Support
Welcome to WalkMe support

Please login in order to continue:

Work flows better with WalkMe
Work flows better with WalkMe.

Amazon S3の送信統合

Last Updated 6月 4, 2024

概要

任意のサードパーティーのソフトウェアを接続し、追加レポート機能やセグメント化されたエンドユーザーエクスペリエンスを実現します

S3への統合は、スケジュールに基づいてAmazon Simple Cloud Storage(S3)バケットにInsightsレポートをエクスポートできます。 そしてこれを使用してデータウェアハウスまたはBIツールに接続することで、システムをさらに分析するとともに、組織内の他の担当者がWalkMeエンゲージメントを見ることができるようになります。

ユースケース

  • データウェアハウスまたはBIツールに接続して、システムをさらに分析する
  • 組織内の他のステークホルダー向けにWalkMeエンゲージメントの可視性を高める

統合の作成

インテグレーションを作成する前に、以下が利用できることを確認してください。

  • An Amazon S3バケット。 インテグレーションに特化したものを作成することを推奨します。
  • エクスポートしたいすべての情報を表示するレポートがInsightsに存在すること。

ステップ1 - レポートを確認

統合とS3バケットへのエクスポートを設定する前に、レポートが利用可能であり必要な構造であることを確認してください。

  1. Insightsにログインします
  2. [Insights Reports(Insightsレポート)]タブに移動します
  3. レポートを見つけます
  4. メールにエクスポートして、実際に必要なレポートであることを確認してください。そうでない場合はWalkMe担当者までお問い合わせください。

ステップ2 - 送信先バケットを作成

レポートをエクスポートする宛先のバケットを作成します。 パスに応じて異なるレポートを区別しながら、いくつかの統合とレポートエクスポートにバケットを使用できることに注目してください。

  1. Insightsにログインします
  2. [Integration Center(統合センター)]に移動します([Integration(統合)]タブ)
  3. [Amazon S3 Integrations(Amazon S3統合)]をクリックします
  4. [Destinations(送信先)]をクリックして、すべてのS3送信先を表示します。
  5. [+ New destination(+新しい送信先)]をクリックして、新しい送信先バケットを作成します
  6. フォームに必要事項を入力します。
    • Destination Name(送信先名) - Insights統合センターで呼び出される際の送信先バケット名。 主に、異なる送信先バケットを識別するために使用されます。
    • Bucket name(バケット名) - Amazonコンソールで表示されるAmazon S3バケットの実際の名前。
    • Optional Path(オプションのパス) - エクスポートされたレポートファイルを配置するパス。 空のままにすると、ファイルはバケットのルートに配置されます。
    • Access Key and Security Key(アクセスキーとセキュリティキー) - WalkMeがバケットにアクセスし、そこへファイルを配置するのに利用する認証情報。
    • Region(リージョン) - Amazon S3バケットのリージョン。
  7. Save the destination(送信先を保存)- 次にWalkMeは、挿入されたAmazon S3バケットを検索して、パラメーターの1つが間違っておりバケットが見つからない場合はエラーを表示します。

ステップ3 - 統合を作成

ステップ2で作成されたAmazon S3送信先バケットへのレポートのエクスポートを設定します。

  1. Insightsにログインします
  2. [Integration Center(統合センター)]に移動します([Integration(統合)]タブ)
  3. [Amazon S3 Integrations(Amazon S3統合)]をクリックします(「ステップ2 - 送信先バケットの作成」の操作から続ける場合は、[back to the Integrations list(統合リストに戻る)]をクリックします)
  4. [+ New Integration(+新しい統合)]をクリックします
  5. フォームに必要事項を入力します。
    • ウィザードステップ1:エクスポートするレポートを定義
      1. リストからレポートを選択します。 カスタムレポートを含む利用可能なすべてのレポートのリストが表示されます。
      2. レポートを取得するWalkMe環境を選択します。 利用可能なすべてのWalkMe環境のリストが表示されます。
      3. 日付範囲を選択します。 エクスポートの各実行でレポートをクエリする期間を定義します。
      4. [Export Frequency(エクスポート頻度)]を選択して、正しいタイムゾーンを選択してください。
        • Daily(毎日):毎日、選択した指定時刻にレポートを含むメールが送信されます。
        • Wekly(毎週):毎週、選択した指定の曜日と時刻にメールが送信されます。
        • Monthly(毎月):毎月、選択した日にちと時刻にメールが送信されます。
    • ウィザードステップ2:送信先を選択
      • ステップ2で定義された送信先を選択します。
  1. Save(保存)]をクリックします。

ステップ4 - エクスポートされたファイルを使用します

設定された頻度に応じて、ステップ3で定義されたレポートはステップ2で定義されたバケット内のパス(またはルート)にエクスポートされます。

定義されたパスに応じて、任意のBIツールまたはDataWhouenceコネクターを設定できます。

バケットにエクスポートを即座に実行するには、設定時間を待つだけでなく、統合メニューから[Run Now(今すぐ実行)]をクリックできます。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

Be part of something bigger.

Engage with peers, ask questions, share ideas

Ask the Community
×