Support
Welcome to WalkMe support

Please login in order to continue:

Work flows better with WalkMe
Work flows better with WalkMe.

WalkMeメニューをカスタマイズします。

Last Updated 5月 28, 2024

概要

メニューはエディタを介してカスタマイズされます。 設定アイコンをクリックして、コンテンツスタイルのカスタマイズを選択して、ウィジェットとメニューに変更を加えます。

それぞれの色は、箱詰めのオプションでも、CSSでもカスタマイズできます。

用語解説:メニューとは、ユーザーに表示されるタスクとコンテンツのリストのことです。 ウィジェットとは、メニューを開くアイコンのことです。

WalkMeメニューをカスタマイズする際のベストプラクティスをご紹介します。

  • 人目をく注目アイテムをウィジェットに追加して、ユーザーエンゲージメントの確率を高めます。
  • ウィジェットの色を変更し、サイトのカラーパレットに合わせます。
  • 画面上のウィジェットの位置を変更します。
    • ユーザーが見つけやすい位置にする必要がありますが、何もブロックしないようにしてください(ユーザーはウィジェットを閉じることができないため、使用感が損なわれます)。
  • ユーザーが画面をブロックせずにメニューを検索できるようにするため、(スプラッシュではなく)ドッキングオプションを使用することをお勧めします。
  • メニュー内のデプロイ可能アイテムは、ユーザーが理解しやすい順序で並べてください。

使用方法

[プレーヤーのカスタマイズ]タブを使用して、ウィジェットのデフォルトの見た目、スタイル、および動作を変更します。 サイトを読み込む前に、WalkMeがすべてのカスタマイズオプションをチェックし、それに応じて表示します。 プレーヤーがユーザーにどのように表示されるかについての詳細は、 公開の記事をご覧ください。

メインビュー

[Customize Player(プレーヤーのカスタマイズ)]タブのメインウィンドウには、以下の機能が表示されます。

  • プレビュー:ウィジェットのプレビュー画像を表示します。
  • 画面上配置の変更:ウィジェットは端に配置できます。
  • スプラッシュまたはドック: ウィジェットをクリックしてWalkMeメニューが開いたときの表示のタイプを選択します。 スプラッシュメニューはページの中央に表示され、その周りの画面は薄暗くなります。 ドックメニューは画面の周囲に表示され、追加の効果はありません。
  • テーマの色を変更:これはCSSでも行うことができます。

[Widget(ウィジェット)]タブ

[Customize Player(プレーヤーのカスタマイズ)]タブのウィジェットタブには、以下の機能が表示されます。

  • ウィジェットのスタイルと色:「なし」を選択した場合、ウィジェットはサイトには表示されないことに注意してください。 CSSを使用すると、ウィジェットをさらにカスタマイズできます。

[Customize Player(プレーヤーのカスタマイズ)]タブのメニュータブで、メニューのスタイルを選択します。 なしを選択してウィジェットが選択されいる場合、クリックしてもウィジェットは何も開きません。

制限


アイルランドメニューはサポートしていません:

  • アクセシビリティ
  • カスタムメニュータブ
  • CSSによるカスタマイズ
  • インサイトデータ
  • デフォルトの設定タスクタブ
  • との競合があります。 wm-plugin-fix-dialog-focus-trapプラグインです。 このプラグインアイルランドメニューを一緒に使用しないでください。

多言語制限:

  • 多言語 - 右から左に読む言語(RTL)はサポートされません
  • 多言語 - 一部のデフォルトテキストが翻訳されません
    • WalkMeメニューのサブタイトル - ヘルプが必要なプロセスを選択してください
    • WalkMeメニューサポートタブ:「その他のサポート」
    • WalkMeメニューの[Task(タスク)]タブ - 完了したタスクのフォーマット:「1件中0件が完了」
    • WalkMeメニューヘルプタブ:「詳細検索」
    • メインメニューに戻る - 「メインメニュー」
    • WalkMeメニューヘルプタブ:「検索結果」

