Workstationのプライベートキーをリセットする方法

Last Updated 11月 15, 2022

概要

ブートプロセスの最初にユーザーがサインインすると、WorkstationはApps Integrationsアクセストークンと個人情報の暗号化に使用されるユーザーのためのユニークなキーを生成します。

プライベートキーはローカルに保存され、データベース漏洩が発生した場合でも、個人情報が他の人によって検知されないことを保証します。

この記事では、WindowsとmacOSマシンから「salt」として知られるプライベートキーを削除する方法を説明します。

Windowsマシンでのプライベートキー

Windowsの場合、Workstationは「資格情報マネージャー」というシステムアプリケーションでプライベートキーを保存します。 Microsoft公式ガイドに従って、資格情報マネージャーにアクセスできます。

Windowsでの既存のプライベートキーの削除

プライベートキーは、ユーザーごとに異なるレコードで保存されます。

会社Aに関連付けられたWorkstationシステムにユーザーがサインインしている場合、会社Bにサインインした瞬間、資格情報マネージャーに2つのレコードが表示されます。

Workstationのプライベートキーを削除するには、以下の手順に従ってください。

  1. Workstationが閉じられ、プロセスが実行されていないことを確認してください(タスクマネージャーを使用して検証)
  2. 資格情報マネージャーを開きます
  3. WALKME_NATIVEまたはwalkme-pkkで始まるレコードを削除します。
  4. Workstationを再び開きます(再度サインインする必要があります)。

macOSマシンでのプライベートキー

macOSの場合、Workstationは「キーチェーンアクセス」というシステムアプリケーションでプライベートキーを保存します。 Appleの公式ガイドに従って、キーチェーンアクセスにアクセスできます。

macOSでの既存のプライベートキーの削除

プライベートキーは、ユーザーごとに異なるレコードで保存されます。

会社Aに関連付けられたWorkstationシステムにユーザーがサインインしている場合、会社Bにサインインした瞬間、キーチェーンアクセスに2つのレコードが表示されます。

Workstationのプライベートキーを削除するには、以下の手順に従ってください。

  1. Workstationが閉じられ、プロセスが実行されていないことを確認してください(アクティビティモニターを使用して検証)。
  2. キーチェーンアクセスを開きます。
  3. WALKME_NATIVEまたはwalkme-pkkで始まるレコードを削除します。
  4. Workstationを再び開きます(再度サインインする必要があります)。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!
×

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

Mobile account login

< 戻る