Text & Multi-Language(テキストと多言語)

Last Updated 6月 1, 2022 Download as PDF
image_pdf

概要

テキストと多言語機能を使用することで、作成したウォークスルーを再構築せずに異なる言語に翻訳できます。 これにより、ユーザーの使用する言語を使うことができます。

多言語機能を使用することで、作成したWalkMeアイテムに翻訳を追加できるため世界中の視聴者をサポートすることができます。 ユーザーはプレーヤーメニューのトグルから言語を選択するか、言語を自動的に変更するようにWalkMeを設定できます。 翻訳はWalkMeAdmin Center(管理センター)からアクセスできる[Text & Multi-Language(テキストと多言語)]ページから行います。

WalkMeでは作成したテキストは翻訳されませんが、一般的なローカリゼーションサービスで使用される .XLIFFファイル、または人間による翻訳により適した .XLSX Excelファイルをエクスポートできます。

さらに、WalkMeアイテムのテキストの一部のみを翻訳したい場合はすべてのテキストを一度に進めるのではなく、特定のアイテムのテキストのみをエクスポートおよびインポートするオプションがあります。

🎓 Digital Adoption Institute

ユースケース

  • スマートウォークスルー、シャトル、シャウトアウトなどを別の言語に翻訳します。
  • 英語を話さないユーザーがアプリケーションの母国語を変更せずにプロセスを完了できます。

使用方法

スマートウォークスルー、シャウトアウト、サーベイ、ランチャーなどを構築した後、テキストと多言語機能を使用することでテキストの翻訳を作成できます。 エディターで使用される最初の言語はすべての WalkMeアイテム、プレーヤーメニュー、および一般設定セクションでのデフォルト言語になります。

エディタでWalkMeアイテムを作成した後、admin.walkme.comにサインインして[Text & Multi-Language(テキストと多言語)]ページをクリックします。 ここから多言語機能にアクセスして翻訳を管理できます。

XLIFF (翻訳およびローカリゼーションのアウトソーシングに最適) または .XLSX ファイル形式の Excel ファイル (コンテンツを自分で翻訳する場合に最適) のいずれかの翻訳用にエクスポートすることを選択できます。

翻訳が完了したらファイルをインポートし、翻訳がインポートされた各WalkMeアイテムを適切な環境でパブリッシュします。

エンドユーザーはプレーヤーメニューのトグルメニューから言語を選択するオプションを使用するか、またはウェブサイトのJavaScriptの言語変数に基づいてプレーヤーメニューの言語を自動的に変更するようにWalkMeを設定できます。

トグル

トグルはエンドユーザーのデフォルトである多言語による言語選択方法であり、エンドユーザーはプレーヤーメニュー内のドロップダウンメニューから言語を選択できます。 エンドユーザーが言語を切り替えることで、WalkMeはCookieを使用してこの情報を記憶します。 プレーヤーメニューを再度開くと、テキストは以前にエンドユーザーが選択した言語で表示されます。

オートトグル (*推奨)

オートトグルは多言語を実装するために推奨される(そして最も広く使用されている)方法です。 オートトグルはウェブサイトにおける現在の言語変数に基づいてプレーヤーメニューの言語を自動的に変更します。 この方法はパフォーマンスの最適化にとって最善の方法であり、Salesforce、Workday®およびSuccessFactorsのWalkMeソリューションに関して強く推奨します。オートトグルを有効にする方法についてはこちらをクリックしてください

オートトグルが有効になっている場合、WalkMeはwalkme_get_languageという関数を探します。開発チームはこの関数をウェブサイトに実装する必要があります。 この関数は初期の言語設定時にinsights.walkme.comのACCOUNT(アカウント)タブのText & Multi language(テキストと多言語)セクションで指定した言語の短縮名を返す必要があります(以下の言語の追加セクションを参照)。

: walkme_get_language 関数は、WalkMeが実装されているすべてのページで使用できるようにして、常に翻訳が行われるようにする必要があります。 ユーザーが言語を手動で選択することで、オートトグルが上書きされます。 WalkMeはユーザーが選択した言語を記憶し、選択した言語のテキストを表示し続けます。

オートトグルは単一ページのアプリケーションなど、言語を変更してもページの更新がトリガーされないページにおいては使用できません。 単一ページのアプリケーションがある場合は、トグルまたは言語プッシュ(API)メソッドを使用します。 機能を実装できないプラットフォーム Salesforce などでWalkMeを使用している場合は、カスタマーサクセスマネージャーまたはサポートまでお問い合わせください

言語プッシュ(API)

言語を選択した後にウェブサイトが自動的に更新されない場合、言語プッシュ(API)メソッドを使用することを選択できます。 ウェブサイトは API 呼び出しを使用することでプレーヤーメニューを正しい言語に変更します。

まず、WalkMeが完全にロードされているかどうかを確認するwalkme_ready()という名前の関数呼び出しについてウェブサイトに実装する必要があります。 関数がロードされると、WalkMeがロードが完了したことを認識することで新しい言語によるAPI呼び出しが発生します。 この時点で、API 呼び出し WalkMeAPI.changeLanguage (’language-short-name’) は新しい言語をプレーヤーメニューにプッシュします。

WalkMe APIの詳細についてはヘッダーメニューからアクセスできるWalkMe DevHubを参照してください。

XLIFF XMLファイルには何が含まれていますか?

