条件ビルダー

Last Updated 2月 14, 2024

概要

条件ビルダーは、ルールエンジンの機能を拡張し、構築エクスペリエンスを促進する新しいWalkMe製品です。

WalkMe製品のルールは、動的で調整可能なコンテンツを作成し、ユーザーにシームレスなエクスペリエンスを提供することを可能にします。 ルールエンジンはルールと条件に多くの柔軟性を提供しますが、望ましい結果を得るためにトレーニングと高いテクニカルスキルも必要です。

この新しい製品の背後にある主な目的は、より良いユーザーエクスペリエンスを提供して、ルールを作成するプロセスをより簡単で直感的にすることです。

現在サポートされているルールタイプ
  • 現在のURL
  • リファラーURL
  • 画面上の要素
  • 選択された要素
  • jQuery
  • 変数
  • Cookie
  • WMデータ
  • Workdayフォーム
  • Workdayワークレット
  • Workdayサブページ
  • Workdayページ
  • Workday受信ボックスアイテム
  • IDP Integration(IDP統合)
  • CSV統合
  • API統合
  • オンボーディングタスク
  • 行動ベースの統合
  • Time (時間)
  • Date (日付)
  • WalkMe Language (WalkMe言語)
  • ウィンドウサイズ
  • ブラウザーのタイプ
  • Current Flow (現在のフロー)
  • 言語 – ラングリスト付きのバグ
  • JSONオブジェクト – 演算子バグ
  • TeachMeコース
  • TeachMeクイズ
  • 数値/日付比較(以前は論理ルールとして知られていた)
  • セグメント

条件ビルダーベータは現在、エディタの以下の場所で利用できます。

2023年7月30日
Launchers
  • 個々のアイテム設定にあります
2023年9月10日
Onboardingタスク *表示条件
シャウトアウト * クラシック – 自動再生
* W5G – 自動再生
Resources *表示条件
Shuttles *表示条件
アンケート *自動再生

条件とルール

ユーザーが条件ビルダーを開くと、現在作業しているケースの最も一般的なシナリオを記述するテンプレートが表示されます(例:ユーザーが画面上の要素をキャプチャし、ランチャー表示条件から条件ビルダーを開きます)。

いずれかを選択すると、事前に定義された条件とルールから開始されます。

カードをクリックして、定義済みの条件とそれを評価

最初の行が 条件です – ユーザーがWalkMeアイテムを最も表示させたい場所の定義。 ユーザーは、最初のフィールドに定義を入力するか、デフォルトのものを保持し、オペレータドロップダウンでオプションのいずれかを選択できます。

条件ラインは最終結果に影響しません。 この行とフィールド内のテキストはメモ専用であり、ユーザーが以下に作成するルールには影響しません。

2行目は ルールまたはメソッド であり、 ビルダーはこのページを表すものを説明し、アイテムを表示するページを理解してWalkMeのために使用したいと考えています。

すべての条件にはデフォルトルールがあります – 選択された条件を表す最も一般的な方法であると私たちが考えたもの。 例えば、ページが編集モードにある場合、画面上の要素(鉛筆)によって定義される一般的な方法。

ただし、ユーザーは、ケースに関連するルールの数から選択できます。

Workdayシステムのコンテンツを作成するユーザーの場合、デフォルトルールは「Workdayサブページ」です。

選択した条件に関連するすべてのルールは、1つのドロップダウンの下に表示されます。

これは、ルールがいくつかのカテゴリ(例:URL → 現在のURL /リファラーURL)にグループ化され、一部の場所は明らかではないルールエンジンと比較して変更されました(例:ユーザーデータ → Cookie / 変数…)。

ルールの名前とアイコン

ルール エンジンと比較して、いくつかの変更があります。

  • 画面上の要素を「画面上の要素」に変更
  • 各ルールタイプが持っていた「色とイニシャル」アイコンの代わりに、ルールを示すルールタイプごとにユニークなアイコンを追加

グループ化

ルールと条件のグループ化は自動的に行われます(手動のグループ化はまだできません)。

1つの条件の下に2つのルールがあり、その条件の外に少なくとも1つのルールがある場合、1つの条件下のルールがグループになります。

高度な条件

最も一般的なユースケースをカバーし、時間を節約する提案された条件で動作することをお勧めしますが、高度な条件を最初から作成する可能性もあります。

これは、より複雑なユースケースに取り組みたいが、提案されたオプションが見つからない経験豊富なビルダーのために設計されています。

高度な条件テンプレートは、条件オプション画面の検索バーの横にある専用アイコンからアクセスできます。

タイトルバーはテキストの量に基づいて拡張され、利用可能なすべてのメソッドはドロップダウンにあります。

その他の機能

ルールと条件の移動

条件とルールは、ドラッグ&ドロップを使用して移動できます。

バージョン間の移動

  • ルールエンジンから条件ビルダーに移動すると、ユーザーはルールエンジンで提示されているのと同じで既存のすべてのルールを見ることができます
  • 可能なケースのほとんどをカバーしましたが、新しい条件ビルダーに一時的に転送できないルールがあります(それらを監視しています)。 ユーザーがこれらのルールの1つを転送しようとすると、これを説明する警告メッセージが表示されます。 条件ビルダーでルールを継続して失うか、ルールが利用可能なルールエンジンに戻ります。

  • 条件画面の「古いバージョンを使用する」リンクをクリックして、ルールエンジンの古いバージョンに戻すことは常に可能です。
  • 保存されていない変更は失われます。 ただし、保存された条件は、古いバージョンに移動されます。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

Be part of something bigger.

Engage with peers, ask questions, share ideas

Ask the Community
×

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

Mobile account login

< 戻る