[Attention Grabber(注目アイテム)]タブ

注目アイテムは、WalkMeへの関心とユーザーエンゲージメントを高めるために設計されています。

注意グラバー設定:複数の注意グラバーを使用したり、表示条件を作成してそれらを交互にしたりできます。

例えば、新しいアイテムが公開されたときにのみ注意グラバーを表示させる設定を作成します。

  • 最初に表示する日と、その後の表示頻度(「0」は繰り返しなし):注目アイテムを最初に表示するまでの日数を設定します。
    • 注目アイテムを繰り返すには、ユーザーに再び注目アイテムを表示するまでのウェブサイトへのアクセス日数を設定します(0に設定すると、注目アイテムは再表示されません)。
    • ユーザーがウェブサイトを訪問した日数はカウントされます(ユーザーが毎日次の3日間ウェブサイトを訪問しない限り、正確には3日後には表示されません)。
  • Wait to display for_ seconds(表示前に__秒待機する):注目アイテムの表示を遅らせる秒数を設定します。
  • For a duration of __seconds(__秒の期間): 注目アイテムを表示する秒数を設定します。
  • 新しいコンテンツ(ウォークスルー、ランチャーなど)が利用可能になった場合にのみ表示します。新しいアイテムが追加された場合にのみ表示するチェックボックスを選択します。
  • Create a Display Segment(表示セグメントの作成):注目アイテムを再生するかどうかを決定するルールを作成します。
  • Using Multiple Attention Grabbers(複数の注目アイテムを使用):1日につきユーザーあたり1つの注目アイテムのみを表示します。 2つの注目アイテムを同じ日に再生するように設定した場合、表示されるのは1つだけです。
  • Reset History(履歴のリセット):履歴のリセットは、すべてのユーザーの表示履歴を削除します。
    • たとえば、履歴のリセットを行うと、それ以前のウェブサイト訪問時に注目アイテムがユーザーに表示されか回数には関係なく、ウェブサイトを次回訪問するときには初日に表示するよう設定されている注目アイテムが表示されます。

ヒント

  • プレビューでは、初日に表示するように設定されている注目アイテムのみが表示されます。
  • その他の日に表示するように設定されている注目アイテムをプレビューするには、その設定を最初の日に表示するように変更し、初日に表示するよう設定されている他の注目アイテムを無効にしてください。
  • 注:注目アイテムは、カリフォルニアとザンベジスタイルのウィジェットでは使用できません。

[Text(テキスト)]タブ

テキストタブで、ウィジェット、メニュー、検索バーに表示されるテキストと、表示されるテキストのフォントサイズを変更します。

テキストタブで行われた変更は、適用されたCSSを上書きすることがあります。

[Settings(設定)]タブ

設定タブには、以下の機能が表示されます。

  • テキストの方向:これは検索バーとウィジェットにあるテキストの方向です。
  • 表示条件:ウィジェットが表示されたときのルールエンジンでルールを作成します。
  • ドラッグ&ドロップウィジェットの許可:これが有効になると、ユーザーはウィジェットを画面周りにドラッグして画面を囲むことができます。これにより、ユーザーのアプリケーションとのエンゲージメントがより柔軟になります。

    ドラッグ&ドロップ制限

    • ドラッグ&ドロップイベントをサポートしていないサイトは、この機能ではサポートされていません。
    • Zambezi、Danube、Californiaウィジェットタイプはサポートされていません。

  • 外部をクリックしたときにメニューを閉じる:これが有効になると、ユーザーがメニューウィンドウの外側をクリックすると、WalkMeメニューが自動的に閉じます。
  • 試してみる

    注目アイテムを使ってプレーヤーをカスタマイズし、サポート情報にユーザーの注意を向けます。 プレーヤーの色と位置を変更しましょう。 この変更を行う前に、WalkMeアナリティクスをチェックして、WalkMeメニューにエンゲージメントの数値を集めておき、変更の一か月後に再びチェックします。 変更後のウィジェットへのユーザーエンゲージメントに、何か変化はありましたか?

    この記事は役に立ちましたか?

    ご意見ありがとうございます!

    Be part of something bigger.

    Engage with peers, ask questions, share ideas

    Ask the Community
    ×