1. Home
  2. はじめに
  3. Player – WalkMeのエンドユーザーエクスペリエンス

Player – WalkMeのエンドユーザーエクスペリエンス

更新日 5月 24, 2020 Download PDFDownload as PDF
image_pdf

実装モデル

WalkMe をデプロイする際、プレーヤーのスニペットをウェブサイトのコードに直接挿入するか、WalkMe の拡張機能を使用することができます。 WalkMe の拡張機能はエンドユーザーがダウンロードしたり、 IT 部門が一括でデプロイしたりすることができます。

WalkMe スニペット

サイトの HTML にプレーヤーのスニペットを追加する

多くのお客様にとって、サイトの HTML コードにスニペットを直接挿入するのが最善です。 HTML コードにスニペットを直接挿入すると、サイトを訪問するすべてのユーザーに WalkMe が表示されるようになります。 WalkMe を表示するために何かをダウンロードしたり、インストールしたりする必要がないため、このオプションは外部向けのアプリケーションの間で特に人気があります。

お客様はウェブサイトやアプリのコードにアクセスして、プレーヤーのスニペットを直接追加する必要があります。 スニペットコード自体はエディターからアクセスでき、各アカウントに独自のものです。

WalkMe Saas モデル (推奨方法)

WalkMe の SaaS モデルでは、WalkMe ソフトウェアは Amazon Web Services (AWS) 上で保持されます。 WalkMe のサーバーは Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) 内にあり、WalkMe のコンテンツとロジックの詳細は Amazon Relational Database Service (RDS) に保存されています。

公開されたコンテンツはすべて Amazon Simple Storage Service (S3) に保存された上で、アカマイのコンテンツ・デリバリー・ネットワーク (CDN) にただちに展開し、すべての WalkMe エンドユーザーに高速ダウンロードを提供します。 このアーキテクチャーでは、お客様からの実装がゼロになる必要があります。お客様はウェブサイトの HTML ページに WalkMe スニペットを追加したり、エンドユーザーに WalkMe のウェブ拡張機能をデプロイしたりするだけで済みます。

WalkMe セルフホスティングモデル

WalkMe のコンテンツデータが Amazonで保存される Pure SaaS モデルとは異なり、セルフホスティングモデルではお客様がウェブサーバーに WalkMe のコンテンツを保存することができます。 これにより、エンドユーザーのブラウザーでお客様のウェブサイトと WalkMe のデータを同じウェブサーバーからダウンロードすることができます。

セルフホスティングモデルでは、コンテンツの作成自体は WalkMe のサーバーで発生します。 お客様が公開のイベントで作成された WalkMe Insights のコンテンツファイルを取得、ホストするには、これらのファイルを WalkMe Insights からダウンロードし、選択したローカルウェブサーバーに手動で保存する必要があります。 新しいパッケージの手動でのダウンロードに対する代替方法の1つは、WalkMe のセルフホスティング API を使用してセルフホスティングパッケージの新しいコピーを要求することです。

WalkMe のセルフホスティング API にアクセスするについては、WalkMe チームまでお問い合わせください。

セルフホスティングの際、お客様は WalkMe データファイルをキャッシュする責任を負います。 原則として、WalkMe データファイルのキャッシュタイムは以下のように S3 サーバーでのキャッシュタイムに合わせて調整する必要があります。

  1. スニペットファイル (例:walkme_ad62641c4a1949d6aabaf3291ede28bd_htts.js) – キャッシュタイムは 1 日です (最大年齢 = 86400)
  2. 設定ファイル (settings.txt)
    生産やカスタム環境の場合、キャッシュタイムは 15 分です(最大年齢 = 900)。テストやサクセスの場合、キャッシュタイムは 5 分です(最大年齢 = 300)。
  3. データファイル (例:data_c3fe4caa6b45405aa33e0bfe600b7d75.js, data_c3fe4caa6b45405aa33e0bfe600b7d75_es.js) – キャッシュタイムは 1 年です (最大年齢 = 31536000)
  4. ウィジェットファイル (例:widget_02449c3b1fe64510b82af00cc417d485.js) – キャッシュタイムは 1 年になります (最大年齢 = 31536000)
  5. walkme_config ファイル (例:walkme_config_bbd8ad778afd45f5affdc525677b5a17.js) – キャッシュタイムは 1 年になります (最大年齢 = 31536000)
  6. リブファイル (プレーヤー/リブフォルダーのすべてのファイル、 例:maketutorial_lib_3320.js) – キャッシュタイムは 1 年になります (最大年齢 = 31536000)
  7. リソースファイル (プレーヤー/リソースフォルダーのすべてのファイル、例:wmjQuery14231.js) – キャッシュタイムは 1 年になります (最大年齢 = 31536000)
  8. プレリブファイル (例:prelib-plugin-90596a6d-7fbe-48dd-acf8-de5d69b0556b.js) – キャッシュタイムは 1 年になります (最大年齢 = 31536000)

