スマートウォークスルーステップの種類

Last Updated 1月 17, 2023

概要

この記事では、ステップの種類を簡単にレビューし、エディターでウォークスルーステップを管理する方法に関するヒントを提供します。

ステップ は、スマートウォークスルーを利用する際に、エンドユーザーが目にするガイダンスです。 ポップアップステップ は、特定のエレメントに接続されていないフローティングバルーンステップです。 ウォークスルーの他のステップタイプはすべてフローステップです。フローステップ。スマートウォークスウォークスルーの通常のステップとは異なり、フローステップはエンドユーザーに表示されません。スマーウォークスルーの動作方法を制御することができます。

制限

ステップを作成する際に考慮すべき点がいくつかあります:

  • ハイパーリンク付きテキストはコピー&ペーストできません。 ハイパーリンクを追加するには、ステップエディターから手動で実行します。
  • エディタで完全プレビューを再生した際には[Back(戻る)]ボタンは表示されません。 表示されるのは、ステッププレビューの際と公開された後です。 – ステップに[Back(戻る)]ボタンがある理由をご覧ください。
  • ステップの複製またはコピー&ペーストは、ステップの翻訳をコピーしません
  • バルーン(バルーンの複製またはコピー&ペースト)は、CSSがマイデザインに保存されない限り、カスタムCSSにコピーされません。
    • もう1つの解決法は、元のバルーンから複製されたバルーンにカスタムCSSをコピーして貼り付けることです。

ステップの概要

ステップ一覧を表示するには、エディターでウォークスルーを作成中に、[Add Step(ステップの追加)]ボタンをクリックします。

Steps(ステップ)

ステップアイコンが青色なのは、エンドユーザーには吹き出しで表示されるからです。ステップが画面上にヒントバルーンとして表示されることでユーザーにプロセスを指示します。 スマートウォークスルーのマップでは、ステップが青いバルーンとして表示されます。 ステップは、画面のエレメントを指し示し、指示を与えます。 たとえば、「Enter text in this field(このフィールドにテキストを入力する)」または「Click this button(このボタンをクリックする)」です 各ステップにはトリガーがあり、アクアクションによってはステップが次へと進むことになります。

オートステップ

エンドユーザーに何も表示されないため、エディターでは自動ステップアイコンはオレンジ色です。 自動ステップは、クリックや、ホバー、フォーカス、テキストをエレメントに埋めるなど、ユーザーに代わってアクションを実行することができます。

ポップアップステップ

ポップアップステップは青色です。ユーザーが表示し、相互作用するためです。ポップアップステップはユーザーの注目を集めるために使用されます。 通常のステップバルーンとは異なり、ポップアップはエレメントに付随されずページの中央に表示されます。 ポップアップはウォークスルー内の任意の場所に配置することができます。

スプリットステップ

スプリットステップはオレンジ色です。ユーザーは何も表示されないためです。また、ダイヤモンドの形状は、これが2つに分岐し、さらにステップがあることをビルダーに視覚的に示すためです。スプリットステップはルールを作成し、ルールが「true(真)」または「false(偽)」と評価されるかどうかに応じてユーザーに異なるパスを送信します。 たとえば、スプリットを使用して、ユーザーがログインしているかどうかを特定し、フローを始めるべきポイントを決定します。

ウェイトステップ

エンドユーザーに何も表示されないため、エディターのウェイトステップアイコンはオレンジ色です。ウェイトテップでは次へ進む前に何かが発生するのを待つことができます。 ウェイトステップはルールエンジンを使用して、トリガーを定義します。

アクションステップ

アクションステップアイコンはオレンジ色で、そのアイコンに割り当てられたアクションによって画像が変化します。アクションステップでは、プレーヤーメニューの開始、ページの更新、新しいページへのリダイレクトなど、さまざまなアクションを実行できます。

スマートウォークスルーの再起動

エンドユーザーに何も表示されないため、エディターの再起動ステップアイコンはオレンジ色です。これは自動ステップです。スマートウォークスルーを再起動すると、エンドユーザーは同じウォークスルーを複数回利用できるため、開始ステップを再利用できます。

ステップに接続ステップ

ステップに接続ステップを使用してスプリットブランチをメインフローに戻すことができます。 このオプションは、メインフローに戻る「Connecting(接続)」ステップを持たないスプリットの最後にのみ表示されます。それ以外の場合はグレーアウトして表示され、選択できません。

スマートウォークスルーへの接続

「スマートウォークスルーに接続」アイコンはオレンジ色の点線で表示されています。このステップは自動的に発生するためです。「スマートウォークスルーに接続」機能を使うと、別のスマートウォークスルーにブランチして、ウォークスルーで作成したステップを再利用することができます。
これは非常にお勧めのステップです! スマートウォークスルーのピークパフォーマンスを保つため、10ステップから12ステップを超えるべきではありません。 ウォークスルーに接続ステップを使用して、複数のフローに接続します。 エンドユーザーはスマートウォークスルー間を移動していることを意識することなく、スムーズなフローを実現することができます。

Error Handling Group(エラー処理グループ)

エラーハンドリングステップアイコンはオレンジ色です。エラーハンドリンググループでは、ユーザーがエラーに遭遇したときに表示される追加ステップを作成することができます。 エラー処理グループを使用すると、ユーザーがプロセスを最初から最後まで完了させるために必要なヘルプを得ることができます。

