1. Home
  2. QA ソリューションとパブリッシング
  3. アプリタイプ別による品質保証テストのベストプラクティス

アプリタイプ別による品質保証テストのベストプラクティス

更新日 2月 10, 2021 Download PDFDownload as PDF
Download PDF

概要

品質保証(略してQA)は、WalkMe実装におけるテスト段階です。 WalkMeコンテンツがユーザーに公開される前に、エラーを発見して解決する機会といえます。 この記事では、テストの際に従うべき一連のガイドラインを示します。

問題を見つける方法には類似のパターンが数多く存在しますが、実際の環境はそれぞれ異なります。 テストを始める前に、ウェブサイトのインタラクティブな要素すべてに精通していると効果的にテストを実施できます。

ユーザーの視点を常に念頭に置きながら、テストをする際、次の点について考慮してください。

  • この場面でユーザーは何をすると考えられるでしょうか。
  • ユーザーはこのエレメントをクリックするでしょうか。
  • 指示は明確でしょうか。
  • ユーザーはここでサポートを必要とするでしょうか。

はじめに — 前提条件となる知識

Digital Adoption Institute

テスト開始前に、Digital Adoption Instituteの「テスト」のを完了することを推奨します。

利用可能なテスト環境を理解する

Play(再生)モード では、コンテンツを1つずつ表示できますが、ページに表示される可能性があるその他のコンテンツは表示されません。 ( 画像1を参照)

画像1:再生モードを有効にするには、コンテンツにカーソルを合わせて[Play(再生)]をクリック

Preview(プレビュー)モード では、使用しているブラウザ内でWalkMeおよびすべてのコンテンツを表示できます。 ( 画像2を参照)

Publish(公開) モードでは、WalkMe Editorで作成したアイテムをテスト環境または本番環境で選択、整理、テスト、公開できます。 これにより、自身や他の人がコンテンツをサイトで見られるようになります。 公開の詳細については、 公開に関する記事を参照してください。 ( 画像2を参照)

画像2:プレビューおよび公開には、Editorの下部にあるメニューバーからアクセスできます。

画面解像度に関するヒント

コンテンツをテストする場合は、利用可能な最小の解像度または画面サイズにてテストすることを推奨します。 WalkMeコンテンツは小さな解像度で表示される傾向があることから、こうすることでレイアウト問題を発見することができます。 最も一般的な問題は次のとおりです。

  • Launchersが、小さな画面でウェブサイトのエレメントを隠す。
  • バルーンが邪魔になったり、小さな画面で大きく過ぎる表示になる。
  • 小さな画面でバルーンが画面からはみ出し切れてしまう(画像3および4を参照)
    画像3:1920×1080の解像度。

     

    画像4:1366×768の解像度。
  • カスタム設計されたCSSが影響を受け、一貫性が失われる可能性がある。
  • サイトが レスポンシブなサイトの場合、別の解像度またはディスプレイへの移行中にバルーンが奇妙な動作をする可能性がある。

 

アプリやアプリ固有の設定に関するベストプラクティス

Smart Walk-Thru

Smart Walk-Thrusは、最も頻繁にQAの対象となるWalkMeコンテンツです。 Smart Walk-Thruには多くの機能が含まれているため、複数回実行してテストすることが推奨されます。

Walk-Thruの確認

  • Smart Walk-Thruを再生して、一番目のステップから開始し、最後のステップまで到達できることを確認します。
    • ステップが再生されていない場合、Smart Walk-Thruはページ上のエレメントを発見することができません
    • ステップが再生されているのに表示されない場合、レイアウトの問題がある可能性があります
  • 自動再生のルールを確認します。 ホームページから自動再生ルールのあるページまで移動して、正しく再生されることを確認します。

ステップごとの確認

  • Editorにはスペルチェックが組み込まれていますが、テキストの明確さ、スペル、文法を再確認し、指示が明確であることも確認することをお勧めします。
  • バルーンが適切なエレメントを指していることを確認します。

