クロスドメインのiFrame内にあるエレメントに基づいたSWTの自動再生

Last Updated 10月 3, 2022

問題

サイトがクロスドメインのiFrameを利用している場合、お客様はクロスドメインのiFrame内にあるエレメントに基づいてSmart Walk-Thruを自動再生したいと考える場合があります。 この設定を行うには、以下の情報を参考にしてください。

ソリューション

クロスドメインのiFrame内にあるエレメントに基づいてSmart Walk-Thruを自動再生するよう設定を行うには、いくつかの注意点があります。
クロスドメインのiFrameではiFrame jQueryを使用することはできません。
Snippetまたは拡張機能を利用しているかどうかにかかわらず、クロスドメインのiFrame内にWalkMeが注入されていることを確認する必要があります。
上記が確認できたら、以下の手順に従ってSmart Walk-Thruの設定を行います。
Smart Walk-Thruを作成し、最初のステップで指定したいクロスドメインのiFrame内にあるエレメントを選択します。
上記のステップでエレメントを選択すると、最初のステップとして[フレームに切り替え]が自動作成されます。
Initiators(イニシエーター)]の下にある自動再生ルールに移動し、表示されているクロスドメインのiFrame内にある[On-Screen Element(画面上エレメント)]に基づいてルールを作成します。

注:クロスドメインのiFrame内にエレメントがあるため、Rules EngineはFalseと評価されますが、プレビューすると期待通りに再生されます。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

Be part of something bigger.

Engage with peers, ask questions, share ideas

Ask the Community
×

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

Mobile account login

< 戻る