WalkMe Mobile:製品アップデートノート2020年1月

Last Updated 12月 15, 2022

2020年1月21日のリリース、WalkMeは、エクスペリエンスを向上させるアップデートを提供しています。

製品アップデートでは、WalkMeの新機能やアップデートされた機能について、簡単で高度な説明を提供します。

テクニカルノートをもっと見たいですか? 詳細については、 iOSまたはAndroidのリリースノートをご覧ください

新しいアップデートを受け取るにはどうすればよいですか?

2020年1月21日、WalkMe Mobile SDKの最新バージョンにアップデートすると、すぐに最新機能にアクセスできるようになりました。 現在のお使いの実装は、再度パブリッシュするまでアップデートの影響を受けません。

SDKのアップデート方法

製品アップデート

新しいテンプレートギャラリー

ユースケースやタイプ別のデザイン

最も人気のあるユースケースでWalkMe Campaignsをデザインします:

  • ユースケースを念頭に置いて、WalkMe のインスピレーションを見つけてください
  • 右側のパネルでキャンペーンの説明を読んで、キャンペーンが解決する問題を理解します
  • WalkMe Mobile Campaignsを新しくモダンに利用することができます
  • コンソールからスマートウォークスルーを作成する

新しいカラーグラデーションと影

カラーグラデーション

グラデーションを使えば、さらに個性的な仕上がり:

  • グラデーション用の開始色と終了色を定義します
  • さまざまなパターンに「線形」または「放射」を使用します
  • グラデーション用の方向と位置を選択します(度)

注:グラデーションはSDK 2.2.0以降でのみサポートされます。 グラデーションのあるCampaignsは、SDKバージョン2.2.0未満のユーザーには表示されません。

影を使ってWalkMeに奥行きを与え、画面から飛び出させることができます:

  • 影の色を設定します
  • 影の位置のための角度を選択します
  • 影をどの程度近づけるかの距離を設定します
  • ぼかしの半径を使用することで、影の鋭さやぼかしを調整します

注:影はSDK 2.2.0以降でのみサポートされます。 影のあるCampaignsは、SDKバージョン2.2.0未満のユーザーに、影なしで表示されます。

システムのフォントウェイト

デバイスのOSが利用できるすべてのフォントウェイトを活用します:

  • iOS版San Franciscoフォントウェイトが利用可能
  • Android版のRobotoフォントウェイトが利用可能

「Element Exists(エレメントが存在する)」セグメンテーションルール

現在表示されているエレメントだけでなく、画面上に存在するエレメントに基づいてCampaignsをセグメント化することができます。 これにより、画面の奥にあるものや、現在表示されていないものをもとに、よりダイナミックなセグメンテーションが可能になります。

注:セグメンテーションルールは、SDK 2.2.0以降でのみサポートされます

最新機能を取得する方法

今回のリリースはいかがですか? SDKをアップグレードして、すべてのものにアクセスできるようにします。

SDKのアップデート方法

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

Be part of something bigger.

Engage with peers, ask questions, share ideas

Ask the Community
×

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

Mobile account login

< 戻る