Smart Walk-Thruの開始ポイント

Start Points(開始ポイント): 新しいページが発生するたびに最初のステップで開始ポイントを使用する必要があります。 ( 画像5および6を参照)

画像5:開始ポイントのない[Promotions(プロモーション)]ページでSmart Walk-Thruを開始すると、ユーザーは[Promotions(プロモーション)]をクリックするように求められます(不必要な手順)。

画像6:開始ポイントを使用することで、Smart Walk-Thruが正しいステップを再生します。

開始ポイントのQA検証方法

  • 新しいページに到達するたびに、WalkMeメニューからSmart Walk-Thruを開始し、Walk-Thruが正しいステップから開始することを確認します。
  • 開始ポイントを適切にテストするには、プレーヤーではなく、WalkMeメニューからSmart Walk-Thruを開始します。

開始ポイントに関する解決策

  • 開始ポイントルールを調整します。 ルールがtrueとして評価されていることを検証するには、Editorでルールエンジンを開き、ルールの右端に緑色のチェックマークがあることを確認します。 ( 画像7を参照)

    画像7:両方のルールがtrueなため、この開始ポイントは関連するステップから始まります。

Smart Walk-Thruエラー処理

エラー処理のQA検証方法

  • 意図的にエラーを起こし、ユーザーが次に進めるかどうかをテストします。 フォームで、必須フィールドを空のままにして送信ボタンをクリックします。 ( 画像8を参照)
  • 画像8:フォームの必須フィールド。
  • エラー処理グループのテストは必ず行ってください。意図的にエラーを発生させ、正しくトリガーされるかを確認します。 エラー処理でフォームのエラーが検出されたら、今度は正しい情報を入力して送信し、エラー処理が誤ってトリガーされないことを確認してください。 ( 画像9を参照)
    画像9:フォームでエラーが発生したのに、エラー処理が使用されていないために成功のメッセーがユーザーに表示されました。

エラー処理に関する解決策

  • エラー処理ルールを調整します。 ルールをすばやく確認するには、ルールの右端にチェックマークがあるかどうかを確認します。 ルールがtrueと評価された場合にのみ、ユーザーはエラー処理グループに含まれます。

Smart Walk-Thruトリガー

トリガーのQA検証方法

  • 必要なアクションに適切なトリガーが使用されていることを確認してください。 トリガーは、バルーンに記載されている指示に一致する必要があります。 ( 画像10を参照)
    画像10:バルーンは「Add to cart(カートに追加)」をクリックするようユーザーに指示していますが、このステップのトリガーは[Next(次へ)]ボタンです。
  • 別のアクションでステップのトリガーが可能かどうかを検証し、別のトリガーが必要かどうかを確認してください。 In the example in 画像11の例では、ユーザーはいずれの[Register(登録)]ボタンをクリックしてもアカウントを作成できます。
    画像11:ユーザーが[Register(登録)]をクリックする方法は2つあることから、このステップには2つのトリガーが必要です。
  • クリックトリガーの場合、エレメントの周りをクリックし、トリガーが誤って起動されないことを確認します。 ( 画像12を参照)
    画像12:ユーザーが発送方法を1つ選択するとステップがトリガーされますが、エレメントの周囲のスペースをクリックした場合にトリガーされないことを確かめます。

トリガーに関する解決策

  • 次のステップに進むために利用できるオプションすべてについてトリガーを作成します。

複数のボタンをクリックできる場合は、 カスタムトリガー を使用する必要があります。

Smart Walk-Thruのエレメント検索中エラー

エレメント検索中の場所を見つける

  • このエラーは、フロートラッカーの虫眼鏡アイコンで示されます。 ( 画像13を参照)
    画像13:WalkMeはステップ#29のエレメントを発見できません。

エレメント検索中に関する解決策

  • このエラーメッセージが表示された場合は、そのステップに開始ポイントを追加しなければならない可能性が あります。 ( 画像14を参照)

