Insights Apps(アプリ)ページを分析する

更新日 9月 19, 2021 Download PDFDownload as PDF
image_pdf

概要

Insights Appsページでアプリデータを分析する場合、Smart Walk-Thrus、Walk-Thrus、Surveysなど、特定のカテゴリーをより深く掘り下げることができます。 これらのWalkMeアイテムの概要を把握できるだけでなく、各アイテムを個別に調査することもできます。

これらのWalkMeアイテムのグループとしての分析についての詳細は、「Appsページについて理解する」の記事をご覧ください。

Smart Walk-Thrus

  1. Smart Walk-Thruの全般的なメトリクス
    • A — このSmart Walk-Thruを再生したユーザー:この特定のSmart Walk-Thruを再生したユニークユーザーの総数と、WalkMeの利用が可能だったユーザーの割合。
      • このリストは、[Click here to view the users list(こちらをクリックしてユーザーリストを表示)]ボタンをクリックすると表示することができます。
    • B — Smart Walk-Thruの再生:このSmart Walk-Thruの再生回数(同じユーザーによる複数回の再生を含む)と、ユーザー当たりの平均再生回数。
    • C — 完了済みのメインゴール:Smart Walk-Thruの再生を通じて達成されたメインゴールの総数と、メインゴールの完了に繋がった再生の割合。
      • これはマイルストーンゴールではなく、メインゴールのみをカウントします。
    • D — アクティビティチャート:上記の3つのメトリクスを視覚的に表したもの。
      • チャート上の特定のポイントにカーソルを合わせて、その日付のデータを確認します。
    • E — エクスポートボタン:Smart Walk-Thruの再生の詳細データをエクスポートする機能が追加されました。 エクスポートでは、以下の情報とともに、選択した日付範囲とフィルターのすべてのSWT再生を含むCSVが提供されます。
      • Smart Walk-Thruの名前
      • イニシエーターのタイプ – 特定の再生を開始したイニシエーターのタイプ
      • イニシエーターのID – 特定の再生を開始したデプロイ可能なWalkMeのID
      • イニシエーターの名前 – 特定の再生を開始したデプロイ可能なWalkMeの名前
      • ユーザーID – SWTを再生したエンドユーザーのID
      • 到達した最終ステップのID – 特定の再生で到達した最終ステップのID
      • 到達した最終ステップの名前 – 特定の再生で達成した最終ステップの名前
      • 到達した最終ステップのインデックス – 特定の再生で達成した最終ステップのインデックス番号
      • ゴール達成の有無 – ゴールが達成されたか(はい/いいえ)
      • 開始時間 – 最初のステップの再生のタイムスタンプ
      • 終了時間 – 最後のステップの再生のタイムスタンプ
      • 分析のカスタムプロパティ – 名前
      • 分析のカスタムプロパティ – ロール
      • 分析のカスタムプロパティ – タイプ
      • 分析のカスタムプロパティ – ステータス
      • 分析のカスタムプロパティ – 情報
  2. Walk-Thruステップの分析
    • A — Walk-Thruのフロー:ブランチを含む、Smart Walk-Thruの各ステップのフロー図。 フローのステップの名前や位置などが含まれるフロー図は、最後に公開されたSmart Walk-Thruの状態を反映しています。公開されていない変更内容はこの使用状況分析には表示されません。
    • B — ステップ再生の数値インジケーター:このバブル内の数字は、Smart Walk-Thruの総再生回数のうち、このステップが再生された回数を表しています。 注:ステップ分析のマップは、個別の再生をカウントします。 例えば、[Restart(再起動)]オプションを使用してステップをもう一度再生した場合、ステップの再生カウンターは、一意のSWT再生におけるこのステップの最初の再生のみを表示し、[Restart(再起動)]を使用してもカウンターは増えません。
      • これは、各バブルの青色の陰影によって表現され、バブルの再生回数全体に占める割合が高いほど、バブルの青色の陰影が大きくなります。
      • バブルにカーソルを合わせると、ステップの名前、ステップのタイプ、そしてSmart Walk-Thruの総再生回数のうち、このステップが再生された回数の割合が表示されます。
  3. このWalk-Thruはどのように開始されますか?
    • Smart Walk-Thruの異なる開始方法と、開始回数全体において各アイテムがイニシエーターとなった割合を示すリストと円グラフを表示します。
      • この例では、Sign Up Launcherによって開始されるSmart Walk-Thruの割合は37.5%となっています。
  4. 最も効果的なイニシエーターは?
    • イニシエーターのタイプ別に、メインゴールの相対完了率を示しています。
      • この例では、Sign Up LauncherによってSmart Walk-Thruが開始された場合、87%の割合でメインゴールが完了しています。
  5. ゴールの完了分析
    • A — タイプ:ダーツボードのアイコンはこれがメインゴールであることを示し、道路標識のアイコンはマイルストーンゴールであることを示しています。
    • B — 名前:Smart Walk-Thruに関連づけられた特定のゴールの名前。
    • C — ゴールを完了したユーザー(再生した全ユーザーのうち):ゴールに到達したユーザーの総数と、(このWalk-Thruを再生した全ユーザーのうち)ゴールに到達したユーザーの割合。
    • D — ゴールの完了(総再生のうち):Smart Walk-Thruの全再生で到達したゴールの総数と、ゴールが完了した再生の割合。

