TeachMeデータ(xAPI、CSV)のエクスポート

Last Updated 6月 1, 2022 Download as PDF
image_pdf

概要

TeachMe AnalysticsはxAPI形式やCSV形式にエクスポートできます。

xAPIとは

Experience API(xAPI)ステートメントは、学習体験の記録に使用される仕様です。 教育開発業界(L&D)でしばしば採用されています。

データをテーブルに整えるだけのCSV形式と異なり、xAPIステートメントは「誰が(actor)、何を(object)、どうしたか(verb)」という構造を持つJSONオブジェクトです。 例: ジェーン(actor)はコースXYZ(object)を完了した(verb)。 このタイプの形式でデータは合理化されるため、TeachMeなど学習経験が発生した場所ならどこでも、アナリストによる学習履歴の追跡が可能です。

xAPIを使用すれば、各問題への答案、参照した資料、挫折した箇所など、すべてのコースでユーザーの学習進捗状況が分かります。

xAPIを利用する理由

TeachMe xAPIを自分のLMSにエクスポートして、ユーザーの学習履歴全体を ある場所から確認してみましょう。

TeachMeデータのエクスポート

以下のページはxAPICSVにエクスポートできます。

  • ユーザー(ユーザーの進捗状況のデータをエクスポート)

以下のページはCSVにのみエクスポートできます。

  • コース概要(TeachMeのコースごとにすべてのデータをダウンロード)
  • 任意のコース(任意のコースのデータをエクスポート)

エクスポートしたデータは分析で利用可能なデータと同じです。 詳細については、TeachMe Analyticsを参照してください。

xAPI verbリストと定義

Verb 定義
開始 コース開始(+開始時刻)
完了 コース完了(+完了時刻)
合格 クイズに合格(+スコア)
不合格 クイズに不合格(+スコア)

データをエクスポートするには:

  1. データをエクスポートしたいページに移動します。
    • コース概要
    • 任意のコース
    • User(ユーザー)
  2. テーブルの右上にある アイコン* をクリックします。
  3. ファイルをダウンロードしました。
*アイコン

ユーザーページからエクスポートするには、エクスポートアイコンをクリックし、目的の形式(CSVまたはxAPI)を選択します。


1ページおきにCSVアイコンがあります。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!
×

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

パートナーアカウントログイン

< 戻る