XLIFF(v1.2)XML ファイル
XMLファイルは目的の言語に翻訳されるテキストを含むtrans-unitsで構成されています。 各trans-unitsにはType(タイプ)、IDおよびText Field Name(テキストフィールド名)があります。 WalkMeはインポートプロセス中にこの情報を使用しますが、翻訳対象を把握する上でもこの情報は役立ちます。 トランスユニットタイプは変換されるオブジェクトタイプを指定します。

2019 visual editor itemsの場合、以下のようにxliffファイルに新しい値が表示されます :

グループセクション→ ContextIdはデータベース内の変換テーブルに保存されているvisual エディタのデプロイ可能なIDを指定します。 Id = “”はアイテムIDをエディターで見つけることができるように表示します。

例えば、下の画像では ウォークスルーのステップを確認しているため、トランスユニットタイプは「Step」になります。 各ステップにはWalkMeが識別するために使用する固有のIDがあり、「StepTitle」および「StepText」という2つの翻訳可能なテキストフィールドがあります。 ここでは上位2つのtrans-unitsのIDが同じでありながら、テキストフィールド名が異なることがわかります。 1つはStep Titleからの表示テキスト、もう1つはStep Textからのテキストです。

トランスユニットは自らが属するアプリと特定のアイテムを識別するために WalkMeが使用する親IDを持つグループへと編成されます。 例えば、ウォークスルーのグループIDは最初にアプリを識別しますが、次のグループIDはトランスユニットが属する特定のウォークスルーを識別します。 各トランスユニットはステップの翻訳可能な異なる部分を表します。 グループIDはインポート中にWalkMeによって使用されるため、XLIFFファイルから変換または削除しないでください。

以下はXLIFFスキーマのWalkMeによる公式の拡張です。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<xsd:schema xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="qualified">
    <xsd:attribute name="deployable" type="xsd:string"/>
</xsd:schema>

言語を追加する

  1. admin.walkme.comの[Language List(言語リスト)]ページにアクセスします。
    • 重要:正しいシステムで作業するために、右上のドロップダウンを使ってください。
  2. プラスのアイコンをクリックして言語を追加します。
  3. 新しい言語の詳細を設定します。
    • 表示名はプレーヤーメニューでエンドユーザーに表示されます。
    • 短縮名はオートトグルおよび言語プッシュ (API) メソッドで使用されます。
      • 重要:短縮名には英数字(アルファベットまたは数字)とハイフンのみ使用できます。
    • プレーヤーで表示を選択することでプレーヤーメニューでエンドユーザーに翻訳を表示または非表示にするオプションが提供されます。
    • コピー元を使用することで別の言語から翻訳をコピーできます。
  4. Add(追加)]をクリックします。

翻訳方法

手動翻訳の追加

: この方法は1つまたは2つの言語を内部で翻訳する場合に最適です。 さらに、希望する翻訳方法に応じてExcelへのエクスポートまたはXLIFFへのエクスポートを使用することを推奨します。

  1. Admin Center(管理センター)の[Translations(翻訳)]ページにアクセスします。
  2. 左側のパネルから翻訳したいWalkMeアイテムを選択します。
  3. 右側の列に翻訳されたテキストを入力します。
    • 各言語はデフォルト言語の右側にそれぞれの列として表示されます。ドロップダウンを使って選択した言語だけを表示することができます。
    • 入力された内容は自動で保存され、プレビューをクリックしてWalkMeアイテムがエンドユーザーにどう表示されるか確認できます。

重要:完了したら、WalkMeエディタを開いて新しく翻訳した各WalkMeアイテムをパブリッシュしてください。

翻訳するファイルをエクスポートする方法

エクスポート機能は、デフォルトの言語では使用できません。 この機能を使用するには言語を追加する必要があります。 (上記の言語の追加セクションをご参照ください)。

前述のように、特定のアイテムのテキストのみを翻訳用にエクスポートする場合はすべてのアイテムを一度にエクスポートするのではなく、特定のアイテムのみをエクスポートできるようになりました。

    • 複数の言語を翻訳する場合や翻訳作業をPOEditorやCrowdinなどの翻訳/ローカライズ会社にアウトソーシングする場合は、XLIFFへのエクスポートをおすすめします。
    • 人間による翻訳にはExcel UXの方が適しているため、複数の言語を自分で翻訳する場合はExcelにエクスポートする方法をおすすめします。

