AutoSteps:はじめに

更新日 6月 18, 2020 Download PDFDownload as PDF
Download PDF

概要

なぜ自動化しただけでユーザーが繰り返しタスクを完了できるのですか? 自動ステップでは、ユーザー向けの多数のタスクを簡単に自動化したり、時間を節約したり、ユーザーエクスペリエンスを改善したりすることができます。 これにより、従業員とエンドユーザーの皆様は機能にアクセスするためのナビゲーションではなく、本当に重要なことに集中することができます。

自動ステップでは、複数のステップやプロセス全体の自動化が迅速かつ簡単に処理できます。 ステップに応じてキャプチャするだけです。 何よりもコーディング、API、バックエンドの統合が必要ありません。

Smart Walk-Thru のどこにでも自動ステップを追加することができます (以下の自動ステップの追加手順のセクションを 参照)。 リンクやボタンのクリック、フィールドへの入力、メニューにカーソルを合わせるなど、自動ステップがユーザーに代わってアクションを完了します。 プロセスを記録すると、通常のステップと自動ステップの間をすばやく切り替えることもできます。

ユースケース

アクションステップのユースケースには以下のようなものがあります。

  • ユーザーに代わって以下のエレメント向けタスクを自動的に実行します。
    • エレメントをクリックします。
    • エレメントにカーソルを合わせます。
    • エレメントに焦点を当てます。
    • エレメントにテキストを入力します。
      • プロによるヒントサポートされる HTML の入力タイプには数値/テキストの値が含まれます (たとえば、<入力タイプ=”time”>はテキスト入力の自動ステップでサポートされますが、<入力タイプ=”button”> はサポートされません)。
    • ドロップダウンメニューからリストの値を選択します。
  • 複数の自動ステップをすばやくキャプチャします。
  • Smart Walk-Thru でルーチンのナビゲーションステップを排除します。
  • エンドツーエンドの繰り返しプロセスを完全に自動化します。

自動ステップの追加方法

  1. WalkMe Editorアカウントにサインインします。
  2. WalkMe アプリで下向きの三角形をクリックして、Smart Walk-Thru アプリ
    を選択します。
  3. 既存の Smart Walk-Thru のいずれかにある編集 (鉛筆) アイコンにカーソルを合わせ編集をクリックするか、右上にある「+」アイコンをクリックして新しい Smart Walk-Thru の作成を開始します。
  4. Smart Walk-Thru のパスの「+」アイコンにカーソルを合わせ、自動ステップをクリックして自動ステップのキャプチャモードを入力します。

    • 自動ステップのキャプチャモードを入力します。
  5. エレメントインスペクターでエレメントをキャプチャします。
    • キャプチャボックスでは、キャプチャしたエレメントのタイプごとにプリセットされたアクション設定が表示されます (たとえば、クリック可能なエレメントの場合、自動アクションによるクリックがデフォルトになります)。
  6. ステップの自動アクションの設定を変更するには、Advanced タブ

    をクリックします。

    • テキストの入力リストの値の選択など、上記のようなアクションタイプが選択できます
      注:

      「自動アクション」では選択したエレメントに応じて利用できるオプションのみが表示されます。たとえば、ボタンには「テキストの入力」がありません。 エレメントの再選択オプションを選択して、エレメントの再キャプチャを行います。

  7. そのステップで完了したら、次のステップをクリックして自動ステップのキャプチャモードに戻ります。
  8. 必要なすべての自動ステップをキャプチャしたら、[保存する] をクリックして 保存します。 (通常と同じ)
  9. 自動ステップは通常の Smart WalkThru のインターフェースの一部として表示されますが、オレンジ色の自動再生アイコンで表示されます。
    オレンジ色のすべてのステップはユーザーには表示されません。

既存のステップと自動ステップを相互に変換する方法

現在のステップの変換方法については、Smart Walk-Thru のステップの自動ステップへの変換に関する記事をご覧ください。

 

この記事は役に立ちましたか?

関連記事

< 戻る