モバイルワークステーションデバッグモード

Last Updated 12月 12, 2023

概要

デバッグモードでは、通常のツールを使用して解決できない問題を報告できます。 モードで、ユーザーは録画ログを開始して、ワークステーションアプリ内で発生した問題を実証できます。 録画ログはWalkMe開発チームによって受信され、ライブ情報でユーザーの問題をトラブルシューティングできます。

ご利用方法

モードは、ログインページまたは設定タブからオンにできます。

ログインページからアクセス

  1. 背景の 人物アイコンを7回タップ
  2. ユーザーがEUにいる場合、「EU地域を使用」 チェックボックスをオンにします
  3. 録画の開始をクリックする
  4. 録画を停止するには、赤い 録画ボタンをクリックする

設定タブからアクセス

  1. 設定と環境設定を7回タップ
  2. 問題の報告をクリック
  3. 録画の開始をクリックする
  4. 録画を停止するには、赤い 録画ボタンをクリックする

デバッグモードがアクティブになると、ログは15分後、または録画停止ボタンをクリックしてモードを手動でオフにするまで、Datadog経由でWalkMe開発チームに自動的に送信されます。

追加機能

  • 録画ボタンを画面にドラッグできます

制限

  • ユーザーは、最大15分まで録画できます

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

Be part of something bigger.

Engage with peers, ask questions, share ideas

Ask the Community
×

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

Mobile account login

< 戻る