1. Home
  2. リリースノート
  3. 製品アップデート
  4. 製品アップデート:2020年7月

製品アップデート:2020年7月

更新日 9月 21, 2020 Download PDFDownload as PDF
image_pdf

新しいアップデートを受け取るにはどうすればよいですか?

WalkMe EditorとWalkMe Extensionの新しいアップデートは2020年7月5日にリリースされました。

現在の実装は再度グローバルに公開するまでアップデートの影響を受けません。 ローカルサーバーでWalkMeを実行しているお客様は、アカウントマネージャーまたはWalkMeの問い合わせ先に連絡し、これらの新機能へのアクセス方法をご確認ください。

 

WalkMeにて、ここから次へのNormalに向かい、弊社は皆様の顧客と従業員のための卓越したデジタルエクスペリエンスを作成することで皆様をサポートすることに焦点を当てています。 リモートの従業員を迅速にオンボーディングしたい場合やエンドユーザーエクスペリエンスに関する詳細な洞察を求めている場合でも、最新のアップデート情報があります。

詳細については、2020年7月の製品リリースのウェビナー(パスワード:july2020)の録画をご覧ください。

WalkMe Shield

エンドユーザーの歩みを確実にします私のエクスペリエンスはWalkMe Shieldにより常時最新の状態となっています。 WalkMe Shieldはウォークスルーを構築するのと同じくらい簡単な自動テストソリューションであると共に、Webサイトの変更、ブラウザの更新、プラットフォームバージョンのリリースのたびに顧客を満足させ、従業員の生産性を維持します。

WalkMe ShieldではWalkMeの高度なアルゴリズムと自動化機能を使用して、ユーザージャーニー間でWalkMeコンテンツをテストすることで、エンドユーザージャーニーの保護に積極的なアプローチをとります。

ロールアウト:クローズドベータ

TeachMe

TeachMeは従業員と顧客のための一貫性のある効果的な自己学習環境を構築し、確かな知識の獲得を可能にすると共に能力の習得と新人研修に要する時間を短縮します。

TeachMeを使用すると、WalkMeは教室内での学習に頼ることなく、構造化されたコースやライブタスクを通じてリアルタイムでクリックごとにユーザーをガイドし指導する、自習型の実地トレーニングおよび状況に応じた学習支援を提供します

TeachMeレッスンはユーザーがトレーニングを受けているプラットフォーム、またはオンボーディングタスクを実行しているプラットフォームで直接実行され、結果を測定できると共に進行状況の追跡が行われます。

WalkMeのTeachMeプラットフォームを活用することで、従業員や顧客のリモートラーニングとオンボーディングのニーズをサポートします。 学習体験をより適切に測定および管理できるTeachMeの洗練された新しい外観とまったく新しい分析プラットフォームにご注目ください。

ロールアウト:GA 8月16日

Mobile Hub(モバイルハブ)

好きなWalkMeエクスペリエンスをモバイルWebの企業アプリケーションに取り入れることで、あらゆるデバイスからソフトウェアへの投資を完全に実現できるようにします。

WalkMeを活用することで、モバイル拡張機能を使用せずに移動中のワークフォースにネイティブアプリでは利用できない機能を提供します。

 

 

 

 

iOS 11以降向けに最初から利用可能

ソリューションテンプレートの配布

アカウント間でコンテンツを簡単に共有することにより、組織またはパートナーの最新のブランドガイドライン、キャンペーン、または推奨コンテンツを最新の状態に保ちます。 安全な配布キーを使用して、エディターアカウント間で構築したソリューションパッケージを 簡単に共有できます。

Rollout:クローズドベータ

WalkMe Insightsの新機能:

Session Streams

Session Streamsを使用すると、ユーザージャーニーをリアルタイムで把握し、理解することができます。 ユーザーセッションの可視性やユーザーが苦労している点の洞察により、次のことが可能になります。

