コミュニケーションセンターでオーディエンスを作成する方法

Last Updated 2月 11, 2024

概要

WalkMeコミュニケーションセンター(ComCenter)では、特定のオーディエンスを含む組織全体で通知を作成して送信できます。

オーディエンスでは、通知を送信する人を指定できます。 新しい機能で営業チームにお知らせする必要がありますか? オーディエンスを作成します。 北東米国販売チームのみに通知する必要がありますか? オーディエンスを作成します!

オーディエンスでは、組織の任意の部分と簡単に接続できます。

コミュニケーションセンター>オーディエンスに移動して、オーディエンスにアクセス

オーディエンスページには、作成されたすべてのオーディエンスが以下の情報で一覧表示されます:

名前 – オーディエンス作成中にコミュニケーターによって定義されたものです。

アクティブ受信者 – 過去30日間にアクティブだったターゲットオーディエンスの従業員数。

通知 – このオーディエンスに送信された通知の数。

オーディエンスクリエイター – オーディエンスを作成した人。

作成変更日:このオーディエンスが作成され、最後にオーディエンスが変更された日付。

オーディエンスを作成する方法

ちょっと待ってください!続ける前に..

IDP統合またはCSV統合はありますか? そうでない場合は、カスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。

ステップ1:新しいオーディエンスを作成する

1.オーディエンスページから、新しいオーディエンスをクリックします。

2. オーディエンスを作成するポップアップで、オーディエンスの名前を入力します。

  • オプションで、短い説明を追加できます。

通知作成中にオーディエンスを作成します

通知作成中にオーディエンスを作成するか、最大100人の個々の受信者を追加できます。 通知を送信する準備ができたら、ターゲットオーディエンスドロップダウンに移動し、新しいオーディエンスの作成を選択します。

次に、以下のステップ2に進みます。

ステップ2:プロパティとフィルタの追加

1.オーディエンスルールで、オーディエンスに関連するプロパティとフィルターを選択します。

カスタムオーディエンスを作成する

ID(メール)経由で個々のユーザーを選択して、独自のカスタムグループを作成できます。

ID(メール)経由で個々のユーザーを選択して、独自のカスタムグループを作成できます。

3. ルール「is、is not、is、like」を使用して、オーディエンスをさらに絞り込みます(これはルールエンジンに似ています)

4. 受信者合計を確認する – この数字は、設定に基づいて意味がありますか?

  • これは、プロパティの追加/変更時に、IDPグループの従業員数を反映して、リアルタイムで更新されます
  • 特定の受信者を検索対象にすることもできます
  • 合計受信者の結果には、定義されたオーディエンスのルールに合ったアクティブユーザー(過去30日にワークステーションを開いたユーザー)が表示されます。 受信者リストに表示するには、IDPを通じてWalkMeで認証する必要があります

5. 作成をクリックします。

これで完了です。 オーディエンスが作成されました! 彼らと何を共有しますか?
通知の作成方法を確認します。

オーディエンスを表示する方法

オーディエンスを作成したら、リストに含まれている人を簡単に表示できます。

  1. オーディエンスページに移動します
  2. 表示するオーディエンスをクリックすると、そのオーディエンス内のメールリストがポップアップウィンドウで表示されます。
  3. 検索バーで特定のユーザーを検索対象にできます。
  4. オーディエンスを編集をクリックして、変更を行います。

オーディエンスを編集する方法

オーディエンスは、作成後に編集することもできます。 おそらく、オフィスや、場所、または部門を指定するのを忘れています。 理由が何であれ、オーディエンスの編集は簡単です!

オーディエンスを編集するには:

  1. オーディエンスページに移動します
  2. 編集するオーディエンスリストを見つけます
  3. 右側の鉛筆アイコンをクリックします。
  4. 名前またはールを編集します。
    • このオーディエンスに割り当てられたすでにアクティブ、ドラフト、またはスケジュールされた通知がある場合、通知が一覧表示されます。 番号をクリックして、通知を表示します。
    • アクティブな通知で、オーディエンスに編集を保存することはできません。
  5. 保存をクリックします。
制限

  • アクティブな通知を持つオーディエンスは、編集できません。
  • オーディエンスは、本番環境に存在するIDPデータと属性からのみ作成できます(オーディエンスは他の環境のデータから作成できません)。
  • オーディエンスと通知分析は、本番環境からのものです。
  • オーディエンスをインポートするために、現在サポートされている値タイプ:
    • 文字/テキスト
    • ブーリアン
  • 数値は、テキスト値として扱われます。
  • 同じプロパティに基づいて、2つのルールを作成できません。
  • すべてのルールは、AND条件で適用されます。 OR条件は使用できません。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

Be part of something bigger.

Engage with peers, ask questions, share ideas

Ask the Community
×

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

Mobile account login

< 戻る