Support
Welcome to WalkMe support

Please login in order to continue:

Work flows better with WalkMe
Work flows better with WalkMe.

デスクトップレガシーとのセグメンテーション

Last Updated 5月 28, 2024
デスクトップレガシー

この文書は、デスクトップのレガシーユーザーにのみ適用されます。 WorkstationでActive Directoryはサポートされていません。Workstationユーザーの場合は、このこちらの記事を参照してください

概要

セグメントでは、WalkMeコンテンツを一部のユーザーグループに表示できますが、他のユーザーグループには表示できません。 WalkMe アイテムが特定のユーザーまたは条件に関連していない場合、セグメンテーションを使用して非表示にすることができます。 これによってユーザーは利用可能なタスクに集中すると共に、画面上やウィジェット内の煩雑さを減らすことができます。

  • WalkMeコンテンツを特定のユーザーにセグメント化し、より的を絞ったガイダンスを実現
  • セグメンテーションセンターを使用してコンテンツを整理し、専用のDesktopアプリケーションフォルダーを作成。

Segmentation

アクティブなDirectoryセグメンテーション

Windowsのバージョン3以降にてサポート

WalkMeデスクトップは、アクティブディレクトリを使用してセグメンテーションを許可します。

例:シャウトアウトにおけるActive Directoryセグメンテーションの使用

  1. シャウトアウトを開き、設定アイコンをクリックします。
  2. [エンゲージメント]タブで、ルールに従って再生を選択する
  3. Active Directoryを使用してルールを作成する

Active Directoryを使用する場合、ユーザーはセキュリティグループと組織単位(OU)に割り当てられます。

このシステムでは、OUへのユーザーの割り当て(「ユーザーはOUの下にある/(ない)」)またはグループに属するユーザー(「グループのユーザーメンバーである/(メンバーではない)」)によってルールを作成できます。

例えばX部署」のユーザーは、次のグループに割り当てられます。

  • ドメインユーザー
  • 全員
  • ニューヨーク支社

このユーザーのシャウトアウトをセグメント化するには、Active Directoryルールタイプを作成し、条件としてグループのユーザーメンバーを選択し、変数フィールドにX部署を入力する必要があります。

結果として、シャウトアウトはX部署のユーザーにのみ表示されます。

Active Directoryのグループおよび組織構造へのユーザーの割り当てるには、IT部門にお問い合わせください

シャウトアウト制限

デスクトップレガシーを使用する場合、[無料]レイアウト動作のシャウトアウトのみがサポートされます。

IDPによるセグメンテーション

また、IDPデータを使用しても利用できます。 これを有効にする前に、インサイトから選択したシステムに統合を設定する必要があります。 この設定の完了後、カスタマーサクセスマネージャーまたはWalkMeの担当者に連絡して有効にしてください。

IDP Integration

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

Be part of something bigger.

Engage with peers, ask questions, share ideas

Ask the Community
×