ソリューションアクセラレーター:デプロイメントガイド

Last Updated 11月 4, 2022

概要

ソリューションアクセラレーター設定通りに動作するためには、EditorがElement Library(エレメントライブラリ)に接続され、 プラットフォーム固有の設定がされている必要があります。 Editorがエレメントライブラリに接続されていないか、または正しく設定されていないことをWalkMeが検出すると、有効化プロセスを案内するページが表示されます。

この機能は現在、Oracle HCMおよびMicrosoft Dynamics CRMのプラットフォームのEUデータセンターユーザーは利用できません。 詳細については、アカウントマネージャーにお問い合わせください。

エレメントライブラリの接続プロセス

  1. WalkMeエディタにログインします
  2. エディターのホーム画面から、Solutions(ソリューション)ボタンを選択するか、[+]メニューにカーソルを合わせ、[Prebuilt Solutions(事前構築済みソリューション)]を選択して、[Solutions Gallery(ソリューションギャラリー)]に入ります。
  3. 次に、ソリューションアクセラレータタブを選択します。
  4. ここで、Element Library(エレメントライブラリ)をドロップダウンから選択し、利用可能なプラットフォームを選択します。
  5. 次に、Element Library Version(エレメントライブラリバージョン)]を選択します。
  6. ここで、Save Platform(プラットフォームの保存)]をクリックします。

ソリューションギャラリーが、選択したエレメントライブラリプラットフォームに対してエディタが適切に設定されていないことを検出した場合、 Save Platform(プラットフォームの保存)]が設定プロセスを開始します。

Editorプラットフォームの設定プロセス

プラットフォーム設定画面では、選択したプラットフォームに合わせてEditorを設定するよう求められます。

  1. 「はい、実行します」をクリックして、Editorの設定を行います。

「はい、実行します」をクリックするとEditorは設定を適用し、特定のプラットフォームのソリューションアクセラレーターのテンプレートカタログにユーザーをリダイレクトします。

ブラウジングのみ

エレメントライブラリの接続とプラットフォームの設定は必要ありません。「No, I’m just browsing (no setup)(いいえ、ブラウジングのみ(設定無し))」のリンクをクリックすると、両方のプロセスをスキップします 。 このリンクをクリックすると、テンプレートのソリューションアクセラレーターのカタログにユーザーを直接リダイレクトします。

重要:エレメントライブラリの接続および/またはプラットフォームの設定プロセスをバイパスして、アクセラレーターのテンプレートをダウンロードして再生すると、テンプレートのデプロイメントが期待通りに再生されないことがあります。

警告:WalkMeサービスまたはサポートのみが、エレメントリポジトリのプラットフォームタイプのリセット、および/またはEditor内のプラットフォーム固有の機能フラグ/プラグインの削除を実行することができます。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!
×

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

Mobile account login

< 戻る