1. Home
  2. WalkMe Desktop (デスクトップ)
  3. デスクトップ向けのコンテンツ構築
  4. デスクトップとワークステーションでのセグメンテーション

デスクトップとワークステーションでのセグメンテーション

更新日 1月 5, 2021 Download PDFDownload as PDF
Download PDF

概要

セグメントを使用すれば、アイテムを特定のユーザーにプッシュしたり、ユーザーのビューからアイテムを削除したりできます。 Smart Walk-Thrusを一部のユーザーグループだけが表示できるようにするには、セグメンテーションセンターを利用してそれらをセグメント化します。 ローカルセグメンテーションを使用して、表示条件をさらに絞り込むことも可能です。

意図的なセグメンテーションはビルドの重要な部分です。 WalkMe アイテムが特定のユーザーまたは条件に関連していない場合、セグメンテーションを使用して非表示にすることができます。 これによってユーザーは利用可能なタスクに集中すると共に、画面とデスクトッププレーヤーメニューの混乱を減らすことができます。

  • WalkMeコンテンツを特定のユーザーにセグメント化し、より的を絞ったガイダンスを実現
  • セグメンテーションセンターを使用してコンテンツを整理し、専用のデスクトップアプリケーションフォルダーを作成

使用方法

セグメンテーションは、WalkMeソリューションをデスクトップで構築する際に不可欠なツールです。

セグメントは、ルールでセグメントを定義するまで(エンドユーザーではなく)WalkMeエディターに表示されるものにのみ影響します。 セグメントは、ルールエンジンからビルド可能な条件のいずれかを使用して作成できます。 例えば、セグメントを作成することで変数、日付、画面上の要素、またはURLによりWalkMeアイテムを整理、フィルタリングすることができます。

注:

画面上の要素を使用したセグメンテーションは、デスクトップワークステーションでは使用できません。

WalkMeがページに読み込まれるとすぐに、アイテムのセグメントが確認されます。 アイテムが表示される前に、セグメントはTrueである必要があります。 セグメントのないアイテムは常に表示されます。

アクティブなDirectoryセグメンテーション

Windowsのバージョン3以降にてサポート

WalkMeデスクトップの統合およびワークステーションは、Active Directoryを使用したセグメンテーションを可能にします。

注:

ラベルの分割はまだ有効ではありません。

セグメンテーションルールは、ShoutOutsの再生ルールやSmart Walk-Thruなどの限られた場所に適用できます。

ShoutOutsにおけるActive Directoryセグメンテーションの使用

  1. 鉛筆アイコンをクリックして、ShoutOutの設定を開きます。
  2. [エンゲージメント]タブで、ルールに従って再生を選択します
  3. Active Directoryを使用してルールを作成します。

Active Directoryを使用する場合、ユーザーはセキュリティグループと組織単位(OU)に割り当てられます。

このシステムでは、OUへのユーザーの割り当て(「ユーザーはOUの下にある/(ない)」)またはグループに属するユーザー(「グループのユーザーメンバーである/(メンバーではない)」)によってルールを作成できます。

例:

例えば「X部署」のユーザーは、次のグループに割り当てられます。

ドメインユーザー、全員、ニューヨーク支社、X部署

注:

Active Directoryのグループおよび組織構造へのユーザーの割り当てを取得するには、IT部門にお問い合わせください

このユーザーのShoutOutをセグメント化するには、ルールタイプで「Active Directory」を選択し、条件として「グループのユーザーメンバー」を選択して、変数フィールドに「X部署」と入力します。

結果として、ShoutOutはX部署のユーザーにのみ表示されます。

この記事は役に立ちましたか?

< 戻る