1. Home
  2. Editor でビルド
  3. Editorコンテンツ管理
  4. Editorのセグメントとフィルター

Editorのセグメントとフィルター

更新日 5月 13, 2021 Download PDFDownload as PDF
image_pdf

概要

Segments(セグメント)とFilters(フィルター)はEditorで作成可能で、体系化によって構築体験の管理を強化します。

下のEditorの画像では、セグメントのアイコンが左側に、フィルターのアイコンが右側に表示されています。

セグメント管理

セグメント管理にアクセスする方法

  • [Segment(セグメント)]アイコンをクリックしてセグメント管理にアクセスします。
  • ここでは、新規のセグメントを追加し、既存のセグメントを表示、編集、削除できます。
  • プラスマークのアイコンをクリックすると、新しいセグメントを定義するルールを作成できます。

ルールの作成について詳しくは、Rule Engineに関するこの記事を参照してください。

フィルター管理

Editorフィルターにアクセスする方法

  • [Filter(フィルター)]アイコンをクリックしてフィルター管理にアクセスします。
  • ここでは、セグメントやステータスタイプでのフィルタリングが可能で、Grid View(グリッドビュー)で作成したすべての保存済みフィルターを表示できます。
  • [Saved Filters(保存済みフィルター)]ドロップダウンでは、グリッドビューを使って保存したすべてのフィルターが表示されます。
  • [All Segments(全セグメント)]をクリックすれば、特定のセグメントを検索できます。
  • ステータスタイプには、Draft(下書き)、Published(公開済み)、Published & Modified(公開&編集済み)、Archived(アーカイブ済み)があります。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

関連記事

< 戻る