製品アップデート:2022年1月

Last Updated 3月 3, 2022 Download as PDF
image_pdf

新しいアップデートを受け取るにはどうすればよいですか?

2022年1月31日にWalkMeの新しいアップデートがリリースされました。 利用可能な新機能の詳細については、以下の内容をご覧ください。

現在の実装は再度公開するまでアップデートの影響を受けません。 ローカルサーバーでWalkMeを実行しているお客様は、カスタマーサクセスマネージャーまたはWalkMeの問い合わせ先に連絡し、これらの新機能へのアクセス方法をご確認ください。

UI Intelligence(UIインテリジェンス)

UI Intelligence(UIインテリジェンス)は、背後にあるアプリケーション内のフォームを理解する機械学習アルゴリズムに基づいており、WalkMeコンテンツで即座に対処できる、実用的なインサイトを提供します。

このデータに基づいたソリューションは、WalkMeコンテンツの計画と最適化に役立ちます。 WalkMeエクスペリエンスを作成する前に、アプリケーション内の非効率性を分析して焦点を当てるべき要素を見つけ出し(例えば、最も利用率の高いSalesforceモジュールの確認、複数のページにまたがる非効率性のベースラインの理解など)、データ収集を続けながらソリューションを最適化できます。

UI Intelligence(UIインテリジェンス)は次を実現できます。

  • 背後のアプリケーションのフォームに対しユーザーがどのような反応をするかに基づき、実用的なインサイトを獲得
  • ユーザーが必要とするものを推測する必要がなくなり、適切なものを構築
  • ページ上で頻度の高いエラーおよび終了までの平均時間を可視化し、非効率的なユーザーエクスペリエンスを改善
  • WalkMeソリューションの効果を継続的に分析およぶ追跡
  • ユーザーエクスペリエンス、ストレスのある部分、共通のプロセスにおける課題についての理解を深める
    • エラーと検証
    • 費やす時間
    • インタラクション
    • 完了率
    • そのほか多数

UIインテリジェンスは有料機能ですが、Salesforce LightningとMicrosoft Dynamics 365で60日間無料でお試しいただけます。 詳細については、カスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。

詳細 | ロールアウト:Salesforce LightningとMicrosoft Dynamics 365向けの一般公開(GA)

価格:60日間の無料トライアル、有料

レポートビルダー

Insights Reports(Insightsのレポート)は、かねてよりお客様のすべてのWalkMeデータにアクセスを提供しており、さまざまな方法やバリエーションでデータの調査を可能にしています。 Insights Report Builder(インサイトレポートビルダー)はこのステップをさらに進め、セルフサービスツールを使用してお客様のニーズに合わせたカスタムレポートを作成することができます。

レポートビルダーでは、標準テンプレートを活用し、別の情報やフィルターを追加して簡単にレポートを強化、共通レポートを作成できます。

詳細 | ロールアウト:一般公開(GA)

Digital Adoption Project Templates(デジタルアダプションプロジェクトテンプレート)

次のデジタルアダプションプロジェクトのKPIと目標を設定する際には、デジタルトランスフォーメーションイニシアティブの測定にあらかじめ作成されているテンプレートを活用できます。 テンプレートは業界の標準的なベストプラクティスに基づいており、分かりやすい方法でビジネスKPIを定義することで作業を簡単にします。

Digital Adoption Project Dashboard(デジタルアダプションプロジェクトダッシュボード)を利用すると、すべての監視対象システム全体におけるビジネスKPIに関する包括的な概要を確認して、デジタルアダプションイニシアティブのステータスと進捗状況を追跡できます。

詳細 | ロールアウト:Salesforce Lightning向けの一般公開(GA)

近日リリース:SFL、Workday®、SUFa、MS Dynamics

共同作業をしたいユーザーを招待

WalkMe管理者は、EditorとAdmin Center(管理センター)から招待状を送信することでWalkMeプロジェクトで共同作業をしたい新しいメンバーを簡単に追加できるようになりました。. システムアクセスと公開権限を利用して各ユーザーのアクセス権限をカスタマイズすることもできます。

招待状を送信すると、各ユーザーは、アクティベーション用リンクを含む招待メールを受信し、シンプルな登録ウィザードに従って利用を開始することができます。

詳細 | ロールアウト:一般公開(GA)

新しいSolution Accelerators(ソリューションアクセラレーター)

Solution Accelerators(ソリューションアクセラレーター)は、WalkMe実装のベストプラクティスに基づいた、あらかじめ定義されたコンテンツテンプレートを提供します。まだお試しでない場合、 Microsoft Teams(デスクトップ)とSalesforce Lightning向けの新しいテンプレートを確認してください。

Solution Accelerators for Salesforce Lightning(Salesforce Lightning向けソリューションアクセラレーター)

NEW! 以下のプロセスを含むケース管理ソリューション

  • ケースの作成
  • ケースの割り当て
  • ケースのフォロー

このソリューションはサービス/サービスコンソールのアプリ用に設計され、関連するLaunchers、ミニメニュー、SmartTipsセットの例が含まれます。

Solution Accelerators for Microsoft Teams(Microsoft Teams向けソリューションアクセラレーター)(デスクトップ)

  • Teams & WalkMeの導入
  • Teamsのフィードバック調査
  • コンテンツの提案調査
  • 通知設定の管理
  • 不在時応答のスケジューリング
  • ステータスメッセージの更新
  • チームの作成
  • コードを使ってチームに参加
  • チャネルの追加
  • チームにメンバーを追加

詳細 | ロールアウト:一般公開(GA)

Identity Provider(IDプロバイダー)(IDP)の構成

IDプロバイダーはデジタル・アイデンティティを保存・管理し、企業が高いセキュリティ基準を維持しながら、アクセスと権限を管理する手段を提供します。 IDPをAdmin Center(管理センター)で設定できるようになり、管理が簡単になりました。

IDPとWalkMeを統合すると次が実現します。

  • エンドユーザーIDの検証、コンテンツセグメンテーション機能の強化、ユーザー行動分析の拡大が実現します。
  • すべての異なるシステムで利用可能で、信頼できる安全な共通のユーザーIDを提供するため、さまざまな変数を使用してシステムごとに一意のユーザーIDを定義する必要がありません。

サポートされているIDPベンダー:

  • OKTA
  • G-Suite
  • ADFS
  • AzureAD
  • PingID
  • 汎用IDP

IDP統合は、admin.walkme.comAdmin Center(管理センター)からアクセスできます。

詳細 | ロールアウト:一般公開(GA)

更新についての詳細および継続的アップデートへの登録はテクニカルリリースノートのページを参照してください。登録するにはログインする必要があります。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!
“The trademarks and product names of Workday, Inc., including the WORKDAY® mark, are the property of Workday, Inc. WalkMe is not affiliated with Workday, Inc., nor does Workday, Inc. sponsor or endorse WalkMe, its services or its website.”

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

パートナーアカウントログイン

< 戻る