Activity Board

Last Updated 11月 29, 2022

概要

console.walkme.com/activity-boardでアクセスできるコンソールのActivity Boardアプリは、WalkMeコンテンツのパフォーマンスを理解および分析するための重要なデータを提供します。 Activity Boardは、1週間のワークフローの一部としてWalkMeコンテンツを最適化するために、ユーザーが効果的に行動できるような「一目でわかる」インサイトを提供します。

主な特徴:

  • 重要なインサイトへのクイックアクセス
  • データが視覚化されており整理しやすい
  • 毎週更新
  • 購読、共有、エクスポートが簡単に

ユースケース

  • アカウントのステータス(システムの数、本番環境のアイテムの数、チームメンバーの数)をすばやく確認します。
  • 何が動作している/していないかを識別し、学習結果を活用してコンテンツを最適化します。
  • どのコンテンツが壊れているか、それはなぜかを識別します。
  • どのコンテンツが使用されておらず、削除または更新すべきかを把握します。

使用方法

一般的な指標

  1. 日付範囲
    • ダッシュボードが情報を表示している日付を表示します。
    • 現在は固定のウィークリービューに制限 – 編集不可
  2. エクスポートと購買ボタン
    • ダッシュボード情報を含む.pngまたは.pdfをエクスポートします。
    • WalkMeのアクティビティアップデートを毎週購読し、ボードビューを確認できます。
  3. ビューヘッダー
    • ビューを編集する場合は、名前の横へ移動し、オプションメニューをクリックします。
    • :ビューが1つしかない場合は削除できません。
  4. 「+ Add View (ビューの追加)」ボタン
  5. 選択されたシステム
    • ボードビューに表示されているシステムを一覧表示します。
    • デフォルトでは、割り当てられたすべてのシステムが選択されます。
    • システムをクリックすると、[Modify Board View(ボードビューを変更)]パネルが開きます。
  6. WalkMe上のシステム
    • アカウントの合計システム数と、最終計算時からのシステム数の変化率が表示されます。
    • ウィジットにカーソルを合わせると、先週以降に追加されたシステムが一覧表示されます。
    • ウィジットをクリックすると、システムを管理できるadmin.walkme.com/systemsが開きます。
    • :ボードビューが変更された場合でも、アカウント全体のすべてのシステムはこちらで引き続き確認できます。
  7. 本番環境のアイテム
    • 本番環境で公開された合計アイテムの数と、最終計算時からのアイテム数の変化率が表示されます。
    • ウィジットにカーソルを合わせると、先週以降に追加されたアイテムが一覧表示されます。
    • 最終計算時からのアイテム数の変化率が表示されます。
    • :すべてのタイプのWalkMeコンテンツが含まれます。
  8. チームメンバー
    • アカウントの合計チームメンバー数と、最終計算時からの変化率が表示されます。
    • ウィジットにカーソルを合わせると、先週以降に追加されたメンバーが一覧表示されます。
    • ウィジットをクリックすると、ユーザーを管理できるadmin.walkme.com/users-and-roles/usersが開きます。
    • :ボードビューが変更された場合でも、アカウント全体のすべてのチームメンバーはこちらで引き続き確認できます。
  9. 未使用のアイテム
    • Production環境に公開されてから少なくとも30日経過し、その間にエンゲージメントが0になった「未使用のアイテム」数が表示されます。
    • 最終計算時からの未使用のアイテムの変化率が表示されます。
    • ウィジットにカーソルを合わせると、先週以降の新しい未使用のアイテムが一覧表示されます。
    • :すべてのタイプのWalkMeコンテンツが含まれます。

ヒント:[Unused Items(未使用のアイテム)]ウィジットをクリックすると、検索、列のカスタマイズ、エクスポートが可能なアイテム名、タイプ、システムを含むテーブルが開きます。

最もエンゲージメントの高いワークフローコンテンツ

スマートウォークスルー、スマートチップ、シャウトアウト、ランチャーのうち、週間エンゲージメントが最も高いものを表示します(ユニークではありません)。 ウィジットをクリックすると、上位100アイテムのテーブルが開きます。

  1. システムのタイプと名前
  2. ユニークユーザー数
  3. インタラクション数
  4. 列の追加や削除でカスタマイズしてエクスポートすることができる、最もエンゲージメントの高い上位100アイテムのテーブルが開きます。
  5. 前週のエンゲージメントからの変化率


ヒント:アイテム名をクリックすると、エディターで直接アイテムが開きます。 これは、複製したり、なぜ正常に動作しているのかを詳しく調べたい場合に便利です。

最もエンゲージメントの低いワークフローコンテンツ

スマートウォークスルー、スマートチップ、シャウトアウト、ランチャーのうち、週間エンゲージメントが最も低いものを表示します(ユニークではありません)。 ウィジットをクリックすると、上位100アイテムのテーブルが開きます。

