送信データ統合

Last Updated 2月 16, 2022 Download as PDF
image_pdf

概要

サードパーティーベンダーとWalkMe分析の統合は頻繁なリクエストの1つです。 外部プラットフォームはそれぞれ異なり、外部ソースからデータをインポートする独自の機能があります。

このニーズに対応するため、WalkMeはシステムから情報をエクスポートする方法を多数実装しています。 これらの方法は、分析プラットフォームにデータをインジェストする方法のための幅広いオプションをカバーします。 このページでは、現在利用可能なオプションの概要を説明します。

Insightsレポートサブスクリプション

スケジュールに基づいて、WalkMe Insightsからのレポートを提供されたメールアドレスに送信できます。

これを使用して、個人の受信者にレポートを送信できます。

レポートサブスクリプションの設定方法の詳細はこちらです。

Amazon S3の統合

追加レポート機能とセグメント化されたエンドユーザーエクスペリエンスのために、任意のサードパーティーのソフトウェアを接続します。

S3への統合は、スケジュールに基づいてAmazon Simple Cloud Storage(S3)バケットにInsightsレポートをエクスポートできます。 そしてこれを使用してデータウェアハウスまたはBIツールに接続することで、システムをさらに分析するとともに、組織内の他の担当者がWalkMeエンゲージメントを見ることができるようになります。

Amazon S3の送信統合の詳細はこちらです。

Salesforceデータ統合

SalesforceにWalkMeのデジタルアダプションプラットフォームからデータを組み込むことで、顧客のためのよりパーソナライズされたエクスペリエンスを作成します。

Insights Data Integration Centerの外部向け統合を使用すると、WalkMe InsightsからのデータにSalesforceでアクセスし、ワークフロー、レポートおよびアクティビティで使用できます。 このデータは24時間ごとに、協定世界時の午前9時に同期されます。

Salesforceの送信データの統合の詳細はこちらです。

Gainsightのデータ統合

Data Integration Center(データインテグレーションセンター)を使用してWalkMe InsightsからのデータをSalesforceを介してGainsightにプッシュし、ワークフロー、レポートおよびアクティビティで利用することができます。 このデータは、24時間ごとに協定世界時の午前8時に同期されます。

Gainsight統合の詳細はこちらです。

Webhooksを介してリアルタイムで送信するイベント

イベント自体がトリガーするWebhookなら、任意のシステムにリアルタイムのWalkMeイベント情報を配信できます。 つまり、遅延なく情報を受け取ることができるため、チームは即時性が重要な情報に基づいて即座に対応できるようになります。

Webhookは分析/BIツールにWalkMeイベントデータを追加したり、サードパーティのAPIをトリガーしたりすることに使用できます。

Webhooksの機能の詳細はこちらです。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

パートナーアカウントログイン

< 戻る