Walk-Thrus

Walk-Thruのドリルダウンページは、Smart Walk-Thruのドリルダウンページと同じですが、1つだけ例外があります — Walk-Thruのステップの分析セクション:

  1. Walk-Thruステップの分析
    • A — 名前:このWalk-Thru内の特定のステップの名前と序列番号。
    • B — ステップの再生(Walk-Thruの総再生のうち):特定のステップの総再生回数と、この数が示すWalk-Thruの総再生回数の割合。

Surveys

  1. Surveyの全般的なメトリクス
    • A — Surveyを表示したユーザー:このSurveyを表示したユニークユーザーの総数と、WalkMeを利用することのできたユーザーの割合。
      • このリストは、[Click here to view the users list(こちらをクリックしてユーザーリストを表示)]ボタンをクリックすると表示することができます。
    • B — Surveyの表示:このSurveyの合計表示回数(同じユーザーによる複数の表示を含む)と、各ユーザーがこのSurveyを表示した平均回数。
    • C — 回答:送信された回答の総数と、回答の送信に繋がったSurveyの表示回数の割合。
  2. 結果の概要 — このセクションでは、Surveyの各質問と、それに関連する統計が表示されます。 質問の下では、質問のタイプと回答の数を確認することができます。
    • A — Surveyのサンプル質問1 – 多肢選択式の質問:概要には、選択可能な全回答と、各回答を選択したユーザーの数と割合を示す棒グラフが含まれています。
    • B — Surveyのサンプル質問2:単一選択式の質問:概要には、[Yes(はい)]と[No(いいえ)]をそれぞれ選択したユーザーの割合を示す円グラフが含まれています。
    • C — Surveyのサンプル質問3:これはネットプロモータースコアタイプの質問であるため、概要には、全体的NPSスコア <リンクを挿入>に加えて、考えられる各NPSスコアを選択したユーザーの割合と、そのユーザーが批判的購買者(評判に悪影響を及ぼす可能性がある)、消極的購買者(悪影響を及ぼす可能性も、役立つ可能性もない)、積極的購買者(評判に役立つ可能性がある)のいずれであるかが含まれています。
    • D — Surveyのサンプル質問4:これはフリーテキストタイプの質問であるため、概要には、送信されたそれぞれの回答、送信したユーザーの名前、回答日が含まれています。

Surveyのすべての回答を取得する方法

ユーザーが送信した個々の回答を(集計されたものだけでなく)すべて確認するには、回答を.CSV形式でエクスポートし、ユーザーからのすべての回答を確認します。

エクスポートは、すべての回答をタイムスタンプ、エンドユーザーID、および回答内容別に出力します。

ShoutOuts

  1. 一般的なShoutOutのメトリクス
    • A — ShoutOutを表示したユーザー:このShoutOutを表示したユニークユーザーの総数と、WalkMeを利用することのできたユーザーの割合。
      • このリストは、[Click here to view the users list(こちらをクリックしてユーザーリストを表示)]ボタンをクリックすると表示することができます。
    • B — ShoutOutの表示:このShoutOutの合計表示回数(同じユーザーによる複数の表示を含む)と、ユーザーあたりの平均表示回数。
    • C — ShoutOutアクションボタンのクリック:このShoutOut表示を通じてユーザーがクリックしたアクションボタンの総数と、アクションボタンのクリックにつながったShoutOut表示の割合。
  2. アクションの内訳
    • ユーザーが行ったさまざまなShoutOutアクション、および各アイテムが表す全アクションの割合を示すリストと円グラフが表示されます。
    • 「閉じる/リマインダー」のアクションのトグルが含まれますが、アクションをオンにした場合、内訳番号には「閉じる」および「リマインダー」アクションも含まれます。デフォルトではトグルはオフになっており、これらのアクションは内訳で考慮されません。
    • この例では、70%の確率で、Launcherが表示されたユーザーが行ったアクションはLaunch WalkThruでした。
  3. ShoutOutが開始される方法
    • ShoutOutの開始方法や、各アイテムが表す開始数全体の割合を示すリストと円グラフを表示します。
    • この例では、ShoutOutは67%の確率で自動的に再生されました。
  4. ゴールの完了の分析
    • A — タイプ:「ダーツボード」のアイコンはこれがメインゴールであることを示し、「道路標識」のアイコンはマイルストーンゴールであることを示しています。
    • B — 名前:ShoutOutに紐づく特定のゴールの名前。
      • C — ゴールを完了したユーザー(再生した全ユーザーのうち):ゴールに到達したユーザーの総数と、(このWalk-Thruを再生した全ユーザーのうち)ゴールに到達した全ユーザーの割合。
      • D — ゴールの完了(総再生のうち):Smart Walk-Thruの全再生で到達したゴールの総数と、ゴールが完了した再生の割合。

 

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!

関連記事

< 戻る