• Home
  • 統合
  • 統合センターでのAmazon S3送信先の設定方法

統合センターでのAmazon S3送信先の設定方法

Last Updated 2月 16, 2022 Download as PDF
image_pdf

概要

WalkMeの統合センターを使用することで、InsightsのレポートをAmazon Simple Cloud Storage(S3)バケットにエクスポートしたり、Amazon Simple Cloud Storage(S3)バケットから属性を取得し、分析とコンテンツのセグメンテーションのためにWalkMeにデータを入力したりできます。

オプションA – 認証情報による認証

  1. 認証方法で、[認証情報によって]を選択します。
  2. Amazon S3のアクセスキーと秘密鍵の提供


オプションB – バケットポリシーによる認証

(このオプションは、WalkMe S3アカウントの使用時のみ使用できます)

  1. 認証方法で、[バケットポリシー]を選択します。
  2. WalkMe S3アカウント内のバケットにアクセスします。
  3. バケット内にフォルダを作成し、”walkme”という名前を付けます。
  4. バケットポリシーに以下を追加します。
{
"Version": "2008-10-17",
"Id": "Policy1425481770636",
"Statement": [
{
"Sid": "AllowWalkMeUser",
"Effect": "Allow",
"Principal": {
"AWS": "arn:aws:iam::758936404074:user/ic-s3-external-ops"
},
"Action": [
"s3:ListBucket"
],
"Resource": "arn:aws:s3:::YOUR_BUCKET_NAME"
},
{
"Sid": "AllowWalkMeUser",
"Effect": "Allow",
"Principal": {
"AWS": "arn:aws:iam::758936404074:user/ic-s3-external-ops"
},
"Action": [
"s3:PutObject",
"s3:DeleteObject",
"s3:GetObject"
],
"Resource": "arn:aws:s3:::YOUR_BUCKET_NAME/walkme/*"
}
]
}

注:

上記の`YOUR_BUCKET_NAME`を実際のバケット名に置き換えます。

オプションC – IAMロールによる認証

このオプションによって、クライアントにS3バケットにアクセスできるIAMロールを作成させ、WalkMeがそのロールを受諾してアクセスできるようにすることで、S3バケットの送信先を追加できます。

  1. <bucket-nameという名前でS3バケットを作成します>
  2. 以下の権限と信頼関係に基づいて、IAMロールを作成します。
    1. IAMロール権限:
      • ‘ <bucket-name> ‘を実際のバケット名に置き換えます
      {
      "Version": "2012-10-17",
      "Statement": [
      {
      "Sid": "AllowWalkMeRole0",
      "Effect": "Allow",
      "Action": "s3:ListBucket",
      "Resource": "arn:aws:s3:::<bucket-name>/"
      },
      {
      "Sid": "AllowWalkMeRole1",
      "Effect": "Allow",
      "Action": [
      "s3:GetObject",
      "s3:PutObject",
      "s3:DeleteObject"
      ],
      "Resource": "arn:aws:s3:::<bucket-name>/*"
      }
      ]
      }
    2. 信頼関係:
      {
      "Version": "2012-10-17",
      "Statement": [
      {
      "Effect": "Allow",
      "Principal": {
      "AWS": [
      "arn:aws:iam::758936404074:role/integrateme-ecs-instance-production",
      "arn:aws:iam::758936404074:role/rundeck-worker",
      "arn:aws:iam::758936404074:role/chatbot-asg-prodeu",
      "arn:aws:iam::758936404074:role/rundeck-worker-eu"
      ]
      },
      "Action": "sts:AssumeRole",
      "Condition": {}
      }
      ]
      }
  3. 統合センター – S3送信先の設定フォーム
    1. 認証方法で、「IAMロール – 顧客側のバケット」を選択します。
    2. IAMロールARNの値、<bucket-name>およびその地域を入力します

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!
×

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

パートナーアカウントログイン

< 戻る
< 戻る

Mobile account login

< 戻る