フレームに切り替え

フレームに切り替えは、スマートウォークスルーがIFrameやHTMLポップアップウィンドウなど、ドメイン全体で再生を継続できるようにします。

Set WalkMe Data(WalkMeデータ設定)

WalkMeデータの設定は、エンドユーザーのブラウザに保存できる情報(アイテムを選択したときや特定のページにランディングしたときなど)として、フロー内の変数を設定します。 このデータはルールエンジンでWalkMe Supportのコンテキスト化に使用することができます。たとえば、アイテムのセグメントや、スプリットの作成、ウォークスルーの開始など、ウォークスルーの自動再生に使用することができます。

ステップの定義

ステップをビルドする際、ビルダーやユーザーとしての役立つ情報の追加や、ステップトリガーと設定の定義などができます。 ステップが作成された後、またはエディターでこれらの設定を変更することができます。

  • 自動ステップのトグルは、ステップを自動ステップに変換します。
  • ステップの指示には、ステップ名と説明が含まれており、バルーン内に表示され、ユーザーに指示を提供します。
  • ステップノート(画像ではありません)はエディタに表示され、WalkMeビルダー(エンドユーザーではなく)は、他のWalkMeビルダーによってのみ表示されます。
  • ステップトリガー:トリガーは、ウォークスルーを次のステップへと移動するアクションを決定します。 トリガーはガイダンスを前進させることでインタラクティブにします。 今後のトリガーの詳細
  • 「Bubble Position(バブルポジション)」は、付属のエレメントに関連して、バルーンの位置を移動します。
  • Element Grade(エレメントのグレード)」は、エレメントの強度を示します。 エレメントのグレードと精度についての詳細は、こちらをご覧ください。
  • [Action(アクション)]ボタンは、エレメントを再度選択する、次へ進むステップの作成、または「Done(完了)」をクリックしてエディタに戻ることができます。

ステップオプション

エディターのステップにホバーすると、このステップに使用できるさまざまなオプションがパネルに表示されます。

  • プレイでは、このステップがどのように機能するかをプレビューすることができます。 「Play(プレイ)」を押すと、このステップからプレビューを開き、このステップ以降のすべてのステップに進みます。
  • スクリーンショットを表示すると、ビルドされたページにステップの画像を素早く表示することができます。
  • Duplicate step(ステップの複製)」はこのステップをコピーペーストします。
    • 注:このステップに関連付けられている翻訳はコピーされません。 複製後、再度翻訳する必要があります。
  • Add Start Point(始点を追加)」は、このステップをフローの開始点にします。
  • Delete step(ステップの削除)」は、フローからステップを永久に削除します。
  • 3点メニューは、自動ステップに追加するオプションを開きます。

ステップトリガー

トリガーはスマートウォークスルーを次のステップに進めるアクションを決定します。 トリガーはガイダンスを前進させることでインタラクティブにします。

  1. クリック : ユーザーが要素をクリックすることで次のステップが再生されます
  2. 次へ : ユーザーがバルーンの[次へ]ボタンをクリックすると次のステップが再生されます
  3. 入力:次のステップは、ユーザーが何かを入力した後に再生されます(テキストフィールドに使用)
  4. ホバー:次のステップは、ユーザーが選択したエレメントにホバーした後に再生されます
  5. 遅延:次のステップは、 一定の時間後に再生されます
  6. 更新:次のステップはページを更新した後に再生されます
  7. カスタム:独自のトリガーを作成する
ヒント

CTRLまたはCMDを押して、2つ目のトリガーを選択することで、別のトリガーと結合します。

ステップの検索

スマーウォークスルーで特定のステップを見つけることができます。虫眼鏡アイコンをクリックするか、キーボードショートカット(cmd+F (Mac) / ctrl+F (Windows))で検索します。

この機能は、ステップ数の多いスマートウォークスルーを操作する際に非常に便利です!

ベストプラクティス

大きなスマートウォークスルーでは、ステップを探すお手伝いをします最高のパフォーマンスを発揮するためには、スマートウォークスルーは10-12ステップ以下にすることをお勧めします。

「Find a step(ステップの検索)」を開くと、すべてのステップのドロップダウンリストがポップアップ表示されます。ステップを検索するには、ステップ名を入力するかスクロールします。

ステップの移動

スマートウォークスルーでは、ステップを他のステップの前や後に移動させることができます。

スマートウォークスルーフローの中で複数のステップを移動させる場合:

  1. 任意のステップを選択します。
  2. 下部のパネルの[Move steps(ステップの移動)]ボタンをクリックします。
  3. ステップの前後で移動したいステップを選択します。
  4. [Move(移動)]をクリックします。

ステップを1つだけ移動させるには、ステップをクリックし、新しい場所にドラッグします。

一度移動すると、選択したステップは元の位置には表示されなくなります。

翻訳は移動されません

選択したステップに移動前の翻訳がある場合、翻訳はコピーされないので、再度翻訳する必要があります。

ヒント:スマートウォークスルー機能

ファインドステップやムーブステップの実際の動きを動画でご覧ください。

動画でコツや小細工を学ぶことができます。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!
×

アカウントタイプの選択

選ぶ
< 戻る

Mobile account login

< 戻る