ストレージマネージャー概要

Last Updated 1月 3, 2024

概要

WalkMeプレーヤーは、WalkMeのプレーヤーの状態を維持したり、ウォークスルーの再生のコンパイルを監視したり、アナリティクスを収集したりするためのデータを格納します。 この目的のため、WalkMeはファーストパーティーCookie、サードパーティーCookie(ローカルストレージ)、およびファーストパーティーローカルストレージを使用します。 個人データは保存されず、ウェブサイトのユーザー使用状況に関する情報は監視されません。

WalkMeが設定したCookieは、名前に「wm-」という接頭辞が付いています。 WalkMeは、WalkMeの設定に応じて異なるCookieを使用します。たとえば、Cookieやローカルストレージを使用してWalk-Thruを完了するためのユーザー情報を追跡することができます。

WalkMeで独自のCookieを作成する方法については、 WalkMeデータに関するこの記事をご覧ください。

WalkMeは、以下のような理由でエンドユーザーのブラウザーにデータを保存します:

  1. スマートウォークスルーの状態(エンドユーザーがスマートウォークスルーの途中であるかどうか)
  2. 自動再生ステータス(デプロイ可能ファイルがすでに再生されているかどうか)
  3. ゴール完了
  4. WalkMeデータ

ユーザー拡張機能には、サードパーティーのCookieを使用する必要はありません。

定義

  1. ストレージ方法:ファーストパーティー(同一ドメイン)またはサードパーティー(クロスドメイン)のいずれか、ブラウザ上でのストレージの保存方法
  2. ストレージタイプ:ブラウザでのストレージの保存場所(ローカルストレージとCookie)
  3. ブラウザストレージとサーバーストレージ:データがエンドユーザーの現在のブラウザにのみ保存されるか、またはWalkMeのサーバーに送信されるか(詳細は以下を参照)

サーバーストレージとは?

サーバーストレージは、WalkMeプレーヤーサーバーを介して、異なるブラウザー間でエンドユーザーの状態を同期します。

以下のエンドユーザーの状態はサーバーストレージに保存され、異なるブラウザーに同期されます:

  1. 1 回のみ自動再生の評価
  2. ゴール完了
  3. TeachMeコースの完了
  4. WalkMeデータ
ご確認ください

サーバーストレージに関しては以下をご注意ください。

  • エンドユーザーIDを定義する必要があり、WalkMeで生成されたエンドユーザーIDでは動作しません
  • 実行時にクライアントでエンドユーザーIDを見つける必要があります
  • エンドユーザーIDは、60文字未満である必要があります
  • データは24時間ごと(研究開発部署で設定可能)に定期的に同期され、クライアントにすでに状態があり、他のブラウザーで状態が変更された場合、それが更新されるまでに数時間かかります

拡張機能ストレージ

拡張機能ストレージは、WalkMeストレージオプションの範囲を増やすことを意図しており、最終的には拡張機能を備えた実装向けのデフォルトのストレージ設定になります。 WalkMe関連のデータは、拡張機能設定内に安全に保存され、ブラウザのセキュリティ設定を調整する必要はありません。

拡張機能ストレージは、Chrome、Firefox、Edge Chromiumとの互換性があります。

ストレージAPI

ストレージAPIは、さまざまなタイプのストレージを管理するための簡単で統一されたインターフェースを提供する、新しいブラウザベースのAPIです。 重要な情報を失ったり、ログインし直す必要なく、より効率的かつ選択的にデータを管理するために使用します。

ブラウザレベルのデータに依存するWalkMeコンテンツのテストまたはトラブルシューティングのために、ブラウザのキャッシュとCookieをクリアする必要性を置き換えます。 キャッシュとCookieをクリアすることは、ローカルレベルでWalkMe関連のデータをリセットする一般的な方法でしたが、これはすべての保存データも削除し、ユーザーがウェブサイトにログインし直す必要があります。

さらに、ストレージAPIは、WalkMeの拡張機能ストレージの段階的なロールアウトの便利な一部でもあります。 拡張機能ストレージにより、ブラウザのキャッシュとCookieをクリアすることは、オプションではありません。 WalkMeデータのクリアが必要な際には、代わりにストレージAPIを使用します。

APIは、ブラウザの開発者ツールコンソールで利用できます。 コンソールへアクセスするには、ウェブページを右クリックし、検査を 選択します。 次に、コンソールタブをクリックします。

利用可能なコマンドのリストは次のとおりです。

WalkMeAPI.storage.getAll()

  • 現在のブラウザにローカルに保存されているすべてのWalkMeデータを戻します
  • このコマンドを使用して、すべての既存のデータと、以下のキーで設定したデータを表示できます

WalkMeAPI.storage.removeAll()

  • 現在のブラウザにローカルに保存されているすべてのWalkMeデータを削除します
  • デフォルトのWalkMeデータキーは、ページの更新後にリセットされます

WalkMeAPI.storage.setItem()

  • テスト目的でカスタムデータキーを作成するために使用します
  • 2つの必須フィールドと1つのオプションを受け入れます
  • キー:ストレージに追加するキーの文字列名。 キーがユニークであることを確実にするために、デフォルトでプレフィックスとして「wm-」を追加することをお勧めします。
  • :追加するキーの値。文字列または数値を使用できます
  • (オプション)秒単位での有効期限:キーをローカルストレージに存在させる秒数。 指定されていない場合、デフォルトの2年という値が割り当てられます。
  • 例:
    • WalkMeAPI.storage.setItem(‘test-1’,123)は、名前「wm-test-1」、値123のキーを2年間設定します。 このキーを設定し、WalkMeAPI.storage.getAll()を実行すると、以下の結果が得られます。
  • WalkMeAPI.storage.setItem(‘test-2’,’Test value’, 360)は、名前「wm-test-2」、値「Test value」のキーを360秒間設定します。

WalkMeAPI.storage.getExpiryDate()

  • データキーの有効期限が切れる日付と時間を返します
  • キー名を受け入れます
  • 例:
    • WalkMeAPI.storage.getExpiryDate(‘wm-test-2’)

質問がある場合、またはストレージ設定に関するサポートが必要な場合は、WalkMeの担当者またはサポートにお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

Be part of something bigger.

Engage with peers, ask questions, share ideas

Ask the Community
×

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

Mobile account login

< 戻る