1. Home
  2. Editor でビルド
  3. ActionBotの自動化
  4. Smart Walk-Thruから会話への接続方法

Smart Walk-Thruから会話への接続方法

更新日 2月 10, 2021 Download PDFDownload as PDF
image_pdf

概要

Smart Walk-Thrusは、WalkMe自動化への鍵です。 新しいSmart Walk-Thruのイニシエーターである 会話を使用すると、自動化の作成がさらに簡単になります。 このイニシエーターを使用すると、Smart Walk-Thruを起動する前にユーザーからの入力を簡単に提供できます。 ユーザーがSmart Walk-Thruに関連するすべてのデータを提供すると、Smart Walk-Thruが開始され、ユーザーのためにすべてを行います。

ActionBotの会話イニシエーターを使用すると、Smart Walk-Thruを完全なActionBotに簡単に変換して、顧客のユーザーエクスペリエンスを向上させ、自動化されたタスクを実行する統合された会話型ボットのUIを使用できるようになります。

Smart Walk-Thruを会話に接続するための手順

ステップ1:WalkMe Editorアカウントにサインインする

ステップ2:WalkMeアプリの下向きの三角形をクリックし、[Smart Walk-Thrus]アプリを選択する

ステップ3:右隅の+アイコンをクリックして、新しいSmart Walk-Thruを作成する

ステップ4:Smart Walk-Thruに名前を付けて、Continue(継続)]をクリックする

  • 入力した名前はActionBotチャットダイアログボックスでプロセス名として使用されるため、実行するプロセスをSmart Walk-Thruの名前として使用してください。 以下のステップ8で名前を変更することもできます。
  • さらに、Smart Walk-Thruの名前はキーワードの中に読み込まれます。 エンドユーザーがActionBotチャットダイアログにいずれかのキーワードを入力すると、このSmart Walk-Thruが提案として表示されます。

ステップ5:ユースケースに必要なすべてのステップを作成する

  • 自動ステップを使用しない場合、ActionBotは基本的に一見Launcherのように機能します。
  • 自動ステップを含めると(強く推奨)、ActionBotはSmart Walk-Thruを起動し、エンドユーザーのプロセスを自動化します。
    • ActionBotは、含まれた「Fill Text(テキストの入力)」または「Select List Value(リスト値の選択)」の各自動ステップに1つ質問を作成します。
    • 「Fill Text(テキストの入力)」または「Select List Value(リスト値の選択)」の自動ステップを選択した場合、各ステップで好きな値を書き込むことができます。
      • ActionBotは後でこれらの値を一意の変数に置き換えます。これは、「Advanced Settings(高度な設定)」セクションで確認できます。

 

ステップ6:Smart Walk-Thruフローの上部にある[Initiators(イニシエーター)]をクリックする

ステップ7:[+Add Conversional(会話の追加)]をクリックする

  • Smart Walk-Thruをまだ保存していない場合は、[Save & Continue(保存して続行)]をクリックする必要があります。
  • この時点で、会話の名前(Smart Walk-Thruの名前と同じ)とタイトルの各名詞と動詞を、WalkMeはキーワードとしてポップアップに事前入力します。
  • 必要に応じて名前やキーワードを変更することができます。

ステップ8:[Bot to Add This Conversation To(この会話を追加するボット)]ドロップダウンメニューをクリックして、既存のボットを選択するか、新しいボットを作成する

  • 既存のボットがない場合、このメニューは表示されず、新しいボットが自動的に作成されます。
  • [+ Add New Bot(新しいボットの追加)]を選択した場合は、新しいボットに名前を付ける必要があります。

ステップ9:[CONTINUE TO STEP 2(ステップ2に進む)]をクリックする

  • Smart Walk-Thruに「Fill Text(テキストの入力)」または「Select List Value(リスト値の選択)」の自動ステップが含まれている場合は、ステップ10に進みます。
  • Smart Walk-Thruにこれらのタイプの自動ステップが含まれていない場合は、ステップ12をスキップし、直接ステップ12に進みます。

ステップ10:エンドユーザーに表示される質問文を書き直す

  • 自動ステップごとに1つの質問を書く必要があります。

ステップ11:[FINISH & CONTINUE TO CONVERSATION(終了して会話に進む)]をクリックする

ステップ12:[PLAY THE BOT(ボットを再生)]をクリックし、アプリケーション内からボットをプレビューする

ステップ13:エンドユーザーであるかのようにボットの質問に回答する

  • ボットは、回答から抽出した値を表示します。これは、エンドユーザーの場合、プロセスを自動化するためにSmart Walk-Thruに送信されます。

ステップ14:各会話のステップを確認し、テキストを好みに合わせて変更する

ステップ15:Smart Walk-Thruから会話へのフローをテストする

  • BACK TO SMART WALK-THRU(SMART WALK-THRUに戻る)]をクリックします

  • Editorの「戻る」矢印をクリックします。


  • そして、Editorの下部にある青い管理バーの[Preview(プレビュー)]をクリックします。


以上です。 これでボットマスターになりました!

また、自動化されたSmart Walk-ThruからActionBotの会話を簡単に作成する方法を紹介したWalkMeのソリューションエンジニアリングチームのメンバーが作成した以下のビデオをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

関連記事

< 戻る