顧客サポートの向上:ユーザーのフリクションが起こる正確なポイントを可視化してサポートを簡素化します

コンプライアンスプロセスの合理化:ユーザー入力を可視化して監査プロセスを管理します

ユーザーエクスペリエンスの改善とプロセス完了率の向上:
ユーザーセッションを可視化して、ユーザーが最終目標に到達する前にどこで離脱したのかを把握します。

Walkmeエンゲージメント、Digital Experience Analytics(DXA)、カスタムAPIイベントなど、Session Streamsにはすべてのイベントタイプ間のライブセッションと終了したセッションが表示されます

ロールアウト:クローズドベータ

WalkMeエンゲージメント向けのFunnels(ファネル)

特定のユーザー動作の分析、プロセスやフローにおける脱落ポイントを特定するためにファネルは使用されます

これにより、ウォークスルーまたはランチャー、ステッププレー、ページビュー、到達した目標など、ワークステーション、デスクトップ、および Web 全体でDXAが利用できない場合でも、WalkMeのエンゲージメントに基づいて特定の動作を分析することもできます

Insightsはファネル完了率(ファネルに入り、すべてのステップを最初から最後まで決められた順序で完了するユーザーの比率)と、ファネルの各ステップにおけるユーザーの脱落率を追跡します。 例:

  • ビジネスプロセス全体の目標完了時間を測定します
  • ユーザーの完了率に基づき、オンボーディングプロセスにおけるWalkMeコンテンツの効率を測定します
  • 変換またはプロセス完了のサクセスを測定します
  • ワークステーションメニューから起動されたオンボーディングプロセスを測定します

Funnelsからのデータを活用してコンテンツを最適化し、あらゆるプラットフォーム全体におけるエクスペリエンスと結果を向上させます。

たとえば、ファネルの画像を見てみると、Netsuiteで注文書を開くまでのユーザーの行動を測定しています。 ここでは、WalkMe従業員がビジネスプロセスを完了するのに役立つLaunchersおよびSmartTipsとの対話に基づき、ユーザージャーニーを測定できます。

 

ロールアウト:GA。 FunnelsがEUで利用できるようになりました。

お気に入りの表示

優先データフィルターはありますか、または常時同じ追跡イベントリストに戻りますか? これによって、お気に入りのダッシュボードを最も必要な方法で構成しておくことができます。

Insightsのダッシュボードはユーザーのエンゲージメントを理解するために必要な情報を提供します。 Insightsのお気に入りの表示を使用して、お好みのページコントローラーやフィルターを選択することでお気に入りの表示に保存しておけば、何度も再設定しなくても簡単に同じ表示に戻ることができます。

ロールアウト:段階的。

ユーザー IDの管理

検証フォーマットを定義することにより、一貫したユーザーエクスペリエンスのためにユーザーIDを事前に検証します。 無効化されたユーザーに関する洞察の通知を受け取り、検証ルールに基づいてデータをフィルタリングします。

ロールアウト:GA

用語を変更します! Digital Experience Analytics(DXA)

Digital Experience Analytics(DXA)(旧称UBT)では、ユーザーがWebサイトのHTML要素に対して行ったすべてのインタラクションをキャプチャーすることで複数のアプリケーション全体におけるユーザージャーニーを分析できます。さらに、このデータを活用してより強力なユーザーエクスペリエンスを作り出すことが可能になります。次に例を示します。

  • WalkMeソリューションではなく、Webサイト全体のユーザージャーニーを探索します。
  • WalkMeソリューションをデプロイする前にユーザーインタラクションのベースライン期待値を作成して、これをデプロイ後のユーザーインタラクションと比較します。
  • WalkMeガイダンスがユーザーのエクスペリエンスを改善できるインスタンスを特定する
  • ウェブサイトの機能を使用することで、ユーザーの採用およびエンゲージメントを分析します。

DXAにはUBTと同じ機能が含まれています。 詳細については、アカウントマネージャーにお問い合わせください。

 

追加のアップデート:

  • 新しいIDP Integration:Ping
  • 新しいジェネリック検索の統合
  • 新しい検索プロバイダー:ServiceNow

 

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

関連記事

< 戻る