Webhooksとは?

Last Updated 3月 26, 2022

概要

Webhook(別名コールバック)を使用すると、サードパーティーのAPIをトリガーしたりWalkMeイベントデータ分析プラットフォームに追加したりすることで、ワークフローにWalkMeを直接組み込めます。

APIインテグレーションは、多くの場合リソースを大量に消費し、サードパーティーツールによる制限があるため、一定の間隔を置いて実行されます。 大規模なデータセットを更新する場合はこれで問題ありませんが、即時性が重要なデータに遅延が発生し、場合によっては配信される前にデータが古くなりすぎることもあります。

イベント自体がトリガーするWebhookなら、任意のシステムにリアルタイムのWalkMeイベント情報を配信できます。 つまり、 遅延なく情報を受け取ることで、チームは即時性の高い情報に即座に対応できるようになります。

Webhookはサーバー間の呼び出しを使用して安全にデータを転送し、開発作業の必要はありません。 WalkMeのWebhookは、GETまたはPOSTメソッドのあらゆるHTTP呼び出しをサポートしています。 ペイロードはJSONである必要があります。

ユースケース

Webhookのユースケースには以下のようなものがあります。

  • お使いの分析ツールやBI ツールに リアルタイムのWalkMeイベントを追加できます。
  • WalkMeイベントに基づいて サードパーティのAPIをトリガーします。 実装例には以下が挙げられます。
    • Walk-Thru(ウォークスルー)のGoal(ゴール)に到達したら即座にSlack通知を受信
    • エンドユーザーが販促用ShoutOut(シャウトアウト)をクリックしたらマーケティングリストにユーザーを追加
    • エンドユーザーがWalkMe Survey(調査)を提出して追加のヘルプを要請した場合にZendeskチケットを作成
    • Onboarding(オンボーディング)タスクを完了したユーザーをスプレッドシートに追加することでオンボーディングを追跡します。
    • エンドユーザーがWalkMe NPS調査に回答すると、メールを受信します。

使用方法

Insightsでは、特定のWalkMeイベントを登録したり、 Webhookを設定したりすることができます。

エンドユーザーがアプリケーション内で登録したWalkMeイベントを操作すると、WalkMeは内部のWalkMeサーバーにイベント通知を送信します。

次に、内部のWalkMeサーバーはWebhooksの設定時に特定した接続先システムに呼び出しを入力します。

Webhooksの構築方法

構築方法については「Webhooksを使ってWalkMeイベントデータをサードパーティーシステムに送信する方法」記事をご覧ください

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

Be part of something bigger.

Engage with peers, ask questions, share ideas

Ask the Community
×

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

Mobile account login

< 戻る