ActionBotフォームモード

更新日 8月 5, 2021 Download PDFDownload as PDF
image_pdf

概要

ActionBotフォームモードでは、エンドユーザーの会話ビューを質問ごとの表示から、ボットのダイアログを分割する必要のないシングルビューに切り替えることができます。 このフォームにより、エンドユーザーのインタラクションがはるかにシンプルかつスピードアップされたものになる場合があります。

ActionBotの会話の詳細については、ActionBotの会話を作成する方法の記事をご覧ください。

注:

  • 会話には、まずメッセージが表示され、行に質問が表示され、最後にアクションが表示される必要があります。
  • サポートされる質問のタイプ:テキスト、ブール値、数字、正規表現、電話番号、メールアドレス、日付、選択
  • サポートされるアクションのタイプ:SWTの再生、コール接続、Shuttleの再生、ウェブ統合

使用方法

  1. 既存の自動化されたSmart Walk-Thruがない場合は、新しいSmart Walk-Thruを作成し、必要なすべてのフィールドに記入を行います。
  2. Smart Walk-Thruのすべてのステップが自動ステップに変換されたことをご確認ください。詳細については、こちらをご覧ください
  3. イニシエーターのパネルを開きます。
  4. 「+フォームの追加」をクリックします。
  5. ActionBotのインターフェースが自動的に開き、自動化されたSmart Walk-Thruのステップを会話に変換します。
    • 必要に応じて、会話名をカスタマイズしたり、キーワードを追加したり、特定のボットに会話を割り当てたりすることができます。
    • 「フォームモードを有効にする」に切り替えて、会話を一連のフォームモードでの質問に変換します。
  6. 以下のフォーマットで会話を作成します。
    • 1つのメッセージ
    • 1つ以上の質問(テキスト、ブール値、数字、正規表現、電話番号、メールアドレス、日付、選択)
    • 1つのアクション(SWTを再生、コール接続)
    • ヒント:一連のフォームモードでの質問の間に分割条件を追加し、エンドユーザーの入力する内容に応じて以下のフォームモードによる質問に分割します。

  7. 「保存」をクリックし、ActionBotの会話をプレビューします。
  8. 分割条件のあるフォームを表示することができます。
  9. フォームをプレビューした後、準備ができたら任意の変更を行い、「公開」をクリックします。

動画デモ

ActionBotフォームの使用方法についての動画をご覧ください。

(パスワード:WM)

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

関連記事

< 戻る