  1. admin.walkme.comからAdmin Center(管理センター)にアクセスします。
  2. サイドメニューの[Export(エクスポート)]をクリックします。
  3. 左側のパネルからエクスポートしたいWalkMeアイテムを選択します。
  4. 右側のパネルで希望のエクスポート設定を選択します。
  5. [Export Settings(エクスポート設定)]パネルでエクスポートに関するオプションを選択します。
    • Export Language(エクスポート言語):エクスポートする言語
    • Export from Environment(エクスポート環境):テストまたはProduction環境
    • Export by Status(ステータスによるエクスポート):パブリッシュ済み、パブリッシュ済みかつ編集済み、下書き、アーカイブ済み
    • Include in File(ファイルに含める):空白の値、デフォルトの言語と同じ
    • Export Format(エクスポートのフォーマット):XLIFF、Strict XLIFF、EXCEL、RESJSON
  6. 準備ができたら[Export(エクスポート)]をクリックします。

重要:翻訳をインポートした後は、エンドユーザーが新しい翻訳を利用できるように、適切な環境で新しく翻訳されたすべてのWalkMeアイテムを必ずパブリッシュしてください。

翻訳されたファイルをインポートする方法

インポート機能はデフォルトの言語では使用できません。 この機能を使用するには言語を追加する必要があります。 (上記の言語の追加セクションをご参照ください)。

  1. admin.walkme.comからAdmin Center(管理センター)にアクセスします。
  2. サイドメニューで[Import(インポート)]をクリックします。
  3. ファイルをドラッグアンドドロップするか、クリックしてページにアップロードします。
  4. ファイルをアップロードしたら、該当する言語の横にあるインポートのアイコンをクリックしてファイルをインポートするか、[Import All(すべてインポート)]を選択します。

重要:翻訳をインポートした後は、エンドユーザーが新しい翻訳を利用できるように、適切な環境で新しく翻訳されたすべてのWalkMeアイテムを必ずパブリッシュしてください。

翻訳アクティビティ

WalkMeアクティビティログで活用できる情報と同じように、Text & Multi-Language(テキストと多言語)に関連するアクティビティを閲覧できるようになりました。

  1. admin.walkme.comからAdmin Center(管理センター)にアクセスします。
  2. サイドメニューで[Activities(アクティビティ)]をクリックします。
  3. 詳細を確認したいアクティビティを選択します。

翻訳の詳細の読み方については、こちらのガイドをご覧ください。

ベストプラクティス

一般的なベストプラクティス

  • お客様/お客様の翻訳会社がBBcodeを翻訳していないことを確認してください (括弧内のすべてのもの […] ) 。
  • Excelファイルの場合、エクスポートされたファイルは名、タブ、列などとまったく同じ形式で保存されます。 言語列でのみ作業を行います。
  • ソリューションが確定してからファイルをエクスポートし、ファイルをインポートして戻す前に変更を加えないことを推奨します。
  • WalkMeアイテムおよ Zembeziウィジットでテキスト画像を使用することは避けてください。これらは多言語機能では翻訳できません。
  • テキストの翻訳中は、エディターで追加の変更を行わないことを推奨します。追加のアイテムが作成された場合、新しい .XLIFFまたは .XLSXファイルをエクスポートすることですべての更新を含める必要があります。.XLIFFまたはExcel .XLSX ファイルがインポートされることでインポートログファイルが生成されると共に、翻訳ステータスに関する詳細を取得するためにそのファイルがダウンロードされる場合があります。

ウォークスルーの多言語機能

  • ウォークスルーはテキストを無視して構築する必要があり、ルールエンジン内では「Text is」の使用を避けなければなりません。これは選択した言語によって変化するためです。 デフォルトですべての手順で「テキストを無視する」機能を有効にするようにアカウントマネージャーに依頼します。
  • 各言語においてバルーンのサイズおよび位置を確認してください。 テキストの長さは言語ごとに異なるため、位置の調整が必要になる場合があります。
  • 翻訳のいずれかに「右から左へ」の言語変更が含まれている場合はこの翻訳を徹底的にテストしてください。

ランチャー用の多言語機能

  • ランチャー画像内のテキストは翻訳されていません。 ランチャーが2つの言語で動作する場合、テキストなしでランチャーを使用することを推奨します。
  • [Customizeランチャー(ランチャーのカスタマイズ)]タブを使用し、ランチャーを作成します。 画像付きのランチャーはなく、ギャラリーにもランチャーはありません。

制限

  • サポートされているのはXLIFF1.2のみです。
  • コンテンツとあわせてエクスポートされるBBCodeやリッチテキストは、翻訳の過程でも必ずそのままにしておかなければなりません。
  • 次へ/終了/送信ボタンなどの共有エレメントは[General Settings(一般設定)]フォルダに格納されています。
  • 翻訳されたフィールド(例:タイトルやSWTの説明)には最大4,000文字まで使用できます。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!
×
“”

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

パートナーアカウントログイン

< 戻る