジェットの使用例:

  • 従業員のための重要なプロセスを含む出発点としてのメニューの使用。
  • 従業員が必要なガイダンスを検索できるようにするための検索バーの使用。
  • ユーザーに通知を表示できる、カスタマイズされた通知センターの作成。
  • 専用のコンテンツをさまざまなユーザーに表示するセグメンテーションの使用。

デスクトップ・ワークステーション・ウィジェットの使用

ユーザーはウィジェットを使用して、WalkMeコンテンツにアクセスします。 [プレーヤーのカスタマイズ]タブを使用して、ウィジェットのデフォルトの見た目、スタイル、および動作を変更します。 [メニューオーガナイザー]タブを使用して、コンテンツアイテムやタスクのタブとフォルダを設定します。

重要 :

TeachMeと検索エンジンの統合は、現在デスクトップウィジェットではサポートされていません。

WalkMeコンテンツの管理

WalkMe Editorの[メニューオーガナイザー]でアイテムを整理できます。

  1. 管理バーの公開アイコンをクリックします
  2. [メニューオーガナイザー]タブで、アイテムを左の列から右の列にドラッグします。
  3. 左の列で、アイテムを表示したい順にドラッグアンドドロップします。

Onboardingタスクの作成

WalkMe Editorのメニューオーガナイザーから、Onboardingタスクを整理することもできます。

  1. 右の列の上にある[タスク]ボタンをクリックして、タスクリストにアクセスします。
  2. 次に、左の列で、アイテムを表示したい順序にドラッグアンドドロップします。
注:

セグメンテーションルールにより、公開されたアイテムは、すべてのページのWalkMeプレーヤーメニューに表示されない場合があります。 セグメントがfalseの場合、アイテムはデスクトップウィジェットに表示されませんが、他のアイテムの順序はすべて同じままです。

タブ名を編集する

名前を編集してタブ名として表示することにより、メニューをさらにカスタマイズできます。タブ名はデフォルトでメニューを開いたときに表示されます(デフォルトでは、ヘルプまたはタスクに設定されています)。 各名前の横にある鉛筆アイコンをクリックして編集します。 どちらのタブにも常にアクセスできます。

ウィジェットをカスタマイズする

デスクトップウィジェット(およびデフォルトの通知センター)の外観を変更するには、[カスタマイズ]タブに移動します。

利用可能なカスタマイズ機能の1つは、ウィジェットのテーマをBright / Darkから設定することです:

Darkテーマの例:

Brightテーマの例:

デスクトップウィジェットを閉じて移動する

最小化した状態でウィジェット内を移動できます。

ウィジェットを右クリックして閉じるを選択することでのみ、デスクトップウィジェットのショートカットを閉じることができます。

新しいタブを追加する

異なるシステムのコンテンツを分けるために、別のタブを使用することをお勧めします。 これはカスタムソリューションであり、CSMからタブ作成のためにアクセスを要求することによってのみタブを追加できます。

 

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

関連記事

< 戻る