Support
Welcome to WalkMe support

Please login in order to continue:

Work flows better with WalkMe
Work flows better with WalkMe.

エディタ組織とネーミング規約

Last Updated 11月 16, 2023

概要

WalkMeエディタ での コンテンツの組織の標準化とネーミング規約 は、プロジェクトレベルでデジタル導入アプローチを正式化するために取ることができる最も簡単なステップの1つです。 これには、WalkMeアイテムとWalkMインサイトの両方で、 フォルダ、サブフォルダ、個々のWalkMeアイテムのネーミングと分類のルールが含まれます。

ここでの標準化のメリットには、技術的負債の削減、アイテムを見つける時間の短縮、すでに存在するコンテンツを複製するリスクの低減、メンテナンスの負担の軽減が含まれます。

注記: 標準化するということは、新しい標準が導入されることに対する説明責任でもあります。 公開前のチェックポイントなど、新しい基準への準拠を確認する方法と プロジェクトリーダーまたはプログラムマネージャーなどの所有者を指定ます。

これがプログラムに与える影響

✅ 運用化のメリット

  • 実装チームメンバーの変更のリスクを軽減
  • 1つのエディタで作業する複数のサイロ化されたビルダーチームのリスクを軽減

❌ 運用不能のリスク

  • 効率損失
  • プロジェクトサイクルを短縮
  • ビジネスステークホルダーの価値実現までの時間を短縮

ネーミング規約

エディタでのWalkMeアイテムのベストプラクティス

  • WalkMeアプリケーションタイプ(スマートウォークスルー、スマートチップなど)を名前の一部として追加するのは避けてください
  • ランチャーボタンにエンドユーザーの一般的なアクションテキスト(例、「ヘルプミー」)がある場合は、エディタ名をもっと詳しく記述してください
ヒント

アイテムタイプ別に最適化されたネーミング規約の例を次に示します。

Smart Walk-Thru

  • 代わりに: 機会SWTを作成
  • 使用: 機会の作成

スマートチップ

  • 代わりに: Help Me
  • 使用: 機会ページミニメニュー

Launcher

  • かわりに: インビジブルランチャー
  • 使用: 機会「保存」検証ゲート

WalkMe Menu にアイテムが表示された場合 (例、スマートウォークスルー、リソース、またはサーベイ)、エディタ上の名前はエンドユーザーが見る名前と同じになります。

Engaged Elements追跡エベント向けベストプラクティス

SegmentやMixpanelなどの行動分析ソフトウェアは、オブジェクト - アクションモデルを促進し、Engaged Elementsおよび/または追跡イベントが簡潔で一貫性があり、理解しやすいようにします

作業するシステムの多くの複雑さを考慮すると、(モバイルアプリケーション、または一般的なアプリケーションと比較して)具体的な プロセス についても言及することを推奨します。

  • プロセス - オブジェクト - アクション モデル を使用する
ヒント

Here are examples of Tracked Events using the プロセス - オブジェクト - アクション フレームワークを使用した追跡イベントの例はこちら。

  • 請求書 - 新しいPOフォームをリクエスト - ページビュー
  • 請求書 - 新しいPOフォームをリクエスト - クリック
  • 請求書 - 新しいPOフォームを提出 - クリック

追跡イベントおよび/またはEngaged ElementsデータをITまたは製品のステークホルダーに送信する場合は、明確で一貫性のあるネーミング規約が特に重要です。 これにより、混乱を軽減し、ステークホルダーとデジタル導入チーム間の余分なコミュニケーションの必要性を排除できます。

エディタフォルダ管理

ここでのベストプラクティスには、次のものがあります。

  • ビルダーまたはフェーズではなく、モジュールまたはプロセス別にフォルダタイプを標準化
  • 略語を標準化
  • サブフォルダの使用の範囲を検討してください(メンテナンスと潜在的なビルダーを念頭に置いて慎重に設定)

はじめに:標準化するためのチェックリスト

この分野で標準操作手順を作成する際の考慮事項は、以下です。

ネーミング規約チェックリスト

☐ 個々のフォルダとサブフォルダをネーミングするための基準は何か?

☐ 個々のWalkMeアイテム(Engaged Elementsを含む)にネーミングするための基準は何か?

☐ 一部のデプロイ可能な名前は、メニューでエンドユーザーに表示されると考えたか?

☐ インサイトで追跡イベントをネーミングするための基準は何か?

☐ セグメンテーションタグのネーミング基準は何か?

☐ 導入プロジェクトのネーミング基準は何か?

☐ レポートビルダーを使用する際のレポートネーミング基準は何か?

公開前チェックポイントチェックリスト

☐ ソリューションがこれらの基準を遵守することを保証するためのプロセスは何か?

☐ ソリューションのチェックは誰が責任を持ち、プロセスのどの段階で責任を持つか?

☐ 準拠性を確保するために、稼働(ゴーライブ)後にエディタを監査するためのプロセスは何か? この種のレビューは、どのくらいの頻度で発生するか?

管理チェックリスト

☐ これらの手順は、規模の優先順位付けと管理時間を短縮するために、どのように文書化されているか?

☐ どのくらいの頻度でレビューされるか?

☐ それらを執行する責任を負うのは誰か?

☐ 手順に提案された変更がある場合、それらの変更を承認するのは誰か?

☐ これらの基準のロールアウトが成功したかどうかをどのように知るか? 成功を測定するための明確な方法はありますか? 明確なフィードバックループはありますか?

☐ これらの手順に変更/追加がある場合、それらを伝える責任を負うのは誰か? 変更は、どのように伝達されるか/誰に伝達されるか?

Additional Resources & Peer Connections

WalkMe コミュニティーを訪問して、仲間と一緒にこの知識を実践してください -

  • チャンピオンツールキットからスライドデッキ、リソース、ツールをダウンロードする
  • Strategy & DAPtics(毎月ミーティングを行い、リソースを共有し、デジタル導入戦略について議論するピア主導のグループ)に参加する

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

Be part of something bigger.

Engage with peers, ask questions, share ideas

Ask the Community
×