WalkMe Discovery:アプリダッシュボード

Last Updated 1月 1, 2024

概要

WalkMe Discoveryアプリダッシュボードは、アクティブユーザー数、組織の使用状況、使用頻度、週間使用時間など、個々のアプリのパフォーマンスの包括的な概要を提供します。 さらに、アプリケーションのカテゴリが表示され、そのアプリ用にWalkMeシステムが作成されたかどうかを示します。 アプリをクリックして、その使用状況の詳細な内訳にアクセスでき、さらなるインサイトを提供します。

詳細

アプリダッシュボードの中心は表です。 表には、組織で使用されているすべてのアプリケーションと、主要な使用状況メトリックが表示されます。 表内の各行は、異なるアプリケーションを表し、列がアプリケーションデータを表示します。

この表から、各アプリの使用状況の概要をすばやく取得し、詳細をドリルダウンして、より深いインサイトを得ることができます。

各列の説明については、こちらをクリックしてください。
  • 名前: アプリケーション表示名
      • アプリが認識されていない場合、ドメインが代わりに表示されます
  • アクティブユーザー: 選択した日付の範囲内にアプリを使用して識別された、ユニークユーザーの総数
  • 組織の使用状況: アプリケーションを使用している組織の割合
      • アクティブユーザー数を、組織で識別された全ユーザー数で割ったもの
  • 使用頻度:大多数のユーザーが選択した日付の範囲内にアプリを使用する頻度
      • 特定の日付の範囲について計算します。アクティブ日数を合計日数で割ったもの
        • > 0.4 = 「毎日」
        • 0.14 – 0.4 =「週間」
        • < 0.14 = 「月間」
  • 平均アクティブ日数: アクティブユーザーが選択した日付の範囲内にアプリを使用する日数
  • 週間使用時間: アクティブユーザーがアプリで費やす週あたりの平均分/時間
  • カテゴリ: アプリケーションカテゴリ名
      • アプリのカテゴリが不明な場合、「その他」が表示されます
  • タグ: より良い組織のために作成してアプリに追加できるラベル
  • WalkMeシステム: アプリケーション用にWalkMeシステムが作成された場合の表示
      • プラス記号をクリックして、WalkMeシステムを作成する

タブを切り替えて、異なるビューを取得:

  • WalkMeアプリ: WalkMeシステムが作成されたアプリのフィルター付きリスト
  • 発見されたアプリ: WalkMeシステムが作成されていないアプリのフィルター付きリスト
ダッシュボードが情報を自動入力

ダッシュボードは、既知のアプリケーションのアイコン、カテゴリ、説明を自動入力します。 未知または自家製アプリケーションの場合、この情報を手動で編集できます。

アクションとフィルター

ダッシュボードから、特定のアプリケーションを名前で検索し、データをCSVまたはXLSXファイルにエクスポートできます。 さらに、列を管理し、並べ替え/フィルターを行ったり、アプリごとのアクティブユーザー数をクリックしてユーザーの完全なリストを表示したり、アプリ行にカーソルを合わせ、鉛筆アイコンをクリックしてアプリ属性を編集したりできます。 最後に、アプリ行上の任意の場所をクリックすることで、サイドパネルが明らかになり、そのアプリケーションに関する追加のインサイトと詳細を提供します。

また、技術スタック内のアプリケーションを追加して、リストを非表示またはブロック、グループ化、タグ付け、分割して管理することもできます。 これらのオプションは、ニーズを満たすためにアプリダッシュボードをカスタマイズするためのフレキシビリティを提供します。

アプリ行にカーソルを合わせ、オプションメニューをクリックして、以下のアクションにアクセスします。

  • アプリの編集
  • アプリを非表示
  • ブロックリストに追加

アプリの編集: アプリの編集をクリックすると、アプリ属性を更新できます。

  • 表示名、カテゴリ、関連URLを変更、またはアイコン画像をアップロードする

アプリを非表示アプリを非表示 をクリックして、ダッシュボードからアプリを非表示にする

  • 隠れたアプリには、引き続きデータが収集されます
  • ディスカバリー設定ページの[表示]タブから隠れたアプリを管理できます

アプリをブロックブロックリストに追加をクリックして、ダッシュボードからアプリをブロック

  • ブロックされたアプリは、データを収集できなくなります
  • ディスカバリー設定ページの[表示]タブから隠れたアプリを管理できます

グループアプリ: アプリを選択し、ダッシュボードでのアプリをより良くするために グループ をクリック

ユースケース:

  • 同じWalkMeシステムを持つ未確認アプリをグループ化
  • 同じベンダー(Microsoft、Adobe Suiteなど)からのグループ関連アプリ
  • 同様の機能を持つグループアプリ

グループ化アプリケーションは、グループに含まれる各アプリからのデータを結合し、親アプリ行のための一意のメトリックセットを計算*「親」アプリ行を生成します。

グループに含まれる各アプリは、独自のアプリ行として引き続き存在します。

親アプリ行は、名前、アイコン、カテゴリを編集する能力を維持します。

*再計算は24時間以内に実施
グループからアプリを削除するには、最初にすべてのアプリをグループ解除し、希望のアプリを再グループ化する必要があります。

拡張アプリビュー

組織内の個々のアプリの使用状況メトリックを深く掘り下げます。 アプリをクリックすると、サイドパネルビューを拡大し、豊富で詳細な使用状況データにアクセスできます。 これには、使用頻度、部門の内訳、訪問したページ、アプリに関連するDAPプロジェクト、追跡されたユーザーアクション、フォームの分析に関する情報が含まれます。

ウィジェット名をクリックすると、詳細が表示されます。

使用頻度

選択した日付の範囲内にユーザーがアプリを使用する頻度の割合の内訳。

特定の日付の範囲について計算します。アクティブ日数を合計日数で割ったもの

  • > 0.4:毎日
  • 0.14-0.4:週間
  • < 0.14:月間

部門の内訳

このアプリを使用しているトップ5部門を、以下に基づいて表示

  • アクティブユーザー数
  • 部門の割合
    • 部門のアクティブユーザーを部門内のすべてのユーザーで割ったもの

ページ

アプリ内の5ページで、定義された日付の範囲内でユーザーが費やした時間が最も長いページと最も短いページを表示します。

  • Salesforceなどの事前定義されたページを持つアプリで利用可能
  • すべてのページを表示」をクリックして、定義されたすべてのページのメトリックスを確認
    • ページ名
    • URL
    • アクティブユーザー
    • ユーザー別平均時間
    • 訪問

DAPプロジェクト

このシステムに関連する3つのアクティブプロジェクトを表示

  • デジタル導入プロジェクトに移動」をクリックして、各プロジェクトの詳細を探索
ユーザーアクションを追跡

直近5つの追跡イベントを過去7日間のメトリックとともに表示(範囲調整不可)

  • ユーザー
  • インタラクション数
  • トレンド

追跡イベントに移動」をクリックして、追跡イベントを表示して管理

フォーム分析

最もよく使用される上位3つのフォームと、以下のメトリック:

  • フォーム名
  • ビュー
  • 使用時間(アクティブ時間)

UIインテリジェンスに移動」をクリックして、すべてのフォームを表示します。 このウイジェットは、UIIをサポートするアプリケーションでのみ利用可能です。

WalkMe機能の活用

カテゴリ別にスコアされたWalkMe機能の内訳。

カテゴリ 基準 ポイント

自動化

公開スマートウォークスルーで使用される自動ステップクリックとオートフィルステップに基づく

合計10、各5

内容

以下が使用されている場合に基づきます:

自動起動

ゴール

キーワード

Launchers

ShoutOuts

SmartTips

スタートポイント

0 = 使用されていません

15 = 1-6が使用されます

30 = 7つすべてが使用されます

測定

少なくとも1つの追跡イベントが使用された場合に基づく

15

識別

設定されたUUIDに基づく

20

統合

Insightsでの完了した統合セットアップに基づく

25

スコアにカーソルを合わせ、各カテゴリの内訳、カテゴリの重み、スコアを表示

構築済みソリューションテンプレート

特定のアプリタイプ(Salesforce Lightningなど)向けの最も一般的な事前構築済みのソリューション(ソリューションアクセラレーター)。

  • ソリューションアクセラレーターに移動」、または表示されたオプションのいずれかをクリックして、WalkMeエディタでソリューションを開く

デスクトップアプリ

すでにWorkstationが有効になっている場合は、Discoveryを使用して、Microsoft Suite、Adobe、SAP、Zoomなどのアプリのデスクトップアプリケーションの使用状況を可視化できます。

注 – Discoveryがデスクトップ アプリケーションの使用状況を表示するには、Workstationクライアントがアクティブである必要があります。

ベータ

現在、ベータテスト中です。 カスタマーサクセスマネージャーまたはWalkMeの担当者にアクセスを要請してください。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

Be part of something bigger.

Engage with peers, ask questions, share ideas

Ask the Community
×

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

Mobile account login

< 戻る