アクションボットのプライバシーモード

Last Updated 6月 1, 2022 Download as PDF
image_pdf

概要

アクションボットのプライバシーモードは、エンドユーザーが入力した会話中のパラメーター(回答や入力)がWalkMeのサーバーやデータベースに送信および保存されないようにブロックします。

アクションボットの会話フローは、お客様側でのみ計算されます。 インサイトデータにはユーザーの回答が含まれないことを意味します。

プライバシーモードを有効にするには

  1. エディターから、[All Items(すべてのアイテム)]ドロップダウンの>[ActionBots(アクションボット)]に移動します。
  2. アクションボットエディターで、[Conversation(会話)]タブに移動します。
  3. プライバシーモードを有効にしたい会話の[Action(アクション)]の下にある鉛筆アイコンをクリックします。
  4. [文字を作成する]で、[Conversation Settings(会話の設定)]を展開します。
  5. プライバシーモードを有効にします。
  6. Save Conversation Settings(会話の設定を保存)]をクリックします。

完了しました

制限

プライバシーモードが有効になっている場合、以下のものはサポートされていません

  • 接続の呼び出し
  • Salesforce接続
  • Workday接続
  • ウェブ統合のアクションタイプは、ダイアログプロセッサーから会話データを取得し、プライバシーモードとの互換性がありません。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!
×

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

パートナーアカウントログイン

< 戻る