セルフホスティングのサーバーの設定方法についての詳細は、サポート記事をご覧ください。

タグマネージャーによる挿入

Google Tag Manager または Adobe Tag Manager や Tealium などのタグマネージャーを使用すると、各ページにスニペットを埋め込む必要がなくなるため、ウェブサイトの HTML への WalkMe スニペットの埋め込みが簡単になります。

タグマネージャーの下で新しいスクリプトを追加したり、<スクリプト>タグなしで WalkMe スニペットを追加したり、すべてのページで挿入設定がなされていることを確認したりするだけになります。

Google Tag Manager の詳細については、サポート記事をご覧ください。

デプロイメントの方法

WalkMe プレーヤーの拡張機能

プレーヤーの拡張機能は、サイトのソースコードに直接コードを貼りつけられないお客様向けのオプションです。 プレーヤーの拡張機能は各ユーザーのブラウザーにローカルにインストールされ、ロードされている各ページのコードにスニペットを挿入します。 プレーヤーの拡張機能をインストールする方法はいくつかあります。以下で説明します。

一括提供

アプリケーションのコードにアクセスできないお客様は、プレーヤーの拡張機能を利用して一括インストールでデプロイされることをお勧めします。 一括インストールはエンドユーザーからのアクションを要求せず、導入を増加させ、IT 部門で簡単に実装や制御を行うことができます。

高いレベルの観点からは、自動化スクリプトと組み込みのデプロイ機能、および SCCM、G-Suite、GPO などの内部管理ツールを使用して、エンドユーザーのブラウザーで WalkMe 拡張機能を有効にすることで一括デプロイを実現します。

一括デプロイには 2 つの部分があります :

  1. インストール : 拡張パッケージをエンドユーザーにデプロイします。 これは通常、Firefox または Internet Explorer の場合は MSI (「汎用」拡張) を使用、または Chrome の場合は CRX (Chromeストアでの存在をサポートするため) を使用することで拡張機能をエンドユーザーのブラウザーに配置することを意味します。
  2. 設定 : 会社の WalkMe Editor から公開アイテムをロードするように拡張機能を設定します。 レジストリーを使用してプロファイル設定を識別します (Cookie、ブラウザープロファイル設定、またはレジストリーキーによる) 。

詳細なマスター拡張ガイドについては WalkMe チームが提供します。

オールインワンインストーラー

WalkMeのオールインワンインストーラーにより、ITチームは1つのインストーラーファイルを使ってあらゆるブラウザータイプにわたりWalkMeマスター拡張機能を広くデプロイすることが可能です。 オールインワンインストーラーでは、1 つのファイルを簡単にインストールしたり、クロスブラウザー使用を許可したり、デプロイメントのエラーや不具合を最小限に抑えたりすることで、新しいユーザーが一括デプロイメントのプロセスを簡単に完了できるようにします。 ユーザーやIT担当者がこのファイルを実行するだけで、関連するコンピューターに自動的にインストールされます。

サポートされるブラウザー:

Internet Explorer Edge Safari(12v 以降) Firefox Chrome
Windows
Mac

前提条件:

  • オールインワン(AIO)インストーラーを使用してWalkMeを適切に実装するには、以下の条件が満たされている必要があります。
  • 手動でインストールする場合でも、一括デプロイ(Internet Explorerでは必須)の場合でも、ブラウザーにマスター拡張機能がインストールされていてはいけません。
  • マスター拡張機能がブラウザーにインストールされている場合、AIOを使用してWalkMeをインストールする前に削除してください。

オールインワンインストーラーについての詳細は、サポート記事をご覧ください。

手動インストール

プレーヤー拡張機能の一括インストールが不可能の場合、ユーザーは拡張機能を手動でインストールすることができます。 プレーヤーの拡張機能を手動でインストールするには、ユーザーはプレーヤー拡張機能のインストールページで単一の URL を設定します。 プラットフォームによっては、以下のようなパッケージインストーラーソリューションを使用することもできます。

選択したプラットフォームでは、ユーザーがクリックしてプレーヤーの拡張機能をダウンロードしたり、インストールしたりするよう奨励するバナーを作成できます。 現在、以下のアプリケーション向けにこのメソッドをサポートしています。

  • Salesforce
  • SuccessFactors
  • Office365
  • Microsoft Dynamics

お好みのデプロイメントのタイプを WalkMe チームにお知らせください。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

関連記事

< 戻る