1. Home
  2. IDP統合
  3. モバイルウェブの IDP 統合

モバイルウェブの IDP 統合

更新日 7月 29, 2021 Download PDFDownload as PDF
image_pdf

概要

IDP統合は、モバイルウェブプラットフォームにも対応しています。

  • いずれかのシステムで、すでにIDPの統合セットとモバイルウェブプラットフォームが実装されているユーザーの場合、IDPの設定はモバイルウェブプラットフォームに自動的にコピーされました。
    ただし、エディターでユーザー識別子を設定することが必要になります。 ユーザー識別子の設定方法の詳細については、こちらをご覧ください。
  • すでにIDPの統合セットを実装しており、さらにモバイルウェブプラットフォームを追加したいユーザーは、アカウントマネージャーに連絡してSAコンサルタントタスクを開き、モバイルウェブプラットフォームにIDPの設定をコピーする必要があります。
  • セグメンテーションルールは、エディターの関連システムで実行することにより、モバイルウェブとデスクトップウェブのシステムごとに個別に設定する必要があります。
注:

  • デスクトップウェブとモバイルウェブの2つのプラットフォームを持つシステムの場合、同じエンドユーザーの複数の記録が存在する可能性があります。
  • 例:エンドユーザーのデスクトップウェブとモバイルウェブの両方のプラットフォームで、エンドユーザーの「[email protected]」が識別されました。その結果、ユーザーページにはこのエンドユーザーの2つの記録が表示されます。
  • Insightsのユーザーメトリクスは、デスクトップとモバイルウェブの両方のユーザー向けに計算されます。

使用方法

モバイルウェブプラットフォームのIDPの設定:

  1. エディターで、[Back to Systems(システムに戻る)]アイコンをクリックします。
  2. IDPをユーザー識別子として使用したいシステムの下にあるモバイルウェブアイコンをクリックします。
  3. ユーザー識別子のパラメーターを「IDP」に設定します。
    • このオプションは、設定されたアカウントの下で任意のシステムに利用できます。
  4. 設定を保存します。
  5. 関連する環境の新しい設定を公開します。
  6. これで、ユーザー属性>IDPの下でインポートされた属性を使い、セグメントテーションセンターを通じてコンテンツをセグメント化できるようになりました。
  7. IDPによってユーザーが識別され、要求されたすべての属性が収集されていることを検証するために、インサイトのユーザーページですべてのユーザーデータを表示することをお勧めします。
    • ユーザーはセッションが終了した後にテーブルに追加されるため、IDPを設定した後にユーザーが追加されるまで時間がかかる場合があります。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

関連記事

< 戻る