Business Productivity Dashboard

更新日 9月 19, 2021 Download PDFDownload as PDF
image_pdf

概要

Business Productivity Dashboardは、マネージャーがソフトウェアの使用状況や従業員のビジネス生産性を可視化できる場所の1つです。 シンプルで視覚的なユーザーインターフェースを使用して、ビジネスの現在のニーズを簡単に把握することができます。 これは、従業員が高い生産性レベルを維持していることや、関連するすべてのITリソースにアクセスできていることを確認したいと考えている経営陣、マネージャー、ビジネスオーナーに最適なツールです。

ユースケース

  • 従業員のビジネス生産性を監視する
  • 組織全体のソフトウェアの使用状況を把握する
  • 未使用のソフトウェアライセンス、システムの重複、またはプラットフォームの不十分な活用を明らかにし、IT関連の支出を管理する

この機能について

Business Productivity Dashboard には、5つの主要なパネルが含まれています。

  1. フィルターと日付選択
  2. 一般的な生産性のメトリクス
  3. 地域別の従業員数
  4. 使用されているシステム
  5. 従業員

Productivity Dashboardの内訳

  1. フィルターと日付選択
    1. フィルター:フィルターのドロップダウンには、顧客のIDP統合で取得されるすべての「部門」が含まれています。
      • ユーザーは、[Show Only(表示する部門)]をクリックして、すべての部門、複数の部門、単一の部門を選択することができます。
      • 「部門」のデータがリアルタイムで更新されます。
      • このページのレポートすべてに表示されるデータは、選択したフィルターに関連しています。
    2. 日付選択:同様に、このページのレポートすべてに表示されるデータは選択した日付の範囲に関連しています。
  2. 一般的な生産性のメトリクス
    1. 生産性
      • 生産性 = 0.5 ×(平均稼働時間 ÷ 稼働時間)+ 0.5 ×(アクティブな従業員の比率 ÷ 完全雇用生産能力)
      • 稼働時間は8.5時間に設定されています。 これは、アカウントマネージャーにリクエストすることで再度設定することができます。
      • 完全雇用生産能力は0.9に設定されています。 これは、アカウントマネージャーにリクエストすることで再度設定することができます。
    2. アクティブな従業員:
      • 大きいフォントの値は、アクティブな従業員(監視対象システムでのみ、セッションが少なくとも1つはある従業員)の数です。
      • 小さいフォントの値(「Total X Employees(合計X名の従業員)」)は、監視対象の従業員の総数です。つまり、拡張機能がインストールされたブラウザー(監視対象または非監視対象のシステムのいずれか)でセッションが少なくとも1つはある従業員の数です。 これは、潜在的なユニーク従業員の100%です。 ユーザーは、拡張機能で1日に1回送信されるパルスイベントでカウントされます。
      • 小さなフォントの割合(「X% of」)は、アクティブな従業員と総従業員の比率です。 アクティブな従業員の比率 = アクティブな従業員 ÷ 全従業員
    3. 平均 稼働時間:
      • 選択した期間中のすべてのブラウザーセッションの時間の平均値の合計を、期間中の日数で割って算出されます。
      • 平均 稼働時間 =(セッション時間の合計 ÷ ユーザーの数)÷(選択した期間中の日数)
  3. 地域別の従業員数
    1. テーブル:従業員数の多い上位5か国の内訳と、全従業員のうち拡張機能をインストールしている人の割合を示しています。
    2. 地図:上位5か国のアクティブな従業員の地理的配布を示しています。
      • 国にカーソルを合わせると、全従業員に対する、その国のアクティブな従業員の数が%で表示されます。
  4. 使用されているシステム
    1. 以下によって追跡されたすべてのシステムの使用状況を示しています。
      • 定義された期間にシステムを使用したアクティブユーザー(全ユーザーに対する%)
      • ユーザーあたりの週間使用状況 – 定義された期間にシステムを使用したアクティブユーザーあたりの週の平均使用時間
      • アクティブユーザー = アクティブな従業員
    2. 検索バーで特定のプラットフォームを検索します。
    3. 列のタイトルをクリックして、5つの列のいずれかでテーブルを並べ替えます。
      注:

      ここに表示されるアクティブユーザーの数は、Systems Overview Dashboardで表示されるものとは異なる場合があります。 これは、Systems OverviewではEUIDに依存しており、Productivity DashboardではCSのEUIDに基づいてユーザーをカウントするなど、ユーザーをカウントするロジックが異なるためです。

  5. 従業員
    1. 各従業員の使用状況の内訳を以下のフィールド別に表示します。
      • 初めて確認
      • 最後に確認
      • 平均 時間(セッション間)
      • 平均 セッション期間
      • 合計セッション
      • department (IDP)
      • name (IDP)
      • locale (IDP)
      • title (IDP)
      • family_name (IDP)
      • costCenter (IDP)
      • city (IDP)
      • address.country (IDP)
    2. 検索バーで特定の従業員を検索します。
    3. 列のタイトルをクリックして、任意の列で並べ替えます。
    4. 縦の省略記号アイコンをクリックしてテーブルをエクスポートします。
    5. [Edit(編集)]アイコンをクリックして列を選択/選択解除し、テーブルビューを変更します。

前提条件

この機能を有効にするには、アカウントに以下の前提条件が必要です。

  • 2つ以上のWalkMeアカウントで構成されるマルチシステム管理者アカウント(MSA)。
  • 拡張機能が、MSA内の2つ以上のシステムで本番用に使用されている。
  • アカウントは、ユーザーの識別にIDP統合を使用する必要があります。
機能の有効化

アカウントでこの機能を有効にしたい場合は、WalkMe担当者に連絡のうえ、詳細をご確認ください。

IDP Integration(IDP統合)

  • 部門フィルターは「部門」属性を使用します。この属性は、IDPを使用して直接統合することも、リクエストに応じて手動でマッピングすることもできます。
  • 重要:このダッシュボードは、IDP統合の「department」(小文字の「d」)属性に依存しています。 顧客のIDP統合の属性の名前が異なる場合は、必要に応じて手動で属性をマッピングする必要があります。
  • IDP統合の詳細については、こちらをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

関連記事

< 戻る