Support
Welcome to WalkMe support

Please login in order to continue:

Work flows better with WalkMe
Work flows better with WalkMe.

優先順位付け戦略

Last Updated 6月 14, 2024

概要

優先順位付けをプロジェクト内で行う場合も(どのワークフローを最初に構築するか)、プロジェクト間で行う場合も(多くのリクエストがある中、どのプロジェクトに最初に対処するか)、優先順位付け戦略は必要不可欠です。

完全なインテークフォームやインテークプロセスを作成する準備が整っていない段階でも、優先順位付けのための質問のリストを標準化することは、DAP戦略の運用に取りかかるための適切な第一歩です。

これがプログラムに与える影響

以下は、ステークホルダー管理戦略を運用化する選択または選択しないことの潜在的な成果です。

運用化のメリット

  • 最大化されたリソース効率
  • 潜在的な離職リスクを緩和
  • 計画プロセスの加速化により、価値実現までの時間が短縮
  • 一貫した期待水準により、ステークホルダーの満足度が向上
  • 徹底した調査により、ROIが増加

運用化しないことのリスク

  • 効率損失
  • 影響が低いプロジェクトやワークフローに取り組むことにより、ROIが低下
  • 事前の会議時間の増加による、ステークホルダーの労力増加や満足度低下

この記事における定義

ワークフロー

ユーザーが1つまたは複数のソフトウェアアプリケーション内で完了する必要がある、技術に依存したプロセス。

プロジェクト

特定のWalkMeソリューションで対処するワークフローのグループ。

影響、複雑さ、リーチ

優先順位付けをするときは、以下の3つのカテゴリに関する質問をすることを検討してください。

  • 影響:ビジネス目標とKPIに期待される効果は?
  • 複雑さ: ワークフローはどれほど複雑か? 他の組織的制約を考慮すると、実装はどれほど難しいか?
  • リーチ:このことから恩恵を受けるのはどの部門で、その人数はどれくらいか?

ヒント:技能の成熟につれて、複雑度の高いものに取りかかる

  • 手に届く目標から始める - 明白で迅速な成功は、組織でWalkMeを推進するための自信、具体性、需要を生み出します。 成功の定義を明確、測定可能にし、リーダーシップによる合意を確実に得るようにしてください。
  • あなたの技能が成熟し、WalkMeが組織の信任を得られれば、より複雑なプロジェクトに取り掛かれるでしょう。 ただしそのためには、利点が明確で、測定可能であり、投入コストを大幅に上回る必要があります。 プロジェクトが複雑になればなるほど、初期のビルドと長期的なコンテンツのメンテナンスにかける労力の両方でリソースのコストが高くなるということを覚えておいてください。 ほとんどの顧客は、優先順位付け時に、最初の実装にかかる労力のみを考慮します。 複雑度が高いプロジェクトに取り組む前に、長期的な労力について必ず検討してください。

質問リスト

影響

頻度

  • このアプリケーションで重要なワークフローに、ユーザーはどのくらいの頻度で従事する必要があるか?

影響 - 代替案の現実性

  • WalkMeが選択肢にならなかった場合、代替案はあるか(たとえば、ハードコードガイダンスの作成、従来型のトレーニング、従来型なサポートチーム)?

影響 - 代替案の有効性

  • リソースの観点から、代替案の有効性は?

影響 - コンプライアンス

  • ユーザー行動が誤った方法で完了した場合、コンプライアンスへの影響があるか、また下流段階への影響があり得るか?

影響 - 財務

  • 変更しようとしているユーザー行動は、利益の創出やコスト回避にどれほど密接に関連しているか?

複雑さ

ワークフローの細かさ

  • 対処するワークフローでは、ユーザーステップ/クリックが10を超えているか? 役割/レベルが異なる場合、ワークフローの完了方法は異なるか、またロジックの分岐や複数のソリューションが必要になる可能性はあるか?

安定性の見積もり

  • このワークフローは、どのくらいの頻度で変更されるか?(つまり、今後のリリースや差し迫った変更管理の取り組みがワークフローに影響を与えることが見込まれるか?)

緊急性

  • WalkMeフローは、いつまでに実装する必要があるか?

リソースの可用性

  • このプロジェクトでは、他の場所でボトルネックを生じさせ得る人員/リソースの使用が必要か? 必要な場合、どの程度か? (例:なし、若干、普通、大量)

依存関係

  • このプロジェクト/ソリューションは、他のプロジェクトやシステムにどれほど依存しているか? 依存関係がある場合、それらのプロジェクト/システムは、どれほどの困難を抱えているか? (例:システムが同時に変更管理/移行を行っている場合、そのプロジェクトの進捗状況は?)

リーチ

ユーザー数

  • 全従業員のうち何%が、このアプリケーションを使用する、またはこのワークフローを完了する必要があるか?

投資の価値

  • このアプリケーションに技術投資の何%を費やしているか?

ペルソナ

  • このアプリケーションでターゲットとするペルソナを検討すると、 総ライセンスの何%がこのペルソナに該当するか?

再現性

  • このワークフローのソリューション戦略は、他の部門/チームにおいて将来的に運用化、再現可能か?

開始する

  • 上記の質問をコピーする
  • 会社のニーズに適合するようになるまで、リストを見直す(追加、削除、編集)
  • プロジェクトに取り組んでいる場合:組織で他のWalkMeプロジェクトリーダーやビルダーとリストを共有して、標準化を支援する
  • デジタル導入CoEに取り組んでいる場合:運用化を続ける中で、これらの質問がより広範なインテークプロセスにどのように適合するかを検討する

Additional Resources & Peer Connections

WalkMe コミュニティーを訪問して、仲間と一緒にこの知識を実践してください -

  • チャンピオンツールキットからスライドデッキ、リソース、ツールをダウンロードする
  • Strategy & DAPtics(毎月ミーティングを行い、リソースを共有し、デジタル導入戦略について議論するピア主導のグループ)に参加する

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

Be part of something bigger.

Engage with peers, ask questions, share ideas

Ask the Community
×