  1. システムのタイプと名前
  2. ユニークユーザー数
  3. インタラクション数
  4. 列の追加や削除でカスタマイズしてエクスポートすることができる、最もエンゲージメントの低い上位100アイテムのテーブルが開きます。
  5. 前週のエンゲージメントからの変化率

ヒント:アイテム名をクリックすると、エディターで直接アイテムが開きます。 これはアイテムを編集またはアーカイブしたい場合に便利です。

WalkMe機能の利用

システムが機能の活用に関連する定義された目標を達成したかどうかを示すヒートマップが表示されます。

  1. システム名
  2. 識別
    • 定義された目標:
      1. UUIDが定義されました
  3. 自動化
  4. 内容
  5. 測定
  6. 統合
    • 定義された目標:
      1. 統合の設定が完了しました
  7. ヒートマップの縮尺
    • 🟢 緑 = 利用完了しました
    • 🟠 オレンジ = 一部利用完了しました
    • 🔴 赤 = 利用完了していません

修正するスマートウォークスルー

計算対象週のエラー数が最も多いスマートウォークスルーおよびウォークスルー(一意でない)が表示されます。 ウィジットをクリックすると、上位100アイテムのテーブルが開きます。

  1. システムとスマートウォークスルー名
  2. 列の追加や削除でカスタマイズしてエクスポートすることができる、エラーがある上位100のスマートウォークスルーのテーブルが開きます。
  3. エラー数

:第1ステップのみ再生に失敗したスマートウォークスルーとウォークスルーのリストが含まれます。 インサイトのウォークスルーエラーレポートには、再生に失敗したステップを含むスマートウォークスルーとウォークスルーのリストが含まれているため、数値が異なる場合があり、レポートでは壊れたアイテムの数が多く表示される場合があります。

最も多く検索された用語

週間検索数が最も多いメニュー検索語(一意でない)が表示されます。 ウィジットをクリックすると、上位100アイテムのテーブルが開きます。

  1. システムとアイテム名
  2. アクションが発生した検索数
  3. 列の追加や削除でカスタマイズしてエクスポートすることができる、最も検索された上位100アイテムのテーブルが開きます。
  4. 検索数

ヒント:検索語をクリック すると、メニューオーガナイザーが開き、データを利用することができます。 例えば、WMコンテンツがまだ作成されていないものを検索したり、もっと上位に掲載されるべきガイドをよく検索したりします。

ボードビューを追加する

関連するシステムデータがグループ化されていることを確認するために、新しいボードビューを作成することができます。 たとえば、セールス部門に関連するすべてのシステムです。

  1. 「+ ビューを追加」をクリックして、新しいボードビューを追加します。
  2. ビューに名前を付け、そのビューでデータを表示するシステムを選択できます。
  3. [Save(保存)]をクリックします

ヒント

  • 表示されないビューにアクセスするために 「+ 1 more」 を使用します。
  • ドロップダウンからドラッグ&ドロップすることで、ビュー順を再度作成できます。
  • より多くのオプションアイコンを使用して、ビューを編集、複製、削除します。

ボードビューを編集する

  1. ビューアクションを編集する
    • 「Edit(編集)」 – ボードビューを編集するサイドパネルを開きます
    • 「Duplicate(複製)」 – 変更できる複製ビューを作成するサイドパネルを開きます
    • 「Delete(削除)」 – このビューを削除します
  2. 選択されたシステム
    • システムをクリックしても、[Edit Board View(ボードビューを編集)]パネルが開きます
  3. 表示名
    • ビュー名を編集する
  4. システムを選択
    • 割り当てられたデータから、データを表示するシステムを選択または選択解除します
  5. すべて選択 / すべて選択解除
    • 割り当てられたすべてのシステムを選択または選択解除します。
  6. ビューをリセット
    • 最終保存またはデフォルトにビューをリセット(割り当てられたすべてのシステムを選択)します。
  7. キャンセル / 保存
    • 編集したビューをキャンセルまたは保存します

メール購読

アクティビティボードの閲覧状況を毎週メールでお知らせします。

メールは、毎週月曜日の午前9時(UTC時間)に送信されます。

  1. [購読] ボタンをクリックします。
  2. アップデートを受け取りたいアクティビティボードのビューを選択します。
    • :選択したビューごとに、個別のサマリーメールが送信されます。
  3. 購読をクリックします。
  4. 毎週のアップデートをお楽しみください。

注: 購読内容を変更したり、購読を中止したい場合は、同じ手順で[ 購読の管理 ]ボタンをクリックし、毎週更新を見たいビューの選択を解除または追加して、[ 保存] をクリックしてください。

制限

  • ボードビューは最大10件の保存が可能です
  • 週単位の時間枠、カスタマイズ不可
  • ユーザーごとに割り当てられたすべてのシステムが表示されます。
  • Production環境データのみで、他の環境はサポートされていません
  • ビューが複数ある場合にのみ削除できます
  • 毎週の購読メールは、毎週月曜日午前9時(UTC)に送信されます。
  • 今のところ、購読メールの送信時刻を変更する方法はありません。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!
×

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

Mobile account login

< 戻る