ワークステーションコンソールでの設定ページ

Last Updated 1月 2, 2023

概要

ワークステーション用の管理インターフェイスは、WalkMeコンソールで使用できます。 ワークステーションシステムは、ワークステーションをまだ持っていないアカウントのすべての管理者ユーザに対して、ワークステーションコンソールアプリケーションから作成できます。 コンソールユーザーは、ワークステーションで有効にする統合を管理することもできます。

設定ページ

設定ページは、ワークステーションに必要なすべての設定を一元管理する場所です。

次の2つのセクションで構成されています:

SSOセクション

このセクションでは、ユーザがワークステーションにサインインする方法に関連する設定を示します。

  • 「検出されたIDPプロバイダー」は、ワークステーション上で現在設定されてイネーブルになっているIDPプロバイダーを示すダイナミック読み取り専用フィールドです。

運用環境、テスト環境、または成功環境のワークステーションでイネーブルにするように管理センターから設定されたすべてのIDPの表示をサポートします。 (カスタム環境はサポートされません)

異なる環境で複数のIDPがイネーブルになっている場合は、両方が表示されることが予想されます。
IDPシステム割り当てが更新された場合、このフィールドに最新の更新された状態を表示するには、ページのリフレッシュが必要です。

会社ドメイン

ワークステーションを使用すると、G-SuiteなどのソーシャルコネクタをIDPの代替ログインメカニズムとして使用できます。

ユーザーのEメールのドメイン部分とお客様固有のワークステーションシステムとの間に、ワークステーションシステムがマッピングされていることをサポートするためです。

  • ドメインフィールドは、そのドメインの設定を保持します。
    • 例:G-suiteを業務用Eメール(jack.k@mycompany.com)でサービスにログインするために使用する場合、ドメイン入力フィールドの予想値はmycompany.comである必要があります。
  • お客様は、必要に応じてこのフォームからこの値を編集できます。 これにより、IDPを使用しない場合、すべてのユーザが再度ログインする必要があることに注意してください。
  • ドメインベースの認証が機能するには、現在の環境およびワークステーションシステムでIDPを有効にしないでください。 イネーブルにされたIDPは、ドメインベースの設定よりも優先されます。
  • 特定のJSON設定ファイルを含めずにワークステーションをロードした場合、ワークステーションはどのシステムをロードすべきか分からず、デフォルトのシステムをロードします。 ユーザがログインしようとするEメールのドメイン部分を分析することにより、ワークステーションはその値に基づいて適切なシステムでワークステーションをリロードします。
  • ドメインフィールドには複数の値を入力できます。 さらに値を追加するには、「ドメインの追加」をクリックします。

モバイルセクション

  • モバイルWalkMe Workstationは、お客様のMasterエクステンションプロファイルにリンクされている必要があります。 このプロファイルを使用して、異なるサイトにロードする必要があるWalkMeアカウントとシステムを特定します。
  • このセクションには、現在リンクされているMasterエクステンションプロファイルのカスタマー名とプロファイル名が含まれます。

フィードバック

  • フィードバックボタンを非表示または変更できるようになりました
  • 上書きする場合は、任意のカスタムURLを使用できます。
  • デフォルト設定のままにするオプションもあります – ワークステーションのフィードバックボタン

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!
×

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

Mobile account login

< 戻る