Multi-Language(多言語)ISO規格

Last Updated 10月 31, 2023

概要

ISO(国際標準化機構)規格は、言語を識別するための統一コードシステムを定めています。 これまで、WalkMeにはそのようなシステムがなく、ユーザーに追加アクションを要求し、問題を引き起こしていました。 これで、ISO規格が実装されました。

この記事では、ISO規格の利点、その機能、ユーザーが経験するさまざまなペインポイントを軽減する方法について説明します。

ISO規格実装の利点

  • 簡素化されたユーザーエクスペリエンス:ISO規格の実装により、言語識別プロセスを自動化し、ユーザーの手動による調査の必要性を排除します。
  • スムーズな統合:ISO規格を使用して、言語コードをサードパーティの企業と調整することで、互換性の問題を解消します。
  • オートメーションの改善:システム作成から最終的な翻訳コンテンツまでの翻訳の同期(アプリケーション言語、翻訳サービス言語、およびWalkMe言語間)。
  • 方言サポート:ISO規格は世界規模の言語コードフレームワークを提供し、さまざまな方言も簡単にサポートします。

使用方法

言語設定

管理センター – Text & Multi-Language – 言語設定のセクションで、ユーザーはISO規格に移行できます。 ISO規格コードを使用していない言語の横、および画面の右上隅にボタンが表示されます。 クリックすると、ISO規格に移行したい言語をユーザーが選択できます。

新しい言語の追加

新しい言語を追加すると、ユーザーはISO規格の言語リストから目的の言語を選択するように求められます。

言語が選択されると、対応する言語コードがISO規格に基づいて自動的に追加されます。

ユーザーがカスタマイズされたコードに変更すると、Locale (ISOコード) への切り替えを示唆するボタンが表示されます。

言語の編集

ユーザーが既存のコンテンツがない言語を編集すると、新しい言語を作成するときと同じ方法で別の言語から翻訳をインポートするオプションがあります。

ユーザーがすでにコンテンツを含む言語を編集する場合は、インポートオプションは利用できません。 代わりに、インポートオプションを使用する方法を説明するノートが表示されます。

ユーザーがISO規格に準拠していない名前で言語を編集すると、ISO規格への切り替えを示唆する警告メッセージが表示されます。 ユーザーがISO規格リストから言語を選択すると、メッセージは消えます。

デフォルト言語のISOコード(新規)

  • デフォルト言語の言語名とISOコードの 更新が可能になっています
  • ユーザーがデフォルトの言語を設定すると、エクスポートページが有効になります
  • 顧客は、エクスポート機能(ISO 639-1、ISO 639-3、またはロケール)で使用するコード形式を選択できます

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

Be part of something bigger.

Engage with peers, ask questions, share ideas

Ask the Community
×

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

Mobile account login

< 戻る