1. Home
  2. Editor でビルド
  3. WalkMe アプリ
  4. Onboarding
  5. WalkMe Menu Organizer(メニューオーガナイザー)

WalkMe Menu Organizer(メニューオーガナイザー)

更新日 5月 16, 2021 Download PDFDownload as PDF
image_pdf

概要

新しいメニューオーガナイザーへようこそ。

メニューオーガナイザーでは、WalkMeメニューを新しい、使いやすいコンソールアプリで管理できます。

新しいメニューオーガナイザーでは、以下のようないくつかの重要なUXの改善が加えられています。

  • ドラッグするだけでデフォルトのタブを変更
  • 新しいメニュータブの追加などの新機能

使用方法

メニューオーガナイザーの使い方を紹介する簡単な紹介動画をご覧ください。

(パスワード:WM)

メニューへのアクセス方法

Editorの[Menu(メニュー)]ボタンからメニューオーガナイザーにアクセスできます。

メニューオーガナイザーは、console.walkme.com/menuに表示されます。

左側のパネル

  1. メニューの開閉
  2. アイテムタイプによるフィルタリング
  3. 公開ステータスよるフィルタリング
  4. 特定のアイテムの検索
  5. 新しいアイテムの追加
  6. セグメントによるフィルタリング
  7. 新しいフォルダーの追加

右側のパネル

  1. 作業中のソフトウェアを表示します
  2. 作業中の環境を表示します
  3. WalkMeナレッジベース、WalkMe Worldに移動、またはサポートチケットを開きます
  4. メニュータブ
    • :タブの名前を変更したり、ドラッグしてデフォルトの場所を変更できます
  5. 新しいタブの追加
  6. メニューのプレビュー、保存、公開
  7. アイテムリストとカテゴリー
  8. 各アイテムに割り当てられたセグメント
  9. 特定のアイテムの検索
  10. 新しいカテゴリーの追加

アイテム管理

  1. 新しいアイテムの追加:メニューオーガナイザーから直接Resourcesを作成します
    • :Smart Walk-ThrusとShuttlesはWalkMe Editorで作成する必要があります
  2. アイテムの検索
  3. アイテムタイプまたはステータスによるフィルタリング
  4. アイテムフォルダー – ドラッグアンドドロップでフォルダーの順序の変更、名前の変更、削除ができます
  5. アイテムを左側のパネルから右側にドラッグアンドドロップして、整理されたメニューを作成できます

セグメンテーション

複数のセグメンテーションオプションがあり、使いやすさと構築のしやすさをサポートします。

項目リスト(A)とメニュー(B)の両方でセグメンテーションが利用できるようになりました。

セグメント(C)では、セグメンテーションによるフィルタリングの機能があり、セグメント化されたアイテムを簡単に見つけることができます。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

関連記事

< 戻る