    画像14:ページでステップを再生できない場合、ポップアップが表示されます。
  • それ以外の場合は、エレメントグレードの高い別のエレメントを選択してみましょう。 ( 画像15を参照)
    画像15:エレメントグレード。

それでも問題が解決しない場合は、精度設定を調整してみます

Launchers

LaunchersのQA検証方法

  • 他のエレメントとLauncherが重なって表示されていないことを確かめます。 ( 画像16を参照)

    画像16:このLauncherは、[Employee Portal(従業員ポータル)]ドロップダウンの上に重なって表示されています。
  • Launcherの機能を確認し、想定どおりに機能しているかどうかをテストします。 注:プレビューモードまたは公開環境のいずれかにて実行する必要があります。 ( 画像17を参照)
    画像17:このLauncherアクションは、Walk-Thruを再生するように設定されています。
  • Launcherにセグメンテーションがある場合は、Launcherが正しいページおよび正しいユーザーに表示されることを確認してください。
  • Launcherが重要なエレメントやテキストを遮らないことを確認します。
  • ウェブページを上下にスクロールします。 Launcherはエレメントに遅れて表示されるでしょうか。

Launchersに関する解決策

Launcherが接続されているエレメントより遅れている場合は、 [ロック]を[エレメント]に切り替えます。

ShoutOuts

ShoutOutsのQA検証方法

  • 自動再生が正しく機能していることを確認します。 ShoutOutにセグメンテーションがある場合は、ShoutOutが正しいページと正しいユーザーに表示されることを確認してください。
  • ShoutOutの機能を確認し、想定どおりに機能しているかどうかをテストします。 ( 画像18を参照)
    画像18:ハイパーリンクをクリックすることで、ユーザーは[Recent Purchases(最近の購入)]ページに移動します。

ShoutOutsに関する解決策

  • ShoutOutが想定よりも何度も表示される場合は、自動再生ルールを確認してください
  • ShoutOutが間違ったユーザーに表示される場合は、セグメンテーションルールを調整します
  • ShoutOutが正常に機能しない場合は、アクションが割り当てられていることを確かめます。 ( 画像19を参照)

    画像19:このShoutOutは、Smart Walk-Thruを再生するように設定されています。

SmartTips

SmartTipsのQA検証方法

  • 他のエレメントがSmartTipと重複していないでしょうか。 ( 画像20および21を参照)
    画像20:ユーザーが[Country(国)]ドロップダウンをクリックする前にSmartTipが表示されています。

    画像21:SmartTipがドロップダウン上に重なって表示されます。
  • SmartTipが重要なエレメントやテキストを遮らないことを確認します。
  • 検証SmartTipsでは、エラーが発生した場合、および条件が満たされた場合に適切なメッセージが表示されることを確認します。 ( 画像22および23を参照)

    画像22:ユーザーが正しい情報を入力しない場合、エラーを修正するための指示が表示されます。

     

    画像23:正しい情報が入力されると、異なるメッセージが表示されます。
  • SmartTipにセグメンテーションがある場合は、SmartTipが正しいページで正しいユーザーに表示されることを確認してください。
  • 上下にスクロールします。SmartTipはエレメントに遅れて表示されるでしょうか。

SmartTipsに関する解決策

  • SmartTipがエレメントと重複している場合は、z-indexを変更してください
  • SmartTipが表示されない、または誤って表示される場合は、セグメンテーションルールまたはエレメントの動作を確認してください。
  • SmartTipがエレメントまたはテキストを遮る場合は、SmartTipの位置を変更します。
  • 検証が機能していない場合は、検証ルールを確認してください。

