• Home
  • WalkMe OpenID Connect(OIDC)とOktaの統合

WalkMe OpenID Connect(OIDC)とOktaの統合

Last Updated 4月 14, 2023

概要

WalkMeは、組織がソフトウェア投資の価値を測定、推進、最大化するのに役立つ、強力なクラウドベースのデジタルアダプションプラットフォームです。

OktaIDPインテグレーションを使用すると、エンドユーザーIDの検証、WalkMeコンテンツセグメンテーションの強化、およびユーザー行動監視機能の拡張が容易になります。

WalkMeをOktaに接続することで、組織は次のことができるようになります。

  • アプリケーション全体でユーザーを識別し、大企業におけるデジタルの使用傾向を完全に可視化します
  • DAPコンテンツを従業員の属性別にセグメント化して、ユーザーが自分に関連するDAPガイダンスのみを受け取るようにします

統合要件

組織に対してOkta統合を設定するには、次のものが必要です:

  • あなたは会社のOkta組織アカウントのOkta管理者です
  • あなたの会社は現在、OktaをIDプロバイダとして使用している必要があります。
  • Oktaアプリ統合カタログを介して新しいOktaアプリをインストールできます

サポートされる機能

サービスプロバイダー(SP)が開始した認証フローは、エンドユーザーがWalkMeが有効になっているすべてのウェブサイトと対話しようとしたときに発生します。

セットアップ

Oktaアプリ統合カタログからWalkMeアプリをインストールするには、以下の手順に従います。 WalkMeアプリをインストールしたら、統合セットアッププロセスを完了するために、WalkMe管理センターに関連情報をコピーして貼り付ける必要があります。

フェーズ1 – Oktaアプリ統合カタログを使用してWalkMeアプリケーションをインストールします。

これらの手順は、Okta管理者が実行する必要があります。

  1. 左側のメニューで「アプリケーション」をクリックし、「アプリカタログの閲覧」をクリックします。
  2. アプリ統合カタログの閲覧の下の検索バーにWalkMeと入力します
  3. 推奨される統合のリストからWalkMeを選択します。
    • リストに「WalkMe」が表示されない場合は、「すべての結果を表示」をクリックしてWalkMeを検索します。
  4. 統合の追加をクリックします。
  5. アプリの希望するラベルを入力し(WalkMeのままにしておくことをお勧めします)、該当する地域(US/EU)を選択し、「次へ」をクリックします。
  6. 必要なサインオン方法(OpenID Connect)を選択し、「完了をクリックします

OpenID Connectを選択する例:

完了をクリックすると、OktaのWalkMeアプリページに移動します。 「サインオン」タブ サインオンタブをクリックして、関連するパラメータをコピーして、WalkMeとのIDPインテグレーションを完了します。

サインオンの方法としてOpenID Connectを選択する際にコピーする必要があるフィールドの例:

フェーズ2 – WalkMe管理センターでのIDPインテグレーションの完了

OAUTH 2.0プロトコルについては、次の手順を実行します:

  1. WalkMe管理センターにログインし、左側のメニューからIDPインテグレーションに移動し、「IDプロバイダーの追加」をクリックします。
  2. ベンダーとして該当するプロトコル(OAUTH 2.0)とOktaを選択します。
    1. OAUTH 2.0の場合は、次の情報を入力する必要があります:
      1. 有効なクライアントID(上記の手順で説明)
      2. 有効なシークレットID(上記の手順で説明)
      3. Oktaドメイン – 通常はhttps://your-subdomain.okta.comのパターンに従ってください
  3. 保存して次へをクリックします。
    1. 設定された接続の詳細をテストするために、認可フローが実行されます。
  4. エンドユーザー識別子(EUID)を選択してプロパティをインポートし、IDPインテグレーションを活用してユーザーとセグメンテーションを識別します。
  5. システムの割り当て:ユーザーの識別とセグメンテーションにIDPを使用するWalkMeシステムを選択します。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!
×

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

Mobile account login

< 戻る