エレメントリポジトリ

更新日 5月 20, 2020 Download PDFDownload as PDF
Download PDF

概要

WalkMeのエレメントリポジトリ機能は、WalkMeのベストプラクティスを使用して作成される、事前にキャプチャされたシステム固有のエレメントのライブラリです。 ユーザーは、WalkMeがシステム固有のリポジトリに接続するすべてのWalkMe実装のために新しいシステムプラットフォーム(Workdayなど)のUI変更を維持して更新できるようにするリポジトリエレメントを選択することで、デプロイ対象要素を構築できます。

新規および既存のEditorアカウントを、Workday、Salesforce Lightning、およびOracle HCM用のWalkMeエレメントリポジトリに接続できます。

ユースケース

  • システムが、サイト内検索バーのHTMLコードに変更を加えるプラットフォームのアップデートをリリースし、その結果、新しいjQueryセレクターが追加されます。
  • 検索バーをポイントするWalkMeのデプロイ要素が、そのシステム上のすべての顧客実装にわたり再生されなくなります。
  • WalkMe SMEが、Workdayリポジトリ内の検索バーエレメントのjQueryセレクターを変更し、アップデートを本番環境に公開して、接続されているすべてのEditorアカウントにアップデートを配布します。
  • システム検索バーのリポジトリエレメントにリンクされている接続済みEditorのデプロイ要素が、リポジトリからjQueryのアップデートを自動的に継承します。
  • Editorユーザーが、アップデートの後にEditorに入り、エレメントのアップデートが発生したことと、デプロイ要素を公開するように指示する通知を受け取ります。

使用方法

新しいEditorアカウント

新しいEditorアカウントはマスター機能で有効になり、リポジトリ機能で使用できます。

既存のEditorアカウント

この機能の使用を有効にするには、ユーザーアカウントに特別な設定をする必要があります。有効にするには、担当のWalkMeアカウントマネージャーにご連絡ください。

リポジトリエレメントのキャプチャ

Editorアカウントが設定されてエレメントリポジトリに接続されたら、実装のエレメントをキャプチャする標準プロセスに従って作業できます。

キャプチャモードビュー:ページ上の全リポジトリエレメントを表示

Editorのキャプチャモードでは、小さな縦長のトグルスイッチが[Close(閉じる)]ボタンの左に表示されます。 ユーザーがトグルをクリックすると、Editorのキャプチャモードラベルが、[Select Element(エレメントの選択)]から[Element Library(エレメントライブラリ)]に変わります。

[Element Library]ビューを有効にすると、利用可能なリポジトリエレメントがすべて一度に画面に緑色で表示されます。 ユーザーは標準プロセスに従って、リポジトリエレメントと標準のネイティブエレメントの両方をキャプチャすることができます。

利用可能なシステム

  • Salesforce Lightning
  • Workday
  • Oracle HCM

この記事は役に立ちましたか?

関連記事

< 戻る