SmartTipの表示が、付随されているエレメントより遅れる場合は、 [ロック]を[エレメント]に切り替えます。

全般設定に関するベストプラクティス

Z-Index

Z-indexは、同じウェブページに表示されるさまざまなエレメントについて、垂直方向の階層化を指定するプロパティです。 z-indexの値が高いエレメントは、z-indexの値が低いエレメントの前に表示されますZ-indexの問題は、WalkMeエレメントがサイトのエレメントの上に重なって表示されたり、エレメントを遮る場合に発生します。 ( 画像24および25を参照)

画像24:Z-IndexをOFF(オフ)に切り替えると、サイトのエレメントがWalkMeバルーンの下に表示されます。 この表示は、ページ上の他のエレメントと一致します。

画像25:Z-IndexをON(オン)に切り替えると、サイトのエレメントがWalkMeバルーンの上に表示されます。 これでは、奇妙な表示になります。

Z-indexのQA検証方法

  • バルーンの周辺にあるエレメント(ドロップダウン、ポップアップなど)を探し、WalkMeがサイトの全エレメントの下に表示されるかを確認します。

Z-indexに関する解決策

  • Z-Indexを 「ON」に切り替え、必要に応じて値を調整します。 前景エレメントは、背景エレメントよりも高いz-indexを備えています。 ( 画像26を参照)

    画像26:Z-Indexが有効で、値が0に設定されています。

エレメントへのロック

エレメントへのロックのQA検証方法

  • ウェブページを上下にスクロールし、バルーンの動作を確認します。 ページ内でバルーンが動き回る場合は、この設定を有効にしなければならない可能性があります。 ( 画像27および28を参照)
    画像27:ユーザーがエレメントへのロックをOFF(オフ)にしてスクロールしています(バルーンが遅れています)。

    画像28:ユーザーがエレメントへのロックをON(オン)にしてスクロールしています(バルーンがエレメントに固定されている)。

  • ステップの周辺にあるインタラクティブなエレメント(ナビゲーションメニュー、ドロップダウン、検索ボックスなど)を展開または非表示にします。

エレメントへのロックに関する解決策

  • エレメントへのロック を「ON(オン)」に切り替えます。
  • エレメントへのロックが機能しない場合の解決策としては、ページ上で別のエレメントを選択することが考えられます。 ( 画像29を参照)
    画像29:エレメントへのロックが有効になっています。

セグメンテーション

セグメンテーションのQA検証方法

  • さまざまなタイプのユーザーとしてログインし、WalkMeウィジェットを開きます。 セグメント化されたSmart Walk-Thruが正しいユーザーにのみ表示されることを確認します。 ( 画像30および31を参照)

    画像30:顧客であるボブには、注文方法を示すLauncherが表示されます。
    画像31:サリーは管理者であることから、注文の確認方法を示すLauncherが表示されます。

セグメンテーションに関する解決策

  • セグメンテーションルール 誤って表示されるSmart Walk-Thruに追加、または変更します。 ルールが正しく機能しているかどうかを判断するには、ルールが「true」と表示されていることを確認してください。 ( 画像32を参照)

    画像32:[Display Segments(表示セグメント)]で、新しいセグメントを作成したり、既存のセグメントを管理したりできます。

ゴール

ゴールのQA検証方法

  • [Flow Tracker(フロートラッカー)]の[Flow(フロー)]タブまたは[Goals(ゴール)]タブでゴールを追跡します。 ( 画像33を参照)
  • 想定されたステップの時点でゴール到達となり、それ以前に誤ってゴールに到達していないことを確認します。
  • ゴールが2回トリガーされたり、(複数のWalk-Thruが追加されている場合)誤ったWalk-Thruでゴールがトリガーされたりしていないことを確認します。

    画像33:Flow Tracker(フロートラッカー)の[Flow(フロー)]および[Goals(ゴール)]タブを使用してゴールを追跡します。

ゴールに関する解決策

  • ゴールがトリガーされない場合は、ゴールのルールを追加または変更します。 ( 画像34を参照)

    画像34:緑色のチェックマークは、ユーザーがSmart Walk-Thru内でゴールに到達したことを示します。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事

< 戻る