1. Home
  2. Editor でビルド
  3. 高度な構築オプション
  4. 視覚表示にダイナミックテキストを使用する方法

視覚表示にダイナミックテキストを使用する方法

更新日 5月 20, 2020 Download PDFDownload as PDF
image_pdf

概要

パーソナライズされた行動を促すメッセージによって、WalkMeアイテムのクリックスルーレートが向上します。 ダイナミックテキストを使用すると、エンドユーザーのためにパーソナライズされたメッセージを作成し、リッチテキストエディターを使ってこれをWalk-Thruステップ/ポップアップ、ShoutOut、SmartTip(ガイダンスタイプ)、Surveyに挿入することができます

ダイナミックテキストでは、変数、Cookie、WalkMeデータ、jQueryのいずれからユーザーデータを取得するかを選択できます。 また、正規表現を使って取得した値を操作することも可能です。 取得値はWalkMeアイテムにBBCodeとして入力されます。 ダイナミックテキストの値は、WalkMeアイテムを再生やプレビューすると表示されます。

ヒント:セグメンテーションを使用して、WalkMeアイテムにコンテキストを提供して適切なオーディエンスにターゲット化することで、ダイナミックテキストの効果を最大限にすることができます

ダイナミックテキストの詳細については、こちらの記事をご覧ください。 ダイナミックテキストとは?

ダイナミックテキストを使用して自動化を行う方法については、「自動化にダイナミックテキストを使用する方法」の記事をご覧ください。

ユースケース

視覚表示のためにダイナミックテキストを使用するのは以下のような場合です。

  • ShoutOutにユーザー名を追加して、よりパーソナライズされた設定にします。
  • トライアルアカウントに何日残っているかを通知して、試用版の顧客をコンバートします。
  • 現行プランの限界に達しようとしているユーザーをアップセルします。
  • システム内で毎日や毎週行うタスクについてのリマインダーメッセージにユーザー名を追加します。
  • ユーザーにシステムの現在の残高と次の支払い期日を通知します。

視覚表示のためのダイナミックテキストは、以下のタイプのWalkMeアイテムに使用できます。

  • Smart Walk-Thruのステップ/ポップアップ
  • ShoutOut
  • SmartTip(ガイダンスタイプ)
  • Survey

リッチテキストエディターでダイナミックテキストを作成する手順

  1. WalkMe Editorアカウントにサインインします。
  2. 目的のアプリを(Smart Walk-ThruとShoutOutの間で)クリックします。 この例では、ShoutOutを選択します。
  3. ダイナミックテキストを追加する対象として、新しいShoutOutを作成するか、既存のShoutOutの編集アイコンをクリックします。
  4. ダイナミックテキストの値を挿入したいShoutOutの部分にカーソルを配置してクリックします。
  5. [Interaction]タブで、右上隅にあるダイナミックテキストアイコンをクリックします。


  6. 変数、jQuery、Cookieのいずれかを選択します。
    • 以下の画像では、コンテンツクリエーターがjQueryと#fullNameのjQueryセレクターを選択しています。これはユーザーのフルネームを表します。
  7. 選択項目に応じて、事前に選択済みの変数名、Cookie名、またはjQueryセレクターを入力します。
  8. Apply(適用)]をクリックします。
  9. 正規表現を追加するには、BBCodeアイコンをクリックして、「正規表現とは?」の記事にある指示に従って正規表現タグとステートメントを挿入します

    • Editorに変数の名前が表示されます。

プレビュー、テスト、および生産環境では、WalkMeは指定値を取得して、ダイナミックテキストのBBCodeをその値で置き換えます。

たとえば、上記の例で、エンドユーザーのファーストネームを取得する「name」という変数と、エンドユーザーのトライアルメンバーシップの残り日数を取得する「trial」という変数を作成し、その結果をShoutOutの文に以下のように適用したとします。

「こんにちは <jquery>name</var>さん、あと<var>trial</var> 日で無料メンバーシップの期限が切れます

この場合、以下のような出力が得られます。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

関連記事

< 戻る