Support
Welcome to WalkMe support

Please login in order to continue:

Work flows better with WalkMe
Work flows better with WalkMe.

SAP用スクリプトの有効化

Last Updated 5月 28, 2024

概要

WalkMe Desktopは、SAPスクリプトを使用してSAP環境のガイダンスコンテンツにアクセスし、再生します。

WalkMeを動作させるには、クライアント側サーバー側からこれらのスクリプトを有効化する必要があります。

スクリプトが有効になっているかどうかを確認する方法

  1. アイコン(以下のハイライト部分)またはそれが表示されるであろう部分にカーソルを合わせます。
  2. スクリプトが実行されていない場合、ポップアップメッセージが表示されます。
  3. スクリプトが無効になっている場合、ポップアップメッセージが表示されます。
  4. クライアント側でスクリプトが無効になっている場合、以下のポップアップメッセージが表示されます。

アイコンが表示されない場合は、三角形をクリックしてアイコンバーを展開します。

クライアント側のスクリプトの有効化

スクリプトはクライアント側(エンドユーザー)で有効化する必要があります。 デプロイする際には、SAP管理者がこれを行うことができます。

メニューにアクセスするには:

  1. 右上隅にある[Settings(設定)]アイコンをクリックします。
  2. Options(オプション)]をクリックします。

スクリプトを有効にするには:

  1. Accessibility & scripting(アクセシビリティとスクリプト作成)]フォルダで[Scripting(スクリプト作成)]を選択します。
  2. Enable Scripting(スクリプトを有効化)]しそしてShow native Microsoft Windows dialogs(Microsoft Windowsのネイティブダイアログを表示)]のチェックボックス選択します。
  3. 適用をクリック。

サーバー側でのSAP GUIスクリプト作成の有効化

  1. 起動しsaplogon.exe、認証情報を使用してSAPサーバーにログインします。 - [SAP Easy Access(SAP簡易アクセス)]ウィンドウが開きます。
  2. トランザクションを実行します。 RZ11:
  3. パラメータ名sapgui/user_scriptingを指定して、キーボードの[Enter]キーを押すか、SAPインターフェースの[Display]キーを押します。
  4. Display Profile Parameter Attributes(プロファイルパラメーター属性の表示)]ウィンドウで、ツールバーの[Change Value(値の変更)]ボタンを押し、sapgui/user_scriptingの[New Value(新しい値)]を***に設定します。 TRUE
  5. 次のパラメーターにFALSEの値を設定し、ステップ3~4を繰り返します。sapgui/user_scripting_force_notificationsapgui/user_scripting_set_readonlysapgui/user_scripting_disable_recording
  6. 現在実行中のセッションには適用されないため、ログオフして再度ログオンし、変更が反映されていることを確認します。
注:

ステータスバーに表示される「不明なパラメーター名です」というメッセージは、SAPサーバーパッケージがないため、このトランザクションを使用してsapgui/user_scriptingパラメーターを変更できないことを意味しています。 不足しているパッケージをインストールして、もう一度試してみてください。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

Be part of something bigger.

Engage with peers, ask questions, share ideas

Ask the Community
×